シルバーコイン(SWEトークン)は原油(石油)に価値が担保された新しい仮想通貨!ICOでの購入方法や価格なども紹介。

silver-coin

日本は石油消費量世界第4位であるにも関わらず、ほとんど石油は採れませんが、世界では、多くの原油が採掘されています。

この石油は限りある資源なので、代替燃料の開発も進んでいますが、それでも世界の石油需要は、人口の増加に伴い、今後数十年間は成長すると見込まれています。

そんな石油の採掘に、一般人が投資できるというのは、とても魅力的だと思いませんか?

Silver Wave Energy社(シルバーウェーブエナジー社)が、ICOで発行するシルバーコイン(SWEトークン)は、この石油(原油)の採掘に投資し、そこで採掘された石油による利益の50%を受ける取ることができるトークンなのです!

外部リンクアイコンシルバーコインの公式サイトはこちら

※SWEに限っての話ではありませんが、公式サイト以外からの購入は「詐欺」「極端に高いレートでの転売」などの可能性が出てきますので、十分にお気をつけください。


Sponsored Links

シルバーコイン(SWEトークン)とは原油(石油)に価値が担保された仮想通貨

silver-coin2

シルバーコイン(SWEトークン)が、他の仮想通貨と最も違う点は、「価値が現物の資産で担保されている」という点です。

では、この「現物の資産」というのは何なのでしょうか?

実は「石油」なのです!

この石油は、経済の発展には欠かせないものであり、全世界の人口の増加に伴って、石油の消費量も増加していことが予想されています。

では、石油で価値が担保されたシルバーコインとは、一体どういうものなのでしょうか。

シルバーウェーブエナジー社(SWE社)とは

シルバーコインをICOで発行するSilver Wave Energy社(SWE社)は、2005年にシンガポールで設立された会社です。

主な事業は、ミャンマーを中心とする国内外の石油とガスの探査活動で、この分野では10年以上の実績を持っています。

このSWE社は、ミャンマーの実業家 Minn Minn Oung氏(ミンミン氏)が100%所有している会社ですが、ミンミン氏は、特にミャンマー政府と強い関係を持っており、陸上と海中の石油・ガス開発に関する政府契約を受けています。

さらにSWE社は、南アフリカと南アフリカの東海岸にある6つの海域で、約224,615平方kmにおよぶ独占的技術協力許可と探鉱権を持つ、大変有望な会社でもあります。

もちろん、それらの地域(海域)は、エクソンモービルや、シェル石油のような大手企業による探査実績のある地域の近くであり、石油の産出も非常に期待できる地域なのです。

シルバーウェーブエナジー社が発行するSWEトークンとは

シルバーコイン(SWEトークン)は、SWE社がICOで発行するトークンで、このICOで集められた資金は、SWE社が南アフリカで石油を採掘するために使われます。

そのため、ICOに参加し、SWEトークンを購入すると、このSWE社の石油採掘事業に参画した、ということなります。

そしてSWEトークンの所有者には、なんと、将来的にこの地域から採掘された石油による利益の50%が分配されるのです!

この仕組みによって、投資家は 単なるトークンの売買だけで利益を得るのではなく、石油の採掘による利益も得ることができるのです。

つまり、SWE社は、銀行などの厳しい融資条件に縛られることなく、石油採掘事業の拡大を行うことができ、一方のSWEトークン保有者(投資家)は、トークン自体の売買益の他に、採掘された石油による利益の分配という、キャピタルゲインとインカムゲインの両方を得ることができるのです。

このようにSWE社のICOは、他の多くのICOのようなプロダクトが何もない状態で行う資金集めではなく、SWE社が権利を持っている南アフリカの南海岸6719平方キロメートルの海域(Area-1と呼ばれている)による石油の採掘に裏付けられてるICOなのです。

シルバーコイン(SWEトークン)のICO概要

silver-coin3

シルバーコイン(SWEトークン)は、SWE社のICOによって発行されるトークンです。

そのトークンと引き換えに集められた資金は、SWE社が持つ「Area-1」と呼ばれる海域での石油の採掘事業に使われます。

ここでは、そのICOやシルバーコインの概要、そしてICO後のロードマップについて見ていきましょう。

ICO基本情報

silver-coin4

販売価格は1SWE = 4ドル固定です。

つまり、実際に必要なBTCやETHの数量は、購入日のBTCやETHのレートによって、多少変動があります。

発行枚数は5億枚(5億SWE)となっていますので、Area-1で採掘された石油による利益の50%を、この5億SWEで分配することになりますね。

シルバーコインのロードマップ

silver-coin5

上図はシルバーコイン(SWEトークン)のロードマップですが、これを見ると「2018/6 ICO listing expected in Korea market」と書かれてあります。

ホワイトペーパーや公式サイトを見る限り、これが何を意味しているのかは、明確ではありませんが、この文章を直訳すると「韓国市場でICO上場予定」です。

しかし、ICOは公式サイトで開始されていて、全世界からアクセスできるはずなので、わざわざ「韓国市場」(Korean market)と書く必要はないですね。


Sponsored Links

ICOの購入方法(登録方法)

silver-coin17

シルバーコインのICOは2018年5月6日時点で、既に開始されており、誰でもシルバーコイン(SWEトークン)を購入することができます。

ここでは、ICOへ参加してシルバーコインを購入する方法について、順に解説していきましょう。

ただし、登録時に本人確認資料(免許証など)のアップが必要ですので、予め、本人確認資料の画像ファイル(フォーマットはGIF、JPG、PNG、PDFのいずれか)を用意しておいてください。

外部リンクアイコンシルバーコインの公式サイトはこちら

※SWEに限っての話ではありませんが、公式サイト以外からの購入は「詐欺」「極端に高いレートでの転売」などの可能性が出てきますので、十分にお気をつけください。

まずは、上記のリンクをクリックして、シルバーコインの公式サイトを表示します。

silver-coin6

公式サイトを表示したら、画面右上か、左下にある「BUY SWE NOW!」をクリックします。

「BUY SWE NOW!」をクリックすると、SWEトークン受取用のイーサリアムアドレスと、氏名、メールアドレス、パスワードを入力する画面が表示されます。

外国の企業ですので、念のため、全て英語(アルファベット)で入力しましょう。

silver-coin7

  1. SWEトークン受け取り用のイーサリアムアドレスを入力
  2. 氏名を入力(名字、名前の順)
  3. 登録するメールアドレスを入力
  4. 設定するパスワードを入力
  5. →セキュリティ上、パスワードは英数記号を合わせた32文字以上で登録しましょう。

  6. 「Check me」にチェック
  7. 「APPLY FOR WHITELISTING」をクリック

SWEトークン受け取り用のイーサリアムアドレスは、MyEtherWallet(マイイーサウォレット)など、イーサリアムのERC20トークン保管できるウォレットのアドレスを入力します。

まだマイイーサウォレットを持っていない場合は、以下の記事を参考にしてください。

参考:MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の登録方法。日本語表示や送金・入金などの使い方も徹底解説!

silver-coin8

次に、確認画面が表示されますので、先ほど入力した、イーサリアムアドレス、氏名、メールアドレスを確認し、正しければ「APPLY FOR WHITELISTING」をクリックします。

画面上に「Account registration completed」と表示されれば、正しく登録できています。

続けて、本人確認資料をアップしましょう。

再度、先ほどと同じリンクをクリックして、シルバーコインの公式サイトを表示し、ログインします。

silver-coin9

  1. 先ほど登録したメールアドレスを入力
  2. 先ほど登録したパスワードを入力
  3. 「Login」をクリック

次に未入力の個人情報を入力します。

silver-coin10

  1. 「My Profile」をクリック
  2. 「Edit」をクリック

silver-coin11

  1. 「Japan」を選択
  2. 都道府県と市区町村を入力
  3. 番地とマンション名を入力
  4. 電話番号を入力
  5. 「Confirm」をクリック
  6. 「Edit」をクリック

「Change Password」「Change Password(confirm)」については、パスワードを変更する場合のみ、入力すればよいので、ここでは空欄のままで大丈夫です。

住所の英語表記については、googleなどの検索エンジンで「住所 英語表記」と検索すれば、郵便番号や日本語の住所から、英語表記を自動で生成するサイトが見つかりますので参考にしてください。

次に、本人確認資料の画像ファイルをアップします。

本人確認資料として使える書類は、

  • 「運転免許証」(裏面に表記がある場合は両面必要)
  • 住民基本台帳カード
  • マイナンバーカード

です。

本人確認資料に記載されている住所と申し込み住所が違う場合、また本人確認資料としてパスポートをアップする場合は、別途住所の証明ができる「住民票」「住所記載の公共料金の領収書、またはお知らせ」「政府が発行した住所が記載されている書類」などが必要です。

silver-coin12

  1. 「My Profile」をクリック
  2. 「Identification」の「ファイルを選択」をクリックし画像ファイルを選択
  3. 「Upload」をクリック

アップする画像ファイルの形式として使えるものは、GIF、JPG、PNG、PDFの4つです。

本人確認資料のアップが終われば、ICO運営側で審査が行われて、早ければ20分くらいで「【アカウント承認通知】SWEトークンの購入手続きへお進みください。」というタイトルのメールが届きます。

このメールが届いたら、審査が通っていますので、いよいよシルバーコイン(SWEトークン)を購入しましょう。

silver-coin13

シルバーコイン(SWEトークン)の購入は、上図のように、画面上のどちらかの「Buy SWE」をクリックします。

silver-coin14

  1. 購入に使用する通貨を選択
  2. 購入するSWEの数量を入力
  3. 「Submit Request」をクリック

「Current rate」に購入レートが表示されますが、これは常に「1SWE = 4ドル」になるように更新されます。

この購入レートによって、「Total」に表示される数量(購入に必要な通貨の数量)が変わりますので、注意してください。

silver-coin15

「Payee address」に送金先(支払い用)のアドレスが表示されますので、そのアドレスに「Total」で表示された数量分の通貨を送金してください。

このとき、ウォレットや取引所によっては、送金時に入力した数量から送金手数料が引かれることがありますので、必ず送金前に送金数量が「Total」と一致していること確認しましょう。

また、このQRコードが表示されている画面が表示されてから、24時間以内に送金する必要がありますので、予め送金する通貨を準備してから購入手続きを行うようにしてください。

silver-coin16

ダッシュボードに購入したシルバーコイン(SWEトークン)の数量が反映されれば、購入は完了です。(通常、購入から反映まで3営業日かかります)


Sponsored Links

関連記事

  1. comsa-ico-registration

    comsa(コムサ)のico事前登録。仮想通貨で支払い可能なトークンセ…

  2. cryptocurrency-crash_1

    仮想通貨の暴落の理由を徹底解説!【2018年1月】過去チャートとの比較…

  3. lightning-network1

    ライトニングネットワークの仕組みと実装状況。仮想通貨の手数料減少と送金…

  4. ample-ico

    AMPLE!(アンプル)が仮想通貨のICOを実施。コスプレイヤーのプラ…

  5. bitcoingold-hardfork

    BTG(ビットコインゴールド)分裂まとめ。今後の価格相場やプロジェクト…

  6. erc-20-token1

    ERC20トークンとは仮想通貨のICOで使われる規格!NEMのmosa…