グーグルマップを利用して「せどりマップ」を作ろう!店舗仕入れは効率化が最重要。

sedori-map

店舗仕入れは1日で複数の店舗を廻ることが多く、闇雲に廻ると無駄な時間が多くなってしまいます。

営業時間内に1店舗でも多く廻るためには徹底した効率化が必要です。

移動のルートはもちろんのこと、仕入れに行く店舗も厳選し、あなただけの「店舗マップ」を作成することが成功への近道です。


Sponsored Links

店舗せどりで仕入れられる店と仕入れられない店

店舗せどりをはじめていくつか店を廻ると、色々な店があるのに気づいたのではないでしょうか?

  • 利益のでる商品が全く見つからない店
  • 逆に利益のでる商品が次々に見つかる店

このように仕入れられる店と仕入れられない店がわかってきたら、次のステップとしてオリジナルの「店舗マップ」を作りましょう。

ここで作らなければならない「店舗マップ」とは、単なる「店舗マップ」ではなく、仕入れられる「店舗マップ」です。

店舗せどりにおいては必ず「仕入れられる店」「仕入れられない店」というものがあります。

sedori-map2

参考:店舗・電脳せどり初心者の登竜門「全頭検査」。アプリやビームを使用して効率よく仕入れをしよう!

当然ながら、仕入れられない店に何度も足を運ぶのは時間の無駄ですので避けたいところ。

また、仕入れられる店を廻るにしても、効率のよいルートで廻らないと、時間だけではなくガソリン代や電車代なども損をしてしまいます。

【仕入れられる店】

頻繁に商品の入れ替えやセールがあり、行くたびにラインナップが変わる。

価格設定も安定して低く、行くたびに複数の利益が出る商品を見つけることができる。

価格変更を手動で行っており、リアルタイムでネット価格に合わさっていない店などはよりOK。

【仕入れられない店】

商品の入れ替えがほとんどなく、何度か足を運んでみてもいつも同じラインナップ。

価格設定がリアルタイムでネットに合わさっており、アマゾンで売っても利益が出ない商品ばかり。

店員から毎回注意を受けるなど、物理的に仕入れが難しい店もNG。


Sponsored Links

グーグルマップで仕入れられる店舗を集めた「せどりマップ」を作ろう!

いろんな店を無作為に廻るより、仕入れられる店ばかりを集中的に廻ったほうが明らかに効率的です。

新規の店を開拓する一方で、仕入れられる店を少しずつ溜めていきましょう。

そして、それらの店をグーグルマップ上に表示し、あなた独自の店舗マップとして保存しておくことで、どの地域のどういうルートを通れば効率よく仕入れができるかがひと目でわかるようになります。

「マイマップ」機能を使ってオリジナルの店舗マップを作成

グーグルマップにある「マイマップ」機能を使うと、グーグルマップ上に様々な情報を表示したオリジナルの地図を作ることができます。

この機能を利用し、仕入れられる店をグーグルマップ上に表示すれば、あなただけの立派な店舗マップが完成します。

「マイマップ」の作成は、グーグルにログインした後、グーグルマップを表示して画面左上のメニューアイコンをクリックします。

sedori-map3

  1. 画面左上の「三」のアイコンをクリック
  2. 「マイプレイス」をクリック

sedori-map4

  1. 「マイプレイス」の「マイマップ」をクリック
  2. 「地図を作成」をクリック
  3. 「無題の地図」をクリック
  4. 地図のタイトルを入力
  5. 「保存」をクリック

「無題の地図」をクリックすると、地図の名前を設定することができますので、分かりやすい名前をつけておきましょう。

地図は地域ごとに作成してもよいですし、日本全国の店舗を1つの地図に表示するようにしても構いません。

次にレイヤを作成します。

レイヤはひとまとまりのグループのようなものです。

1つのレイヤの中に複数の店舗名を設定していきますので、「地域ごと」や「ルートごと」に分かりやすい名前を付けておきましょう。

sedori-map5

  1. 「無題のレイヤ」の横のアイコンをクリック
  2. 「このレイヤの名前を変更」をクリック
  3. 「レイヤ名」を入力
  4. 「保存」をクリック

レイヤを作成したら、次は店舗名を追加していきます。

グーグルマップの検索ボックスに店舗名を入力して店舗マップに追加したい店を表示します。(ここでは「イオン大宮店」を検索)

sedori-map6

  1. 検索ボックスに「イオン大宮店」を入力して検索
  2. 「+地図に追加」をクリック

これを追加する店舗の数だけ繰り返します。

sedori-map7

そうすると追加した店舗がある位置にアイコンが表示されるようになります。

「マイマップ」を表示し各店舗にコメントを入力

作成したマイマップを表示するには、グーグルマップの画面左上のメニューアイコンをクリックし「マイプレイス」をクリックします。

追加した各店舗にそれぞれコメントを入力することができますので、各店舗に仕入れに行った際に、その店舗の品揃えや特徴などを入力しておくと良いでしょう。

sedori-map8

  1. 画面左上の「三」のアイコンをクリック
  2. 「マイプレイス」をクリック
  3. 「マイマップ」をクリック
  4. 先ほど作成した「店舗仕入れ」をクリック

店舗がある位置に表示されているアイコンをクリックしコメントを入力します。

sedori-map9

  1. 地図上のアイコンをクリック
  2. 表示されたウィンドウ内の編集アイコンをクリック
  3. 店舗名の下のテキストボックスにコメントを入力
  4. 「保存」をクリック

これで、あなただけの店舗マップが完成です。

これから徐々に店舗の追加、削除、コメントの記載など店舗マップの精度を上げていきましょう。

参考:電脳せどり無料ツール(拡張機能)の導入【2017年最新版】初心者は仕入れ前の準備に時間をかけよう!

スマホのアプリにも店舗仕入れに使えるものが沢山

店舗仕入れに必須のスマホアプリと言えばモノレートですが、それ以外にも便利なアプリがあります。

各店舗の営業時間は限られていますので、これらのアプリを使いこなし、少しでも時間を無駄にしないように心掛けましょう。

ここでは、「Google Maps」と「ロケスマ」の2つのアプリを紹介します。

1. 「Google Maps」でいつでも店舗マップを確認

グーグルマップで作成した店舗マップは、スマホの「Google Maps」アプリでいつでも確認することができます。

操作はPCのグーグルマップと同じです。

sedori-map10

地図上に店舗の位置を表すアイコンが表示されるのは当然のこと、各店舗に設定したコメントも確認することができます。

これで印刷した地図を持ち歩く必要がなく、また時間が空いた際にも、近くの仕入れられる店をすぐに確認することができます。

2. 「ロケスマ」で周辺の店舗を確認

ロケスマは無料のスマホアプリで、「いまあなたがいる場所周辺の店舗」を検索することができる地図アプリです。

新しい仕入れ先を開拓したり、遠出して周辺にどんな店舗があるのかわからないときに非常に便利です。

「外出先でちょっとした隙間時間に周辺の店舗で仕入れる」というように、時間を効率よく使うことができます。

sedori-map11

コンビニやコインパーキング、銀行ATMなども表示されますので、店舗せどりツールとしてだけではなく、普段の日常生活でも役に立つ便利なアプリです。


Sponsored Links

関連記事

  1. blanket-testing

    店舗・電脳せどり初心者の登竜門「全頭検査」。アプリやビームを使用して効…

  2. amazon-account-suspend

    重複アカウントによるアカウント停止や削除。Amazonに問い合わせてみ…

  3. making-amazon-accounts

    アマゾン(Amazon)アカウントの作り方。購入用と出品(販売)用で一…

  4. amazon-rating

    アマゾンアカウント【出品者の評価】を増やす方法。安価な新品大量販売+評…

  5. amazon-rating-delete

    アマゾンの悪い評価を削除する方法。自己発送は直接交渉、FBA商品はテク…

  6. amazon-fba-beginner

    アマゾンFBA【初心者ガイド】。手数料(保管料)も安く、納品時や返品時…

 

最新記事一覧

  1. kakaotalk-bittrex-upbit_3
  2. kusa-coin1
  3. nem-wallet
  4. amazon-bitcoin
  5. ethereum-metropolis-period
  6. sbi-cryptocurrency-exchange
  7. lisk-update-delay
  8. encryption-currency-api
  9. bitcoin-jpmorgan
  10. myetherwallet-registration