サラリーマン「やりがいのある仕事」とは?常に学ぶ姿勢を持ち続けることが重要。

rewarding-work

あなたは、今の仕事にやりがいを感じていますか?

もし、やりがいがないと感じているのであれば、会社自体や職種が自身に合っていない可能性があります。

しかし、どのような仕事でも考え方(捉え方)や基準が上がれば、それによって仕事への「やりがい」も変動するものです。

今の仕事に愛想をつかす前に、まずはあなた自身の考え方を見つめ直してみましょう。


Sponsored Links

サラリーマンがやりがいのある仕事とは?

そもそも、やりがいのある仕事とはどのようなものでしょうか?

多くの人がやりがいのある仕事だと感じる場面をいくつか挙げたいと思います。

お客様が喜んでくれることに繋がる仕事

rewarding-work1

おそらく多くの人がやりがいを感じる瞬間の一つとして、お客様(顧客)が喜んでくれたときが挙げられるのではないでしょうか?

どれだけ辛いことがあったとしても、お客様にサービスや物などの価値を提供して喜んでもらえたときは素直に嬉しいですよね。

逆に、お客様が喜んでくれていると感じられないときは、たとえ仕事が上手くいっていたとしても「やりがい」を感じることができないと思います。

そもそも、お客様からの声が直接届かないような職種であれば「お客様が喜んでくれる」という感覚を感じることすら難しいと言えます。

例えば、製造業のエンジニアや、IT関連のプログラマー、飲食店のキッチンなどのように社内内部で働くことが多い職種などがそうです。

しかし、このような職種の方でも、まれに、お客様からお手紙を頂けることがあり「頑張ってよかった」とモチベーションアップに繋がった経験はないでしょうか?

もし、なかなかお客さまの声を聞ける機会がない職種の方は、是非 営業担当者など直接お客様と触れ合う同僚からお客様の声を聞いてみましょう。

自分が作っているモノが、お客様にどのように思われているかを理解することで、よりお客様との距離が近づきますし、感謝の声など聞いたときには心から嬉しくなるはずです。

企業によってはアンケートやWebページなどを通じてお客様の声を収集していることもあります。

もし、そのようなデータが社内開示されている場合は、積極的に閲覧してモチベーションアップに繋げましょう。

高い目標を達成をするために「チャレンジ」ができる仕事

rewarding-work2

人は目標を達成した時に、なんとも言えない嬉しさや達成感を感じます。

これは仕事だけでなく何においてもあてはまります。

もちろん、この目標が大きければ大きいほど、より大きな達成感ややりがいを感じることができます。

例えば、登り続けることが不安になるほど険しい山にチャレンジし、山頂に達した時の達成感は最高のものです。

他にも「今まで失敗したダイエットに成功して目標体重をクリアしたとき」「絶対に合格できないと言われた大学に合格格したとき」なども同じでしょう。

人は、自分にとって難しと思える壁に向かってチャンレンジしているときに「やりがい」を感じるものです。

そしてそれを達成したときには、何事にも変えることができない達成感を味わうことができます。

  • 「こんな資格持てたらいいな〜」
  • 「交渉が上手になれたらいいな〜」
  • 「苦手なExcelを極めたいな〜」
  • 「大勢の場で緊張せずに話せたらいいな〜」

このように「いいな~」という気持ちは誰にでもあると思います。

ですが、これを「いいな~」で終わらせるのではなく、例えハードルが高くても是非すぐにチャレンジ(行動)してみてください。

達成に向けてチャレンジしているときには、必ず大きなやりがいを感じることができるはずです。

また、その内に秘めた目標をしっかりと周囲の人にアウトプット(公言)し、達成に向かって攻め続けましょう。
※目標設定のやり方は別記事を参考にしてください。(内容はアフィリエイトですが、他の目標設定にも応用できます)

参考:アフィリエイトでなぜ成功したいのか「目的」を明確しよう。ゴール意識し細分化した目標設定が重要!

目標は、外に明示する事によって、その達成確率が5倍以上になると言われています。

また、目標に向かってチャレンジしているときの「やりがい」、目標を達成したときの「達成感」もさらに大きくなるはずです。


Sponsored Links

結果が報酬に繋がる仕事

rewarding-work3

結果(会社に利益をもたらす)が報酬アップに繋がりやすい仕事も、多くの人がやりがいを感じやすい仕事ではないでしょうか?

サラリーマンの方で、給与が上がってやりがいを感じない人は基本的にいないと思います。

給与の金額が増えたこともそうですが、会社から認められたことが何よりも嬉しく感じますよね。

人は、常に誰かに褒められたい認められたいと心の中で感じているものです。

褒められたり認められたときには、この上ない喜びを味わうことができます。

とくに、ベンチャー企業の社員や保険の営業マンなど、結果がコミッションへ大きく影響するような仕事であれば、燃えない人ははずはないと思います。

「会社に利益をもたらせば、それが報酬として返ってくる。逆に、利益が上がらなければ給料は少額しか貰えない。」

このようなギリギリの戦いをしている職業の方は、定期昇給が決まっているサラリーマンよりもやりがいが大きいでしょう。

責任が大きい仕事

rewarding-work4

「立場が人を変える」とよく言いますが、本当にその通りだと思います。

それまで大きな仕事を任されたことがない人でも、プロジェクトリーダーになった途端に「人が変わった」なんてことはよくある話です。

また、部下の教育をする立場になれば、あなたの指導が部下の成長スピードに関わるため責任は重大です。

参考:部下の教育で意識する事は「教える」ではなく「育てる」。指導ポイントは失敗を経験させて学ばせること。

周囲からの期待を背負っていると感じると、認められているという喜びを感じることができる反面、それまでになかったようなプレッシャーを感じることでしょう。

「なんとか期待に応えたい」と、これまで仕事に対して熱意がなかった人でも、やりがいを強く感じることができるはずです。

あなたがもし、いつまでも同じ仕事を任されている状況であれば、仕事に対してのモチベーションが下がり気味かもしれません。

そんな時は、現状に満足するのではなく自ら声を挙げましょう。

「私は、○○の理由で△△の仕事をさせて頂きたいと思ってます。是非、ご検討お願致します。」

あなたが、このように本気で言えるくらい仕事を頑張っており、会社に貢献している自負があれば、きっと会社はあなたの声に耳を傾けてくれるはずです。

そして、ここぞというときにあなたにチャンスが回ってくると思います。

参考:イエスマンこそが会社組織を強くする。管理職の役割と責任は「自我を捨て社長の決定を迅速に実行する」こと。

仕事をする上で常に学ぶ姿勢を持ち続けることが重要

rewarding-work5

あなたは、ここまでの記事を読んでいるということは、仕事に対して前向きに捉えている方でしょう。

おそらく、やりがいのある仕事探している人か、現状に満足していない人だと思います。

もし、あなたがサラリーマンであれば日々感じていることだと思いますが、多くの人はただ日常業務を淡々とこなすだけの毎日を繰り返しています。

「とりあえず仕事をこなすだけで給料がもらえるから」

「別に勉強しなくても給料がしっかり貰えるし」

このような基準が低い同僚も多いかと思います。

多くの人は、仕事を給料だけで選択しお金のためにだけに働いているのです。

しかし、あなたはそのような低い基準で仕事をしている人に流されてはいけません。

仕事をする上で本当に大切なことは「常に学ぶ姿勢を持つこと」です。

絶えず変化して世の中で、その環境に自分も合わせて変化していかなければ衰退していくだけです。

たとえ仕事が上手くいっていたとしても、傲慢になることなく自分の不足しているところを認めてください。

現状を認めることで傲慢な考えがなくなり、次のステージに向けての学ぶ姿勢に繋がるのです。


Sponsored Links

関連記事

  1. yesman-manager

    イエスマンこそが会社組織を強くする。管理職の役割と責任は「自我を捨て社…

  2. worker-personality

    仕事ができる人の特徴や性格の共通点は?前向きな口癖を習慣にすればセルフ…

  3. reciprocation-principle-love

    返報性の原理(法則)を「恋愛事例」でわかりやすく解説。心理学の習得はビ…

  4. subordinate-person-education

    部下の教育で意識する事は「教える」ではなく「育てる」。指導ポイントは失…

 

最新記事一覧

  1. kakaotalk-bittrex-upbit_3
  2. kusa-coin1
  3. nem-wallet
  4. amazon-bitcoin
  5. ethereum-metropolis-period
  6. sbi-cryptocurrency-exchange
  7. lisk-update-delay
  8. encryption-currency-api
  9. bitcoin-jpmorgan
  10. myetherwallet-registration