リップルコインの購入方法を初心者にもわかりやすく解説!取り扱い取引所や通貨の特徴も紹介。

ripplecoin-how-to-buy

リップルコインは、暗号通貨の中で時価総額4位(2017年8月時点)であり、世界の金融関係会社や団体が既に参画していたり、注目をしていたりする暗号通貨(仮想通貨)です。
(1位:ビットコイン、2位:イーサリアム、3位:ビットコインキャッシュ)

しかし、「リップルコインに投資してみよう。」「リップルコインでトレードして稼ごう。」と思っても、注目されているがうえに、世の中には沢山の情報が飛び交っているため、情報を整理するのが中々、難しい状態となっています。

そこで、今回はリップルコインの購入方法をおススメの取引所から分かりやすく解説していますので、是非、参考にしてくださいね。

なお、一点だけ注意点があります。

正式名称は「リップル」であり、「リップルコイン」ではありません。

しかし、この記事では一般的に馴染みがある「リップルコイン」で説明をしくこととします。


Sponsored Links

取り扱い取引所の中では断然おススメ「コインチェック」

ripplecoin-how-to-buy5

結論から先に記載しますが、リップルコインを買うのであれば「コインチェック」が断トツにおススメです。

基本、コインチェック以外から買うメリットは、ほぼありません。

理由としては、4つあります。

  • 初心者にも優しく分かりやすいユーザーインターフェース
  • 取引量が断トツに多い
  • アルトコインの種類が豊富
  • スマホアプリがある

何と言っても、初心者にとって分かりやすい作りになっているというのが一番おススメしている理由です。

どんなにメリットがあっても操作などが分かりづらければ、イライラさせられてしまいます。

そんな状況では、折角の「投資」や「トレード」のワクワク感が台無しになってしまいますね。

そして、コインチェックは、日本では最大の取引量を誇っています。

取引所の選択をするにあたって、取引所の信用は気にしなければいけないところです。

さらに、取り扱っているアルトコインの種類も12種類と日本国内では断トツに多く、リップル以外への展開も簡単に行えます。

また、スマホアプリも無料で提供されているため、沢山の種類のアルトコインを1つの取引所で簡単に管理できるのは、嬉しいメリットですね。

もし、取引所で迷っているのであれば、コインチェック(CoinCheck)を選択しておくと、まず間違いないでしょう!

参考:コインチェックの口座開設方法や本人確認登録の流れを紹介!豊富なアルトコインが初心者にオススメ!

購入方法を初心者にもわかりやすく解説

コインチェックでのリップルコイン購入方法を解説します。

パソコンとスマホアプリの2つを説明しますので、生活スタイルに合わせて参考にしてください。

PC(コインチェック公式ホームページ)での購入方法

ripplecoin-how-to-buy1

  1. コインチェックにログインしたら、「ウォレット」を選択
  2. 「コインを買う」をクリック
  3. 「Ripple」をクリック
  4. 購入数量を入力
  5. 交換する通貨を選択
    ※日本円の他にビットコインでも購入が可能です。
  6. 支払い金額を確認
    ※桁が間違えていないかしっかり確認してくださいね。
  7. 「購入する」をクリック

これで、購入完了です。簡単ですね。

スマホ(アプリ)での購入方法

ripplecoin-how-to-buy2_2

  1. スマホアプリを起動・ログインし、画面左上のハンバーガーアイコンをタップ
  2. 「コイン購入」をタップ

ripplecoin-how-to-buy3

  1. 「BitCoin」マークをタップ
  2. 「Ripple」マークをタップ

ripplecoin-how-to-buy4

  1. 購入数量を入力
  2. 支払い金額を確認
  3. 「円で購入」または「BTCで購入」をタップ

Sponsored Links

リップルコインの特徴を紹介

ripplecoin-how-to-buy6

リップルコインとはそもそも何なのでしょうか?

リップルコインを購入するのであれば、リップルコインが何の為に作られたのかなど、最低限の知識は持っておくべきです。

そこで、最低限 知っておいてほしい情報をまとめましたので、活用してください。

リップル(ripple)とは、アメリカのリップル社が開発した法人向けの即時グロス決済システム、外国為替・送金ネットーワークのことです。

難しい言葉が並んでいますが、簡単に言うと送金システムです。

「即時グロス決済システム(RTGS)」という言葉が出てきましたが、これは、1つ1つの取引を即座に決済する仕組みのことを言います。

また、逆に、ある一定量の取引をため込んで一括で決済を行う仕組みを「時点ネット決済システム」と言います。

このリップルのネットワーク(システム)の中で使用される通貨が「XRP」です。

XRPの特徴は、法定通貨とビットコインのブリッジ通貨であるということです。

このリップルというシステムを使って円からドルへ移動させる場合、円から一旦「XRP」に変換して電子情報として移動させた後、受け取る側で「XRP」からドルに変換します。

通常なら円からドルへ変換して送金しようとした場合、数時間から数日かかるところが、間に「XRP」というブリッジ通貨を挟むことで、数秒で送金が完了してしまういます。

次に、仮想通貨の基軸通貨と呼ばれるビットコインとの違いについてみていきましょう。

違いは、大きく分けて2つあります。

  • 取引の承認方法
  • 通貨の発行方法

1つ目の取引の承認方法に関して、ビットコインの取引の承認(マイニング)には、プルーフ・オブ・ワークという仕組みが採用されています。

これは、取引を承認するために「10の20乗」回以上という途方もない回数の数学的な計算をしなくてはなりません。

参考:ビットコイン(bitcoin)のマイニングとは何か?意味と仕組みを図解で分かりやすく解説!

一方、リップルはコンセンサスシステムという仕組みを採用しています。

コンセンサスシステムで、取引を承認するためには、信頼のある承認者にて合意を得るだけで構いません。

「10の20乗」回以上の数学的な計算と承認者の合意とでは、スピードに雲泥の差があります。

この承認スピードがリップルの最大の特徴です。

また、もう一つの特徴が、発行方法です。

ビットコインは、マイニングの報酬としてビットコインを発行していきますが、リップルは、リップル社のチームとして未知のウイルスや病原体、ガンの研究開発などを行っている「World Community Grid」に参加・貢献した者に報酬が与えられます。

リップルは、通貨やシステムを利用する人だけではなく、世界中の人に貢献したいという想いが強いのでしょうか。

このようにリップルは、決済や送金など金融系の仕組みへの仮想通貨の活用を目的として作られたものですので、今後も世界の金融系企業や国家プロジェクトなどの注目の的になってくるのは間違いないでしょう。


Sponsored Links

関連記事

  1. catapult-virtual-currency

    カタパルトとは仮想通貨の高速処理技術。nem(ネム)ブロックチェーン「…

  2. ethereum-metropolis-period

    イーサリアム(Ethereum)のメトロポリスの時期は10/9の可能性…

  3. nexon-korbit

    ネクソン(NEXON)が韓国初の取引所「KORBIT」を買収!仮想通貨…

  4. cryptocurrency-tax-return_1

    仮想通貨の確定申告方法【2017年最終ver】国税庁のビットコインなど…

  5. bitcoin-jpmorgan

    JPモルガンチェース銀行は5月にZcashと提携済みにも関わらず、CE…

  6. factom-howto-buy

    ファクトム(Factom)の購入方法を紹介。将来性や発行枚数など通貨の…

 

Sponsored Links


最新記事一覧

  1. reftoken-ico_3
  2. b2bx-ico-registration
  3. blockchainlab-conference_2
  4. sbi-ico-rating
  5. swell-swift
  6. valu-howto-buy_2
  7. bitcoin-fork
  8. metamask-how-to-use
  9. cryptocurrency-biometrics
  10. cryptocurrency-tax-return_1
Sponsored Links