Paccoin(PAC)の買い方と購入できる取引所を紹介!「第二のXP」と言われる仮想通貨の特徴を徹底解説。

paccoin-Howto-buy

Paccoin(シンボル:PAC)が、話題になっていますね。

この仮想通貨については、「中身がない!」という意見もあれば、「第二のXPになる!」という意見もあり、ネット上で、賛否両論あります。

そこで、今回は、今注目されているPaccoinは、どのような特徴があるのか、買い方も含めて徹底解説していこうと思います。


Sponsored Links

「第二のXP」と言われる仮想通貨の特徴

(36秒の紹介動画。音声が出ます。)

Paccoin(パックコイン)は「仮想通貨の基軸通貨を目指す!」という志を持って、活動している通貨です。

2018年1月現在では、ホワイトペーパーもロードマップも提供されていない「草コイン」ですが、2017年12月にプロジェクトチームが一新され、2018年3月には画期的な仮想通貨に生まれ変わろうとしている注目のコインでもあります。

そこで、Paccoinの特徴をいくつか、紹介していきます。

仮想通貨全てに言えることですが、噂や公開されている内容が、全て確実に実施されるかどうかは分かりませんので、購入については、各自の自己責任でお願いします。

ただし、宝くじなどを購入するよりかは、明らかに資産が増える可能性は高いと思っています。

「夢」に投資するという気持ちがある方は、余裕資産内での分散投資の1つとして考えては如何でしょうか。

仮想通貨やプロジェクトとしての魅力

この章の始めに説明したように、現時点では、ホワイトペーパーもロードマップも正式に公開されていません。

しかし、2017年12月にプロジェクトチームが一新され、かなり活力的にスピーディーな開発が推進されているようで、実際、1月には、公式サイトがリニューアルされていますし、公式サイトに続き、PACユーザー向けのポータルサイトも公開予定とのことです。

さらに、2018年2月には、ロードマップが公開、2018年3月には、ハードフォークが行われ、新しいウォレットも発表になるとのことです。

ハードフォークの詳細は、

  • 発行枚数が、3兆枚 → 1000億枚に減少
  • トランザクションスピードが向上
    ※噂では、リップルと同等 または それ以上と言われています。
  • スケールの改善によって、取引の利便性が向上
  • 匿名の切り替えが可能
  • マイニング手法がPol

1つずつ上から説明していこうと思います。

まず1つ目ですが、発行枚数が約30分の1に減少します。

世の中に出回る枚数が30分の1になるということは、単純に考えると、コイン1枚の希少価値が30倍に上がるということになります。

また、2つ目から4つ目については、さすがビットコインに変わりに「仮想通貨の基軸通貨を目指す!」と言っているだけあって、現在のビットコインの弱い「承認速度」「スケーラビリティ」「匿名性」をカバーするような仕様になっていますね。

そして、最後が「マイニングがPolになる」ということです。

Polは、プルーフ・オブ・インポータンス(Proof of Importance)の略で、富の再分配と言われるNEM(ネム)と同じマイニング手法です。

処理能力(PoW)や所有量(PoS)ではなく、どれだけ取引を行って、通貨の流通に貢献したかを表す重要度(Pol)が基準となります。

PoSもそうですが、電力をあまり消費しないので、今現在中国で問題になっている環境への影響は、小さいと考えることができます。

実際に、何処まで達成されるのかは分かりませんが、実現すれば、かなり有効な通貨になりますね。

コミュニティが熱い

paccoin-Howto-buy5

「モナコイン」もそうですし、「XP」もそうですが、コミュニティが熱い通貨は、基本的に底力が強く、価格が上昇しやすい傾向にあります。

Paccoinの日本公式コミュニティは、1月2日に立ち上がりましたが、3日間で3000人を突破したそうです!

さらに、公式ツイッターのフォロワー数も20000人を超えており、コミュニティの熱さが伺えます。

コミュニティは「discord」で作られていますので、興味のある方は、以下からアクセスしてください。

外部リンクアイコンPaccoinコミュニティの参加はこちらから

また、discord自体のインストール方法については、以下のXPの記事で紹介していますので、そちらを参考にしてください。

参考:XP(仮想通貨)の買い方とコミュニティへの参加方法。価格が安い草コイン購入で夢を追おう!

まだまだ、コインが安い

paccoin-Howto-buy6

2018年1月13日現在は、1PAC = 0.013円と非常に買いやすい価格です。

よく比較対象にされる「XP」も2017年12月17日時点では、0.013円と今のPACコインと同じくらいの価格でした。

XPは、1ヵ月経った現在は、0.3円まで上昇していますので、もし、XPと同じ道を通るのであれば、今から30倍程度にはなる可能性を秘めているということになりますね。

また、Paccoinは、2018年の年初に0.035円まで一度上昇しており、注目度が高いことは証明済みです。
※0.035円から価格が下落した原因については、この記事の後半で考察しています。

なので、下落している今が「買い時」と言えるかもしれませんね。

取り扱い取引所が少ない

paccoin-Howto-buy2

Paccoinの特徴として、今は取り扱い取引所が少ないということもあげられます。

「取り扱い取引所が少ないのは、デメリットでは?」と考える方もいると思いますが、今時点では、その考え方が正解です。

ただし、BINANCEなどに上場している草コインの価格を考えてください。

軒並み暴騰していますよね。

つまり、将来を考えると、それだけ、高騰する可能性を秘めていると考えることもできます。

また、アルトコインエクスチェンジという取引所の投票では、投票数1位を獲得しています。

アルトコインエクスチェンジでは、投票数より、Comments数を重視するという意見もありますので、本当に上場するのかは不明ですが、どちらにせよ、注目されていることには、間違いありませんね。

また、BINANCEへの上場署名活動など、取引所上場に対しても積極的に活動されています。

マイニングで報酬が毎月もらえる

paccoin-Howto-buy7

他の通貨でもありますが、Paccoinも指定のウォレットに入れておくことによって、報酬が貰えます。

大体、30日で7%~9%の報酬がもらえるようです。

ウォレットは、Paccoinの公式サイトから入手できますので、興味のある方は、実施されてみては如何でしょうか。

外部リンクアイコンPaccoin公式サイトはこちら

なお、3月1日のハードフォークで、Polへマイニング手法が変わりますが、それ以降、どうなるのかは、今時点では不明です。

新ウォレットの発表もあるとのことですので、Pol用のマイニング(ハーベスティング)が発表されるのかもしれませんね。


Sponsored Links

Paccoin(PAC)が下落した理由について考察

paccoin-Howto-buy8

Paccoinは、2018年年始の上昇後、一気に暴落したため「もう終わった」などの話をよく耳にします。

そこで、暴落した理由について、考察してみました。

主要取引所が取引停止

少し前まで、Paccoinの主要取引所として利用されていたのが「cryptopia」でした。

しかし、2018年年始に取引が集中したため、対処できなくなり、Paccoinの主要取引通貨であった「LiteCoin」と「DogeCoin」の取り扱いが閉鎖されてしまいました。

今現在もBitcoinとPaccoinの取引は、行われています。

ただし、BitcoinとPaccoinでは、価格差がありすぎるため、最低通貨単位のsatoshiでしか対応できません。
※1satoshiで購入するか2satoshiで購入するかというように、1つの売買単位が大きすぎます。

そのため、事実上、取引が困難な状態となっています。

この件で、暴落したのであれば、通貨の問題ではなく、ただ単に、取引所が対応できなくなったため、という理由になりますね。

また、この後にも説明しますが、Paccoinを取り扱っているのは、cryptopiaだけではありませんし、「LiteCoin」と「DogeCoin」の取り扱いの再開を目指して環境を整えているとの噂もあります。

公式を装った詐欺が発生

PaccoinのマーケットチームがツイッターのIDを変更した際、誰かが、古いIDを利用して、不正確で誤解を招くような情報を投稿して詐欺行為を行ったとされています。

明確な方針がない

この原因については、ホワイトペーパーもありませんし、ロードマップも公開されていませんので、現時点では否定が出来ない事実かと思われます。

この件が理由で暴落したのかを判断するには、2月のロードマップ発表や3月のハードフォークの結果次第となるでしょう。

ただし、もし、ここで明確な有力な情報が発信されるようなことがあれば、価格も大きく上昇することになるでしょう。

買い方と購入できる取引所を紹介

2018年1月13日現在で、現実的に、Paccoinを売買できる取引所は「Yobit」のみです。

取引高の規模からすると、cryptopiaと同じくらいの取引所ですね。

Paccoinは、Yobitで主要通貨となっている「BTC」「ETH」「DOGE」「WAVES」「USD」「RUR」の6つと交換できますが、一番取引量が多く、通貨単位の金額差が小さい「DOGE」との交換を、おススメします。

Paccoinを購入するためには、まず「Yobit」に登録する必要がありますので、以下の記事から新規登録をおこなってください。

参考:Yobitの登録方法と使い方を解説!InvestBoxやフリーコインなど取引所特有のサービスも一緒に紹介。

  1. Yobitへログイン後、交換する主軸通貨を選択
    ※例では「dogecoin」を選択しています。
  2. 検索窓で「PAC」を検索
  3. 一覧から「PAC」を選択
  4. 購入量を入力
  5. 購入単価を入力
  6. 「Buy」をクリック

「Buy」をクリックすることにより、買い注文を出すことが出来ます。

暫く待ち、約定すると購入完了です。


Sponsored Links

関連記事

  1. freebitcoin-howtoplay

    フリービットコインの遊び方や登録方法。ゲームの使い方とボーナス攻略での…

  2. bitcoin-dominance

    ビットコインドミナンスとは?仮想通貨全体でのアルトコインに対する時価総…

  3. imtoken-registration

    imTokenの登録方法と使い方。仮想通貨ウォレットのスマホアプリでイ…

  4. erc-20-token1

    ERC20トークンとは仮想通貨のICOで使われる規格!NEMのmosa…

  5. dex-exchange

    分散型取引所とは?DEX(仮想通貨)の仕組みや主なメリットとデメリット…

  6. cet-token-chart

    CET(仮想通貨)のチャートと価格推移を紹介。CoinEx独自トークン…