Sublime Text3の使い方。無料のエディタでカラースキームの変更や日本語化も可能!

sublimetext3-howtouse

パソコンをよく使う人であれば、「最もよく使うアプリケーションはテキストエディタ」という人も多いでしょう。

テキストエディタの代わりに、Windowsに付属しているノートパッドやワードなどを使っている人も多いと思いますが、テキスト(文字列)を扱うならテキストエディタのほうが圧倒的に使いやすいです。

しかも、フリーソフト(無料)として配布されているものが多く、導入コストもかかりません。

そして数あるテキストエディタの中で、最もおすすめなものが「Sublime Text3」です。

  • 動作が非常に軽く、テキストエディタとしての機能が豊富
  • Windows版とMac版、Linux版があり、複数のOSで使う場合でも共通の操作が使える
  • 入力の補完機能が充実
  • Emacs風のキーバインドがある

と、メリットを上げればキリがなく、初心者から上級者まで幅広く使えるテキストエディタです。


Sponsored Links

Sublime Text3のインストールと日本語化

Sublime TextはWindows版、Mac版(OS X 10.7以降)、Linux版の3つのOSに対応していますが、ここではWindows版について説明します。

有料版もありますが、無料版でも機能的には十分ですので、まずは無料版から使い始めましょう。

インストーラーのダウンロードとインストール

sublimetext3-howtouse2

Sublime Textの公式サイトから、該当するOSのインストールパッケージをダウンロードします。

ダウンロードしたSetupファイルをダブルクリックし、インストーラーを起動します。

Windows版の場合、お使いのOSが32ビット版であれば「Windows」、64ビット版であれば「Windows64bit」を選択してください。

インストールの途中に「Add to explorer context menu」のチェックを選択する画面があります。

このチェックおオンにすると、コンテキストメニュー(右クリックで表示されるメニュー)に「Open with Sublime Text」メニューが追加されます。

このメニューを選択すると、Sublime Textを起動することができ、毎回スタートメニューから選択するより便利です。

お好みに応じて、チェックのオン・オフを選択してください。

インストールウィザードの手順にしたがってインストールを完了すると、スタートメニューに「Sublime Text 3」が表示されます。

これでインストールは完了です。

PackageControlの導入

Sublime Textは、様々な機能を追加するための「パッケージ」が多数 公開されています。

これらをインストールを簡単にするために、まず「Package Control」をインストールすると便利です。

Package Controlのインストール

sublimetext3-howtouse3

Sublime Textを起動し、メニューの「View」→「Show Console」を選択して、Consoleを表示します。

Consoleが表示できたら、以下のスクリプト(import~write(by))をコピー&ペーストしてEnterキーを押してください。

【Package Controlをインストールするためのスクリプト】
import urllib.request,os,hashlib; h = ‘eb2297e1a458f27d836c04bb0cbaf282’ + ‘d0e7a3098092775ccb37ca9d6b2e4b7d’; pf = ‘Package Control.sublime-package’; ipp = sublime.installed_packages_path(); urllib.request.install_opener( urllib.request.build_opener( urllib.request.ProxyHandler()) ); by = urllib.request.urlopen( ‘http://packagecontrol.io/’ + pf.replace(‘ ‘, ‘%20’)).read(); dh = hashlib.sha256(by).hexdigest(); print(‘Error validating download (got %s instead of %s), please try manual install’ % (dh, h)) if dh != h else open(os.path.join( ipp, pf), ‘wb’ ).write(by)

メニューの日本語化

Sublime Text3は海外のエディタソフトのため、メニューが全て英語です。

このままでは見にくいので、メニューを日本語化してみましょう。

もちろん、英語でも問題ない方は、この項目は読み飛ばしても大丈夫です。

日本語化は下記の2段階で行います。

①「japanize」パッケージのインストール

sublimetext3-howtouse4

  1. メニューの「Preferences」→「Package Control」を選択
  2. 表示されたテキストボックスに「install package」と入力してEnter押下
  3. 表示されたテキストボックスに「japanize」と入力してEnter押下

これで「japanize」パッケージがインストールされ、メニューが一部日本語化できました。

②日本語化ファイルのコピー

sublimetext3-howtouse5

まだ英語が残っている部分を日本語化するため、「C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Sublime Text 3\Packages\Japanize」フォルダにある上図の6ファイルを、「C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Sublime Text 3\Packages\Default」フォルダにコピーします。

sublimetext3-howtouse6

その際「Default」フォルダはありませんので、自分で作成してください。

コピー後に、全てのファイルの拡張子「.jp」を削除します。

これでほぼ全てのメニューが日本語化できました。(一部のみ、英語の項目が残る)

日本語入力のインライン化

sublimetext3-howtouse7

今のままでも日本語の入力はできますが、漢字変換前の文字列が別ウィンドウで表示されてしまいます。

これは非常に使い勝手が悪いので、次は日本語入力をインライン化しましょう。

日本語入力のインライン化は、「IMESupport」パッケージをインストールすればできます。

先ほどと同じように、メニューの「基本設定」→「Package Control」を選択し、「install package」と入力してEnterを押してください。

表示されたテキストボックスに、「IMESupport」を入力してEnterを押すと、「IMESupport」がインストールされて日本語がインラインで入力できるようになります。

扱える文字コードの追加

sublimetext3-howtouse8

Sublime Text3の文字コードはUTF8であるため、文字コードがShiftJISやEUCのテキストファイルを開くと文字化けします。

そこで、「convertToUTF8」というパッケージをインストールすることにより、これら日本語用の文字コードのファイルでも正しく表示できるようになります。

インストール方法は、先ほどと同じで、パッケージ名は「convertToUTF8」と入力してください。


Sponsored Links

Sublime Text3のカラースキームの設定とおすすめパッケージ

sublimetext3-howtouse10

ここでは、日本語化以外のカスタマイズについて説明します。

どれも必須ではありませんので、必要なものだけ設定すれば大丈夫です。

カラースキームの変更

sublimetext3-howtouse9

カラースキームの変更は、メニューの「基本設定」→「カラースキーマ」で変更できます。

デフォルトでは「Monokai」になっていますが、別のものを選択すると、それぞれの配色でテキストが表示されます。

プログラミング系おすすめパッケージ

テキストエディタでプログラミングを行う人におすすめのパッケージです。

インストール方法は、先述の方法と同じです。

パッケージ名 機能
Local History 自動でバックアップを取ってくれる
RecentActiveFiles 最近開いたファイルをリスト表示してくれる
Diffy 2つのファイルを比較してくれる

Web系おすすめパッケージ

テキストエディタでHTMLやJavaScriptを編集する人におすすめのパッケージです。

こちらも、インストール方法は、先述の方法と同じです。

パッケージ名 機能
HTML5 HTMLタグの自動補完
CSS Snippets CSSの自動補完
jQualy jQueryの自動補完

Sponsored Links

関連記事

  1. chatwork00

    チャットワーク(Chatwork)の使い方と登録方法。アプリからのダウ…

  2. thunderbird-folder

    Thunderbird(サンダーバード)のフォルダ自動振り分けを設定し…

  3. google-drive-share

    Google ドライブの使い方。ファイルの共有やアップロード方法につい…

  4. skype-usage

    スカイプの使い方【徹底解説】パソコンのカメラ、マイク設定方法やスマホ版…

  5. photoshop-way-to-use

    Photoshopの使い方(写真加工方法)を解説。切り取りしたイラスト…

  6. windows7-8-10-screen-capture

    Windows7.8.10で画面キャプチャをとる方法。スニッピングツー…