トランザクションとは仮想通貨の取引データ。取引所で送金した場合の確認方法をわかりやすく解説。

仮想通貨だけの専門用語ではありませんが、仮想通貨にも「トランザクション」という言葉があります。

聞いたことはあるけど、何なのかわからない。

といった方がほとんどではないでしょうか?

それでは、仮想通貨のトランザクションについて解説していきます。

トランザクションとは

transaction7

仮想通貨におけるトランザクションとは、「取り引きデータ(取り引き記録が書き込まれたデータ)」のことです。

ここでは、仮想通貨のトランザクションに関しては、「送金時のトランザクション(取り引きデータ)」とします。

トランザクションって結局なんなの?

となると思いますので、ブロックチェーンと、マイナーとトランザクションの関係について簡単に説明いたします。

ブロックチェーンは、分散型台帳技術なので、その中には、ビットコインの取引データ(履歴)である、トランザクションがたくさん格納されています。

この多数のトランザクションを、ひとまとめにしてブロックチェーンの先頭に追加する作業を、マイナーが「承認」という形で行なっています。

また、トランザクションには、個別のID(トランザクションID)が付けられていますので、このIDでブロックチェーンの中のデータを検索すれば、過去のトランザクションが、どのような状態になっているのかを調べることができます。

この機能を使えば、「送金したのに着金しない」などの場合に、単にマイナーの承認に時間がかかっている(送金が遅れている)だけなのか、送金先に着金しているのに表示されないだけなのか(送金先に問題がある)を切り分けることができるのです。

取引から承認までの流れ

ビットコインの取引開始(送金開始)から承認(送金完了)までの流れは以下のようになっています。

  1. 取引が発生する(「送金」ボタンをクリックする)
  2. トランザクションプールに、トランザクション(取引データ)が貯まる
  3. マイナーが承認する
  4. ブロックチェーンに記録される

※トランザクションプールとは、まだマイナーが承認していない「未確認トランザクション」を蓄えている貯蔵庫のことです。

このように、ビットコインは送金データ(トランザクション)がマイナーによって承認され、ブロックチェーンに記録された時点で、はじめて「送金が完了」となるのです。

ビットコインの送金詰まりとは

transaction8

ビットコインの送金詰まりとは、未確認トランザクションが多く溜まっている状態のことです。

つまり、送金ボタンをクリックしても、未確認トランザクションのまま溜め込まれることになるので、「なかなか送金が完了しない」という現象が発生します。

マイナーの数

マイナーの数ですが、最近ではビットコインのマイニングをするマイナーの数が減少してきている傾向にあります。

これには、ビットコインのコンセンサスアルゴリズムが「PoW」方式を採用しているため、「電気代が高い」のと、「BTCの価格が下がったため」というのが、考えられます。

コンセンサスアルゴリズムについては、下記の記事を参考にしてください。

参考:マイニング(仮想通貨)の種類を徹底解説!PoWやPoSなど承認方法の違いやそれぞれのメリット・デメリット。

マイナーは、マイニング報酬によって収益を上げていますが、ビットコインのマイニング報酬はビットコインで受け取ります。

つまり、ビットコインの価格が下がれば、それだけマイナーのマイニング報酬も下がるのです。

仮に、マイニング報酬よりも、マイニングに必要な経費(主に電気代)のほうが上回ってしまうと、マイナーはマイニングをしている意味がなくなりますよね?

そうなると、マイナーは他の通貨のマイニングをするか、他の事業をするなど、ビットコインのマイニングから離れていってしまいます。

このように、ビットコインの価格が下がっているときは、「マイナーが減少する」傾向にあります。

マイニングをするマイナーの数が減れば、それだけマイニングできるトランザクションの数も減りますので、結果として「未確認トランザクション」が多く溜まっていき、ビットコインの送金詰まりへと繋がっていくのです。

送金先に着金しない場合の確認方法

transaction13

送金が完了しているはずなのに、送金先に着金しない場合に、考えられる原因は、以下の2パターンが考えられます。

  • 送金先のアドレスがあっているが着金しない場合
  • 送金先のアドレスが間違っている

送金先のアドレスがあっているが着金しない場合

送金先のアドレスがあっているが着金しない場合は、送金元での不具合なのか、送金先での不具合なのか、取引所での不具合なのか、どこでどのように送金詰まりを起こしているのかを確認しておきましょう。

具体的には、送金元でストップしていた、送金先でストップしていた、取引所での不具合などがあげられます。

また、記載内容に不備はないけれど、着金されない場合は、反映されるまでに時間がかかっている場合もあります。

送金先のアドレスが間違っている場合

ビットコインの送金は、送金先のアドレスを入力して、送金することになります。

また、このアドレスは、「住所」と置き換えることができるので、間違えると送金先に届かなくなってしまいます。

せっかく送金したのに、アドレスの入力ミスをすると、自分を責めるしかないので、最終的な確認はしっかりしましょう。

ビットフライヤーでの確認の仕方

transaction2

transaction5

まずは、取引所から送金した場合の確認方法を図解していきます。

  1. お取引レポートをクリック
  2. 入出金をクリック
  3. トランザクション(TX)IDを確認
  4. ステータスを確認

トランザクション(TX)IDが表示されているところをクリックすると、トランザクションの状態を把握することができます。

また、ステータス欄には、「お手続中」と「完了」があり、お手続中が表示されていれば、処理途中のため、送金がされていないことになります。

それが、「完了」になればビットフライヤーでの処理が全て完成したことになります。

バイナンスでの確認方法

transaction4

  1. 「Funds」をクリック
  2. 「Transaction History」をクリック

バイナンスでの確認方法は、「Funds」をクリックしてから、「Transaction History」をクリックすれば確認することができます。

また、取引所やウォレットにより操作は異なりますが、送金されない場合には、トランザクションを調べてみましょう。

BLOCKCHAINでの確認方法

transaction10

取引所で送金した場合は、トランザクションIDをクリックすると、そのトランザクションの状態を表示してくれるところもありますが、ウォレットなど、トランザクションの状態を表示する機能がない場合は、下記のサイトでトランザクションIDを入力して確認することができます。

外部リンクアイコンBLOCKCHAINの公式サイトはこちら

  1. トランザクションIDを入力
  2. 「ENTER」を押す

トランザクションIDを入力した後に、流れで右の「GET A FREE WALLET」を押しがちですが、ここを押すとウォレットのページに飛ばされてしまいます。

そのため、トランザクションIDを入力した後は、「パソコンのENTER」を押しましょう。

transaction11

パソコンのENTERを押すと上図のようなが画面が表示されます。

今回は、認証済みのトランザクションIDなので緑色でしたが、未認証の場合は、右上あたりに、赤色で「未認証の取引」と表示されます。

また、左下の矢印の「承認済み」を確認しても、承認済みか未承認か確認することもできます。

BLOCKCHAINでは、承認済みだけど、送信先のウォレットや取引所に、着金していない場合は、送金先に問題がある可能性があるので、問い合わせなどをしましょう。

また、BLOCKCHAINで承認済みの場合は、ひたすら待つだけになります。


Sponsored Links

関連記事

  1. monex-exchanges

    マネックスが仮想通貨取引所を開設する3つの理由!マイニング事業などで培…

  2. topb-token

    TOPBトークン(仮想通貨)とは?TOPBTC取引所の独自通貨は配当と…

  3. encryption-currency-api

    グーグルが仮想通貨のウェブ決済APIを承認!仕組みはリップルネットワー…

  4. zaif-chart

    zaif(ザイフ)のチャートの見方を解説。充実したテクニカル指標(イン…

  5. ripplecoin-information

    リップルコインの最新情報金額(チャート)。相場高騰の理由は謎のカウント…

  6. cryptocurrency-tax-return_1

    仮想通貨の確定申告方法【2017年最終ver】国税庁のビットコインなど…