Zipper(仮想通貨)とは?海外取引所でのZIPの買い方や今後の将来性なども徹底解説。

zipper-cryptocurrency

Zipper(ZIP)は中国発の分散型プラットフォームで、その主な役割は、複数の仮想通貨の交換ツールです。

そのためZipper(ZIP)は「中国版リップル」と呼ばれています。

ここでは、リップルと特徴が似ているZipper(ZIP)について、解説していきますね。

以下、会社名をZipper、仮想通貨をZIPと表記していくことにします。


Sponsored Links

仮想通貨ZIP(Zipper)とは?

zipper-cryptocurrency2

ZIPは2018年1月18日に公開され、発行枚数は1000億枚です。

また、ZIPは以下の取引所に上場しています。

  • 2018年1月31日:OKExへ上場
  • 2018年5月27日:FCoinへ上場

ZIPが上場したFCoinは、2018年5月4日に取引所トークンであるFTトークンを発行しています。

この発行をきっかけに、FCoinは注目を集め、取引所のランキングで1位を獲得しています。

これに伴い、ほぼ同時期に上場したZIPが、ユーザーの間に一気に知られることになります。

また「FCoinとZIPには、何か関連性があるのではないか」と騒がれ、一時期大きな反響を呼びました。

ZIPの特徴

ZIPは複数の仮想通貨の交換を可能にする仮想通貨です。

しかも、ZIPは仮想通貨の交換を可能にするだけではありません。

仮想通貨を取引する際に、複数の仮想通貨を同じウォレットアドレスで管理できると、とても便利だと思いませんか。

この管理を可能にするのが、Zipperが独自に開発したウォレットである「ZipperOne」です。

Zipperが開発したZipperOneとは?

Zipperが独自に開発した、ZipperOneは一つのウォレットアドレスで、異なる複数の仮想通貨を管理することができます。

このZipperOneは「ジッパー・クロスチェーン・プロトコル」という技術により、開発されました。

従来では、ERCトークンを除くと、1種類の仮想通貨に対し、1種類のウォレットアドレスにしか、対応できませんでした。

つまり、複数の仮想通貨を管理する際に、1つのウォレットアドレスで、管理することは不可能だったということです。

しかし、ZipperOneが開発されたことで、その不可能は可能に変わりました。

さらにZIPは、ZipperOneに加え、Z0という特徴を持っています。

Z0とは?

Z0はZipperが開発した、マルチタイプブロックチェーンです。

さて、ここで軽くブロックチェーンについて解説していきましょう。

ブロックチェーンには以下の3種類があります。

  • パブリックチェーン:世界共通で使われるブロックチェーン
  • プライベートチェーン:特定の企業や団体の中でのみ使われるブロックチェーン
  • コンソーシアムチェーン:複数の企業が共同で運用するブロックチェーン

Z0は上記の3つのブロックチェーンを相互に繋げることが可能であり、さらにネットワークを広げることを可能にします。

また、Z0の今後の開発スケジュールについても発表されています。

  • 2018年第2四半期:複数の資産を実現する機能
  • 2018年第3四半期:契約関数とのコンセンサスアルゴリズムの実現
  • 2019年第4四半期:非対称チェーンアルゴリズムを実現し、社内での使用をサポート
  • 2019年第1四半期:メインチェーンとオンラインで同期
ZIPのホワイトペーパーより

今後もZ0の発展が楽しみですね。


Sponsored Links

仮想通貨取引所での買い方

ZIPを取り扱っている主な取引所はOKExとFCoinですが、これらは両方とも海外の取引所です。

なので、購入手順は、

  1. 日本の取引所でBTCかETHを購入
  2. OKExかFCoinへ、購入したBTCかETHを送金
  3. 送金した取引所でZIPを購入

となります。

また、OKExは、ZIP/BTC、ZIP/ETHの通貨ペアがありますが、FCoinはZIP/ETHのみです。

FCoinのZIP/ETHは取引高も少なめなので、おすすめはOKExのZIP/BTCか、ZIP/ETHですね。

ここでは、例としてOKExに購入用のBTCを送金済みの状態から、ZIP/BTCの通貨ペアを使ったZIPの購入手順について解説していきます。

まだOKExの登録をしていない場合は、以下の動画を参考にしてください。



(14分26秒 の紹介動画。音声が出ます。)

OKExでの通貨ペアの選択

まずはOKExにログインしましょう。

zipper-cryptocurrency3

  1. ログインしたら、画面上部の「Token Trading」にマウスカーソルを当てる
  2. 「Full-Screen Trading」を選択
  3. →「Classic Trading」でも売買は可能です。

  4. トレーディング画面の上部にある通貨ペアにマウスカーソルを当てる
  5. 「BTC」をクリック
  6. 「ZIP/BTC」をクリック

買い注文の出し方

zipper-cryptocurrency4

  1. 画面右下の注文パネルにある「Buy ZIP」をクリック
  2. 注文方法を選択(ここでは「Limit」を選択)
  3. 購入価格(レート)を入力
  4. →売買板の価格をクリックすることでも入力可能。

  5. 購入数量を入力
  6. 「Buy ZIP」をクリック

これで指値の買い注文を出すことができました。

この後、約定すれば購入は完了です。

ZIPの過去のチャート推移

zipper-cryptocurrency5

上図は、2018年2月2日から8月4日までのZIP/BTCの日足チャートです。

2月2日の36satoshi(0.00000036 BTC)から、4月4日に一旦12satoshiまで落ちた後、7月2日に最高値130satoshiに上昇しています。

その後、再度下落を続け、8月4日には41satoshiになっています。

8月4日時点では、まだまだ下降トレンドの真っ最中なので、購入するのであれば、底を打ったことを確認してからにしたほうがよさそうですね。

ZIPは、1枚1円以下の草コインです。(2018年8月4日時点)
投資は、リスクを十分理解した上、必ず余剰資金で行いましょう。

仮想通貨ZIP(Zipper)の将来性

zipper-cryptocurrency6

ZIPは特徴がリップルに似ていることから、「中国版リップル」と別称で呼ばれています。

そんなZIPですが、今後の将来性はどうなっていくのか、解説していきましょう。

Huobiとの関連性

ZIPは、2018年5月27日に、FCoinに上場したことをきっかけに、ユーザーに認知されていきました。

さて、ZIPを開発したメンバーの中にFCoinの創設者であるZhang Jian氏がいます。

このZhang Jian氏はHuobiのCTO(元最高技術責任者)でもありました。

現時点で、ZIPはOKEx、FCoinに上場していますが、まだHuobiやBinanceへは上場していません。

しかし、開発者の一人が、元々Huobiの重役であったため、今後展開していく可能性は十分高いと思われます。

リップルとの時価総額の比較

さて、ZIPは「中国版リップル」と呼称されていますが、実際にリップルと比較してみましょう。

リップルは現在、仮想通貨取引高で3位にランキングしている、とても有名な仮想通貨です。

またリップルはビットコインと比べても、とても迅速でスムーズな送金を可能にする仮想通貨です。

そのリップルと同じ発行枚数でありながら、時価総額は約1/150です。(2018年8月4日時点)

しかも、中国が推している通貨であれば、中国版イーサリアムと言われたNEOのように、将来的には人気が出るかも知れません。

仮に、HuobiやBinanceへの上場が実現するようなことがあれば、リップルと肩を並べるほどに価値が急騰する可能性も十分にありますね。

日本への進出

2018年7月24日、ZipperはCSPayとの提携を発表し、今後日本での決済サービスを展開していくことになっています。

CSPayとは、支払いを仮想通貨で行うことができるプラットフォームであり、日本を含めたアジア圏内で使用されています。

そして、Zipper公式テレグラムが掲載した画像には、日本でもおなじみのドン・キホーテ、ヤマダ電機、ビックカメラのロゴマークが見られました。

最近、ドン・キホーテや家電量販店などには、外国人観光客(主に韓国人や中国人)が多く来店していますよね。

ZIPによる決済が可能になると、中国人観光客は日本円ではなく仮想通貨で買い物ができるため、ますますZIPの利便性が上がり、人気が上昇することが予想されますね。


Sponsored Links

関連記事

  1. leadcoin-cryptocurrency_3

    リードコイン(仮想通貨)がICO後すぐに上場!「LeadCoin」の由…

  2. 仮想通貨ランキング【2018年11月最新チャート比較】リップル(XRP…

  3. kakaotalk-bittrex-upbit_3

    カカオトークが韓国最大級の取引所「UPBIT」を10月に開設!Bitt…

  4. hitbtc-registration

    HitBTCの口座開設(登録方法)を紹介。本人確認不要で入金・送金制限…

  5. yobit-register_2

    Yobit(ヨービット)の登録方法と使い方を解説!InvestBoxや…

  6. coinmetro-ico

    コインメトロ(CoinMetro)ICOの参加・購入方法を解説!FXP…