ペーパーウォレットとは仮想通貨の安全性の高い保管方法。入出金や作り方とおすすめの使い方を紹介。

Paper-wallet15

仮想通貨には、「ハードウォレット」・「ウェブウォレット」・「デスクトップウォレット」・「モバイルウォレット」・「ペーパーウォレット」など、さまざまな種類のウォレットがあり、どのウォレットがいいのか迷ってしまうと思います。

その中でも、今回は、安全性が極めて高い、「コールドウォレット」の中の「ペーパーウォレット」について解説していきますね。


Sponsored Links

ペーパーウォレットとは

Paper-wallet12

ペーパーウォレットとは、その名の通り、紙の媒体を使用しており、「ウォレットアドレス」と「秘密鍵」を「紙に印刷」して保管します。

紙なので、あまり信用できないかもしれませんが、実は、セキュリティーはかなり高いです。

その理由は、ペーパーウォレットの場合、インターネットに繋ぐのは、ペーパーウォレットを作成する時と、出金時に秘密鍵を読みこませる時だけだからです。

通常、ハッキング被害に会うのは、インターネットに繋いでいるときなので、この時間が少ないほうが、被害を回避できやすいと言えます。

ただ、紙に印刷しますので、保管の仕方が雑になったり、どこに保管したのかを忘れてしまったりすると、本末転倒になってしまうので、気を付けましょうね。

さまざまな特徴

ペーパーウォレットのメリットは、

  • お金がかからない(無料)
  • 手軽に作成できる
  • 安全性が高い
  • 実物として保管できる

これらのことがあげられます。

その中でも、お金がかからない、かつ、手軽に作成できるのが、人気の理由といえますね。

また、作成方法は後ほど解説しますが、とても簡単で ペーパーウォレットを作成できるサイトに行き、コピーするだけです。

安全性が高いことは先ほどお伝えした通りで、ハッキング被害も回避しやすいです。

また、仮想通貨はバーチャルな通貨のため、通貨からウォレットに至るまですべて実態がありません。

その点、ペーパーウォレットは、目に見えて、触ることもできるので、実物として保管できるウォレットで、安心感がありますね。

一方で、ペーパーウォレットのデメリットは、

  • 紙の劣化
  • インクの滲み・薄れ
  • 災害
  • 入出金時の煩わしさ

これらのことがあげられます。

紙に印刷をしているだけなので、経年劣化による紙の腐食や、インクの薄れや滲みは、年を重ねるごとに必ず起きることなどで、印刷する時は、予備にもう1枚はコピーした方がいいでしょう。

また、ペーパーウォレットが、火事で燃えてしまったり、水や汗がインクにつき、読み取り不能になる可能性があることも、紙ならではのデメリットですよね。

ここで、ウォレットならではの、入出金時の煩わしさが苦になる方もいるでしょう。

手順は、後ほど紹介しますが、出金時は、毎回、別のウォレットに秘密鍵を読み込ませるという手続きが必要になるため、たくさんトレードをする人には向いていないと言えます。

その反面、長期間のガチホなら紙の劣化などは気になりますが、手続きの煩わしさは1回だけなので、それほど気にならないといえるでしょう。

ペーパーウォレットの作り方と入出金方法

Paper-wallet13

実際に、ビットコインのペーパーウォレットの作り方や、入金・送金の仕方を解説していきます。

外部リンクアイコンペーパーウォレット作成サイトはこちら

Paper-wallet1

上記のペーパーウォレット作成サイトを表示し、「マウスを動かす」もしくは「数字の下の枠に文字を入力」すると、ゲージの数字が増えていき、100%になると終了します。

また、画像の「←」の所は、マウスでの100%ではなく、「数字の下の枠に文字を入力」の説明です。

Paper-wallet34

100%になったら、ペーパーウォレットのアドレスと秘密鍵が作成されます。

上図の左側の「SHARE」が今回作成したビットコインアドレス、右側の「SECRET」が今回作成した秘密鍵です。

そして、ビットコインアドレスは、入金するときに必要になるので、コピーをとっておきましょう。

また、秘密鍵をなくすと、保管しているビットコインが取り出せなくなりますので、秘密鍵は絶対になくさないようにしましょう。

また、秘密鍵が第三者に漏れると、保管しているビットコインを盗まれますので、第三者に見られないように管理してください。

右上の「Print」をクリックすると、印刷できるので、貸金庫などに保管しておくとよいでしょう。

Paper-wallet29

このペーパーウォレットは、先述で紹介したペーパーウォレットと同じですが、先ほどのウォレットは、印刷すると1枚のA4の紙で、こちらは、ハサミで切っておりがみみたいに折っていくとサイフの形になります。

それでは、作り方を説明していきますね。

まずは、「Paper Wallet」をクリックし、ビットコインアドレスと秘密鍵のパスワードをコピーしておきます。

この方法も先述したものと同様、秘密鍵をなくすと、保管しているビットコインが取り出せなくなりますので、秘密鍵は絶対になくさないようにしましょう

印刷は、右上の「Print」をクリックします。

Paper-wallet33

パスワード付きのペーパーウォレットを作りたい場合は、

  1. 「PaperWallet」をクリック
  2. 「BIP38Encript?」にチェック
  3. 「Passphrase」に任意のパスワードを入力
  4. 「generate」をクリック

任意のパスワードは、あなたしか知らないため、秘密鍵同様に、絶対に失くさないようにしてください。

そして、ビットコインアドレスは、入金するときに必要になるので、コピーをとっておきましょう。

印刷は、右上の「Print」をクリックします。

取引所からペーパーウォレットへ入金する方法

Paper-wallet32

ペーパーウォレットへ入金する方法は、他の取引所やウォレットに送金するときと同じで、送金元で、ペーパーウォレットのビットコインアドレスを指定して送金します。

例えば、ビットフライヤーからペーパーウォレットへ送金する手順は、以下の通りです。

  1. 「入出金」をクリック
  2. 「BTCご送付」をクリック
  3. ラベルに送金先を入力
  4. →わかりやすい名前を入力しておきましょう。

  5. ペーパーウォレットの「ビットコインアドレス」を入力
  6. →「追加する」をクリックして、一旦登録します。

  7. ビットコインの数量を入力
  8. 「ビットコインを外部アドレスに送付する」をクリック

ペーパーウォレットのビットコインアドレスは、ペーパーウォレットを作成したときにとったコピーをペーストしてください。

Bitcoin.comを使用してペーパーウォレットから出金

Paper-wallet30

Paper-wallet29

ペーパーウォレットだけでは、ビットコインを出金できないため、何らかのウォレットアプリを使う必要性があります。

ここではスマホアプリのBitcoin.comを例にあげて解説していきます。

外部リンクアイコンBitcoin.comのインストールはこちら

ペーパーウォレットからビットコインを出金(他の取引所やウォレットに送金)する場合は、Bitcoin.comに秘密鍵をインポートします。

Bitcoin.comではパソコン版とスマホ版がありますが、これがスマホ版ですと、秘密鍵のQRコードを「パチッ」と読み取るだけで、インポートが完了してしまいます。

準備するものは、

  • ペーパーウォレット
  • スマホアプリのBitcoin.com

Bitcoin.comアプリを起動し、「スキャン」をタップして、ペーパーウォレットの秘密鍵のQRコードを読取ります。

そして、「ペーパーウォレットの全残高インポート」をタップすると、秘密鍵のインポートが完了するので、後は、Bitcoin.comの通常の出金手順と同じです。


Sponsored Links

おすすめの具体的な使い方

Paper-wallet14

ペーパーウォレットは仮想通貨を長期保存するためのウォレットですが、オススメの使い方として、以下の3つがあります。

リスク分散

ペーパーウォレットは1回1枚の使い捨てがおすすめです。

なぜなら、インポートする際に、ネットワークに繋げることになりますが、1度ネットワークに繋げると、ハッキングされる可能性があるからです。

また、ペーパーウォレットは簡単に複製することができるので、複数の箇所で保管するようにしましょう。

そうすることにより、1つの保管場所が天災などで危害を受けても、他の場所のウォレットで通貨を取り出すことができます。

セルフGOX対策

ペーパーウォレットは、実物として保管できますので、セルフGOX対策としても使うことができます。

例えば、仮に あなたが急に亡くなったとしましょう。

この場合、他のウォレットであれば、「パスワードが本人しかわからず、残された家族が、あなたのウォレットの中の通貨を取り出せない」というような状況になる可能性があります。

また、ウェブウォレットやデスクトップウォレットなどの場合は、実物(実体)がありませんので、そもそもあなたが通貨を保有していたことすら気づかない、ということもあるでしょう。

そのような状況では、あなたが保有していた通貨は永遠にGOXしてしまうことになりますね。

その点、ペーパーウォレットを金庫などに入れておけば、紙として保管されていますので、残された家族は、あなたが通貨を保有していたことに気づきますし、仮想通貨に詳しい人に渡せば、中の通貨を取り出すことも出来るでしょう。


Sponsored Links

関連記事

  1. gmocoin-registration

    GMOコインで口座開設(登録)し仮想通貨のFXトレードで稼ごう!使い方…

  2. ledger-update

    Ledger Nano S(レジャーナノS)のアップデート方法。更新で…

  3. crypto-2017-2018-rateup

    仮想通貨上昇率ランキング【2018年1月最新版】2017年一年間を時価…

  4. hitbtc-registration

    HitBTCの口座開設(登録方法)を紹介。本人確認不要で入金・送金制限…

  5. cryptocurrency-tax-return_1

    仮想通貨の確定申告方法【2017年最終ver】国税庁のビットコインなど…

  6. binance-registration

    Binance(バイナンス)取引所の登録方法(口座開設)や使い方を解説…