ステーキングとは?仮想通貨の新しい稼ぎ方を徹底解説!

staking00

仮想通貨をウォレットに保管しておくことで、報酬がもらえるステーキング(Staking)が次のトレンドとして注目を集めています。

ここではステーキングとは何なのか?その特徴などについて詳しく説明していきます。

なお、こちらはYouTubeでも詳しく解説していますので、是非、ご覧下さい。


Sponsored Links

ステーキングとは?

staking01

ステーキングとは、コインを専用のウォレット等にロックして預け、報酬と引き換えに分散型ネットワークの運用へ参加することです。

仮想通貨の代表的なアルゴリズムとして、Proof of Work(PoW)とProof of Stake(PoS)がありますが、PoWはビットコインなどが採用するアルゴリズムで、ブロックを採掘して報酬をもらうために膨大な計算作業を行います。

一方、PoSはコインの保有量と保有期間をかけ合わせたウェイトに応じて、ブロックを採掘でき報酬をもらうことができます。

PoSにおけるステーキングは、ウォレットに保管しているだけで自動的にコインが増えていきますが、ウォレットを起動して、オンラインにしておく必要があります。

簡単に説明すればコインに利子が付くようなイメージで、利子率としては年0.5〜8%程度です。


Sponsored Links

ステーキングの特徴

staking02

まず、ステーキングとPoSの特徴を挙げると、以下が挙げられます。

  • 大量保有者が有利
  • 流動性が低下する
  • インフレの懸念
  • ステーキング中はコインがロックされる

PoSは結局のところ、コインを多く保有している人が有利になります。

基本的に報酬はコインの保有量に比例するので、多く持っている人ほど報酬が多くなるという仕組みです。

また、保有量が多いほうが有利なのでコインを溜めがちで、その結果、流動性が低下して、価値が上がりにくいという指摘もあります。

仮想通貨はビットコインのようにコインの発行上限を決めているものが多いですが、PoSによるコインの発行を無制限としている通貨も存在します。

しかし、発行上限がない通貨はインフレにつながり、価値が上がらない可能性がある。

なので、PoS報酬が年利10%という通貨などもありますが、報酬が多いからといって飛びつくのは危険です。

また、ステーキング中はウォレットのコインがロックされ、送金ができなくなるので注意が必要です。

ステーキング機能を実装したウォレットも登場

staking03

ステーキングに対応したウォレットもすでに登場しています。

「CoBo」というウォレットは複数のPoS通貨のステーキングに対応しています。

今後ステーキングが普及していく場合、それに伴いCoBoのようなステーキング対応ウォレットやその他関連サービスが普及されていくことが予想されます。


Sponsored Links

関連記事

  1. exchanges-token

    取引所トークン一覧【2018年最新版】。独自に発行された仮想通貨の配当…

  2. crypto-click-affiliate

    CryptoClick(クリプトクリック)アフィリエイトで仮想通貨を稼…

  3. BlockFi(ブロックファイ)仮想通貨を担保に年利6%を運用できるB…

  4. multi-signature

    マルチシグコントラクトとはセキュリティを高める仕組み。仮想通貨取引所や…

  5. wei-wallet

    Wei Wallet(ウェイ ウォレット)の登録方法と使い方。シンプル…

  6. beyond-blocks-tokyo

    Beyond Blocks Summit Tokyo 2018が開催。…