XRPクラシック(XRPC)はスキャム(詐欺)!?取引開始直後から価格高騰の理由とリップル(XRP)との関係について解説

xrp-scam00

仮想通貨リップル(XRP)を模倣したトークンXRPクラシック(XRPC)が取引開始直後から高騰しています。

しかし、ホームページとホワイトペーパーの内容の不一致や、不透明なパートナー企業などからスキャム(詐欺)の疑惑が高まっている状況です。

ここではXRPクラシックについて詳しく解説していきます。

また、こちらに関しましてはYouTubeでも詳しく解説していますので、是非、ご覧下さい。


Sponsored Links

XRPクラシック(XRPC)とは?

xrp-scam01

XRPクラシックは、XRPの旧ロゴと同じ形のロゴで、色が青ではなくオレンジに変えただけのものを使用しています。

しかし、これらはリップル(XPR)とは全く関係ありません。

すでにリップルのコミュニティでは話題になっていますが、詐欺(スキャム)であると指摘されている状況です。

XPRクラシックはスキャム(詐欺)なのか?

xrp-scam03

XPRクラシックがスキャムと言われている理由は2つあります。

1つ目はホームページでの情報とホワイトペーパの内容が相違していることです。

ホームページには「自動化した取引システムを提供するための利用しやすい非中央集権的ブロックチェーンと仮想通貨のインフラ」とXRPクラシックのコンセプトが掲げられています。

しかし、ホワイトペーパーには「フリーランサーのための市場を提供する」と記載されており、自社内で異なる情報を掲載しています。

このような観点から、正当な仮想通貨プロジェクトではない可能性が高いと指摘されています。

2つ目は通常このようなホームページにはCEOや開発者などの情報が顔写真入りで掲載されています。

しかし、XPRクラシックのホームページにはこのような情報が一切、掲示されていません。

これも非常に疑問が残ります。


Sponsored Links

MercatoxとEtherFlyeで取引開始

xrp-scam04

単純に有名通貨を模倣した通貨であるだけなら、投資家への影響は少ないと言えます。

しかし、すでにXRPクラシックは海外仮想通貨取引所のMercatoxとEtherFlyerで取引が開始されている状況です。

ティッカーシンボルとして使われているのは、XRPCで、イーサリアムブロックチェーン上で動作するERC20のトークンとして上場しています。

またホームページ上では、HitBTCなどの有名な大型取引所にも今後上場する予定として掲載されています。

上場直後に価格が高騰

xrp-scam05

XRPCトークンは、上場後からすでに価格が約3倍ほど高騰しています。

しかし、これまで様々な仮想通貨スキャムや詐欺コインが存在しています。

これにより多くの投資家たちが痛手を負っていますので、XRPクラシックにも十分な注意が必要となりそうです。


Sponsored Links

関連記事

  1. binance-delisting00

    バイナンスで仮想通貨5種類の上場が廃止!SALTはSECの調査対象?そ…

  2. ledger-myetherwallet

    Ledger Nano S(レジャーナノS)とMyEtherWalle…

  3. reftoken-ico_3

    RefToken(レフトークン)のICO登録及び購入方法を紹介。アフィ…

  4. lisk-nano-wallet

    LISK(リスク)のウォレット作成方法や使い方を図解で解説!採用される…

  5. medicalbit-howtobuy_2

    メディカルビット(MedicalBit)トークンの買い方やICOへの参…

  6. lisk-event-schedule

    LISK(リスク)イベントスケジュール【2017年12月最新版】リブラ…