Sublime Text3の使い方。無料のエディタでカラースキームの変更や日本語化も可能!

sublimetext3-howtouse

パソコンをよく使う人であれば、「最もよく使うアプリケーションはテキストエディタ」という人も多いでしょう。

テキストエディタの代わりに、Windowsに付属しているノートパッドやワードなどを使っている人も多いと思いますが、テキスト(文字列)を扱うならテキストエディタのほうが圧倒的に使いやすいです。

しかも、フリーソフト(無料)として配布されているものが多く、導入コストもかかりません。

そして数あるテキストエディタの中で、最もおすすめなものが「Sublime Text3」です。

  • 動作が非常に軽く、テキストエディタとしての機能が豊富
  • Windows版とMac版、Linux版があり、複数のOSで使う場合でも共通の操作が使える
  • 入力の補完機能が充実
  • Emacs風のキーバインドがある

と、メリットを上げればキリがなく、初心者から上級者まで幅広く使えるテキストエディタです。


Sponsored Links

Sublime Text3のインストールと日本語化

Sublime TextはWindows版、Mac版(OS X 10.7以降)、Linux版の3つのOSに対応していますが、ここではWindows版について説明します。

有料版もありますが、無料版でも機能的には十分ですので、まずは無料版から使い始めましょう。

インストーラーのダウンロードとインストール

sublimetext3-howtouse2

Sublime Textの公式サイトから、該当するOSのインストールパッケージをダウンロードします。

ダウンロードしたSetupファイルをダブルクリックし、インストーラーを起動します。

Windows版の場合、お使いのOSが32ビット版であれば「Windows」、64ビット版であれば「Windows64bit」を選択してください。

インストールの途中に「Add to explorer context menu」のチェックを選択する画面があります。

このチェックおオンにすると、コンテキストメニュー(右クリックで表示されるメニュー)に「Open with Sublime Text」メニューが追加されます。

このメニューを選択すると、Sublime Textを起動することができ、毎回スタートメニューから選択するより便利です。

お好みに応じて、チェックのオン・オフを選択してください。

インストールウィザードの手順にしたがってインストールを完了すると、スタートメニューに「Sublime Text 3」が表示されます。

これでインストールは完了です。

PackageControlの導入

Sublime Textは、様々な機能を追加するための「パッケージ」が多数 公開されています。

これらをインストールを簡単にするために、まず「Package Control」をインストールすると便利です。

Package Controlのインストール

sublimetext3-howtouse3

Sublime Textを起動し、メニューの「View」→「Show Console」を選択して、Consoleを表示します。

Consoleが表示できたら、以下のスクリプト(import~write(by))をコピー&ペーストしてEnterキーを押してください。

【Package Controlをインストールするためのスクリプト】
import urllib.request,os,hashlib; h = ‘eb2297e1a458f27d836c04bb0cbaf282’ + ‘d0e7a3098092775ccb37ca9d6b2e4b7d’; pf = ‘Package Control.sublime-package’; ipp = sublime.installed_packages_path(); urllib.request.install_opener( urllib.request.build_opener( urllib.request.ProxyHandler()) ); by = urllib.request.urlopen( ‘http://packagecontrol.io/’ + pf.replace(‘ ‘, ‘%20’)).read(); dh = hashlib.sha256(by).hexdigest(); print(‘Error validating download (got %s instead of %s), please try manual install’ % (dh, h)) if dh != h else open(os.path.join( ipp, pf), ‘wb’ ).write(by)

メニューの日本語化

Sublime Text3は海外のエディタソフトのため、メニューが全て英語です。

このままでは見にくいので、メニューを日本語化してみましょう。

もちろん、英語でも問題ない方は、この項目は読み飛ばしても大丈夫です。

日本語化は下記の2段階で行います。

①「japanize」パッケージのインストール

sublimetext3-howtouse4

  1. メニューの「Preferences」→「Package Control」を選択
  2. 表示されたテキストボックスに「install package」と入力してEnter押下
  3. 表示されたテキストボックスに「japanize」と入力してEnter押下

これで「japanize」パッケージがインストールされ、メニューが一部日本語化できました。

②日本語化ファイルのコピー

sublimetext3-howtouse5

まだ英語が残っている部分を日本語化するため、「C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Sublime Text 3\Packages\Japanize」フォルダにある上図の6ファイルを、「C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Sublime Text 3\Packages\Default」フォルダにコピーします。

sublimetext3-howtouse6

その際「Default」フォルダはありませんので、自分で作成してください。

コピー後に、全てのファイルの拡張子「.jp」を削除します。

これでほぼ全てのメニューが日本語化できました。(一部のみ、英語の項目が残る)

日本語入力のインライン化

sublimetext3-howtouse7

今のままでも日本語の入力はできますが、漢字変換前の文字列が別ウィンドウで表示されてしまいます。

これは非常に使い勝手が悪いので、次は日本語入力をインライン化しましょう。

日本語入力のインライン化は、「IMESupport」パッケージをインストールすればできます。

先ほどと同じように、メニューの「基本設定」→「Package Control」を選択し、「install package」と入力してEnterを押してください。

表示されたテキストボックスに、「IMESupport」を入力してEnterを押すと、「IMESupport」がインストールされて日本語がインラインで入力できるようになります。

扱える文字コードの追加

sublimetext3-howtouse8

Sublime Text3の文字コードはUTF8であるため、文字コードがShiftJISやEUCのテキストファイルを開くと文字化けします。

そこで、「convertToUTF8」というパッケージをインストールすることにより、これら日本語用の文字コードのファイルでも正しく表示できるようになります。

インストール方法は、先ほどと同じで、パッケージ名は「convertToUTF8」と入力してください。


Sponsored Links

Sublime Text3のカラースキームの設定とおすすめパッケージ

sublimetext3-howtouse10

ここでは、日本語化以外のカスタマイズについて説明します。

どれも必須ではありませんので、必要なものだけ設定すれば大丈夫です。

カラースキームの変更

sublimetext3-howtouse9

カラースキームの変更は、メニューの「基本設定」→「カラースキーマ」で変更できます。

デフォルトでは「Monokai」になっていますが、別のものを選択すると、それぞれの配色でテキストが表示されます。

プログラミング系おすすめパッケージ

テキストエディタでプログラミングを行う人におすすめのパッケージです。

インストール方法は、先述の方法と同じです。

パッケージ名 機能
Local History 自動でバックアップを取ってくれる
RecentActiveFiles 最近開いたファイルをリスト表示してくれる
Diffy 2つのファイルを比較してくれる

Web系おすすめパッケージ

テキストエディタでHTMLやJavaScriptを編集する人におすすめのパッケージです。

こちらも、インストール方法は、先述の方法と同じです。

パッケージ名 機能
HTML5 HTMLタグの自動補完
CSS Snippets CSSの自動補完
jQualy jQueryの自動補完

Sponsored Links

関連記事

  1. paint-way-to-use

    ペイントの使い方(写真加工方法)を解説。文字入力や「サイズ変更(基礎)…

  2. screen-capture-for-mac

    Macで画面キャプチャをとる方法。ショートカットでスクリーンショットや…

  3. thunderbird-mail

    Thunderbird(サンダーバード)のメールアドレス設定方法。独自…

  4. chatwork-use

    チャットワーク(chatwork)の使い方。スマホアプリを活用したタス…

  5. google-create-account

    Googleアカウント作成方法とGmailの使い方。名前の変更や年齢制…

  6. skype-usage

    スカイプの使い方【徹底解説】パソコンのカメラ、マイク設定方法やスマホ版…

 

Sponsored Links


最新記事一覧

  1. reftoken-ico_3
  2. b2bx-ico-registration
  3. blockchainlab-conference_2
  4. sbi-ico-rating
  5. swell-swift
  6. valu-howto-buy_2
  7. bitcoin-fork
  8. metamask-how-to-use
  9. cryptocurrency-biometrics
  10. cryptocurrency-tax-return_1
Sponsored Links