ポロニエックス(Poloniex )LISKなど9つの仮想通貨が取引禁止!日本人ユーザーに与える影響は?

poloniex-suspended-trading00

Sponsored Links

今回、ポロニエックス(Poloniex )で複数の通貨が取引禁止になることが明らかになりました。

その中には日本のコインチェックでも取り扱われているLISKも含まれています。

ここではポロニエックスで取引禁止になるコインとその原因や日本人ユーザーに与える影響などについて解説していきます。

なお、こちらはYouTubeでも詳しく解説していますので、是非、ご覧下さい。

ポロニエックスで9種類の仮想通貨が取引禁止

poloniex-suspended-trading01

今回、ポロニエックスで取引禁止になるのは以下、9つの仮想通貨です。

  1. アーダー(ARDR)
  2. バイトコイン(BCN)
  3. ディークレット(DCR)
  4. ゲームクレジット(GAME)
  5. ガス(GAS)
  6. リスク(LSK)
  7. ネクスト(NXT)
  8. オムニ(OMNI)
  9. オーガー(REP)

取引が禁止になるのは2019年5月29日金曜日16:00(UTC)です。

なお、今回取引が禁止になるのは米国を拠点とするユーザーのみで、米国外のユーザーは引き続き取引が可能です。


Sponsored Links

取引禁止の理由

poloniex-suspended-trading02

今回、9つの仮想通貨が取引禁止になった理由についてポロニエックスは米国の規制当局が有価証券とみなす可能性があるとして、停止の目的を「米国市場における規制が不明確であるため」と述べています。

同時に「これらの資産の力と可能性を信じている。そして、米国と世界中の暗号資産のための積極的な政策と規制の発展を支援することに時間と労力を費やし続けるだろう」とも述べていることから、今後も状況によっては取引禁止になる仮想通貨が出てきそうです。

日本人ユーザーに与える影響

poloniex-suspended-trading03

今回、取引禁止になった仮想通貨の中に、日本の取引所コンチェックで購入でるLISKが含まれています。

今回の発表を受け、LISKは一時価格を大きく落としましたが現在は徐々に価格を戻しつつある状況です。

しかし、実際に取引禁止になる2019年5月29日前後にはまた大きな動きがある可能性があります。

もちろんどうなるかはわかりませんが、すでに含み益が出ている人は早めに一部利確しておくのもありかもしれませんね。


Sponsored Links

関連記事

  1. crypto-2017-2018-rateup

    仮想通貨上昇率ランキング【2018年1月最新版】2017年一年間を時価…

  2. BlockFi(ブロックファイ)仮想通貨を担保に年利6%を運用できるB…

  3. ethereum-parity-bug

    イーサリアムがパリティ(Parity)のバグにより約300億円凍結!原…

  4. nem-catapult-2-0

    NEM(ネム)カタパルトトークン(Catapult)の受け取り方法と上…

  5. pgc-cryptocurrency

    PGC(フィリピングローバルコイン)という仮想通貨が話題!日本企業「デ…

  6. swell-swift

    SWELL(スウェル)のアジェンダ【徹底解説】リップルがSwift(ス…