【2019最新版】(新)MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の使い方。カスタムトークンの追加や送金方法など徹底解説!

myetherwallet-new00

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)がバージョンアップされました。

ここではバージョンアップされたMyEtherWalletの使い方や、カスタムトークンの追加方法、送金方法などについて詳しく解説していきます。

【追記】
アップデートされる前のマイイーサウォレットの使い方についてはこちらの記事をご確認下さい。

なお、こちらはYouTubeでも詳しく解説していますので、是非、ご覧下さい。


Sponsored Links

ウォレットの新規作成

myetherwallet-new01

MyEtherWalletの登録(作り方)は非常に簡単です。

また日本語表示もできますので、まず日本語表示に切り替えてから登録するといいでしょう。

それでは実際に登録しますので、公式サイトを表示してください。

外部リンクアイコンMyEtherWallet公式サイトはこちら

【注意!】
PCの場合は、ハッキング対策として、HTMLファイルをダウンロードして使用する方法もあります。
ダウンロードして使用する方法についてはこちらをクリック

By Keystore Fileで登録

myetherwallet-new02

  1. 「By Keystore File」を選択
  2. 設定したいパスワードを入力
  3. →最低9文字以上ですが、英数記号3種類を入れて32文字以上推奨

  4. 「進む」をクリック
  5. 「キーストアファイルをファイルダウンロード」をクリック
  6. 「Access My Wallet」をクリック

暗号化フレーズで登録

myetherwallet-new04

  1. 「暗号化フレーズ」を選択
  2. 設定したいパスワードを入力
  3. →最低9文字以上ですが、英数記号3種類を入れて32文字以上推奨

  4. 「進む」をクリック
  5. 暗号化フレーズを書き留める
  6. 「私の記憶の言葉を書き留めた」をクリック
  7. 暗号化フレーズを入力する
  8. 「Verify」をクリック
  9. 「ウォレットをアンロック」をクリック

MyEtherWalletの使い方(ログインと送金、入金方法)

MyEtherWalletはウォレット(財布)ですので、基本的な操作は以下の3点です。

  • ウォレットにログイン
  • 入金アドレスや残高の表示
  • ウォレットからの送金

それでは順に説明していきます。

ウォレットにログイン

myetherwallet-new06

ウォレットにログインする方法は、「Keystore File」「暗号化フレーズ」「秘密鍵」の3つの方法があります。

秘密鍵はバージョンアップされる前のMyEtherWalletで作成できますので、ここでは割愛します。

どれでログインしても同じですので、都合のよいほうを選んでください。

Keystore Fileでログイン

myetherwallet-new03

  1. 「Keystore File」を選択
  2. 「続ける」をクリック
  3. ファイルを選択して開く
  4. パスワードを入力
  5. 「マイウォレットへアクセス」をクリック

暗号化フレーズでログイン

myetherwallet-new05

  1. 「暗号化フレーズ」を選択
  2. 「続ける」をクリック
  3. 暗号化フレーズを入力する
  4. 「続ける」をクリック
  5. パスワードを入力
  6. 「続ける」をクリック
  7. 「マイウォレットにアクセスするために以下を許容する」にチェックを入れて「マイウォレットへアクセス」をクリック

Sponsored Links

入金アドレスや残高の表示

myetherwallet-new07

ウォレットのアドレスは画面中央部の右上に表示されています。

入金する場合は、このアドレスをコピーして送金元に入力してください。

このアドレスは、このMyEtherWalletが対応している全通貨で共通です。

つまり、イーサリアムクラシックや、他の対応しているトークンなども同じアドレスで入金できます。

保有残高は、画面中央上部に表示されています。

画面右側にこのウォレットが対応している全トークンと保有残高が表示されます。

ウォレットからの送金

myetherwallet-new08

  1. 「タイプ」から送金する通貨を選択
  2. 「量」に送金する通貨の数量を入力
  3. 「宛先アドレス」に送金先のイーサリアムアドレスを入力
  4. 「トランザクションを送る」をクリック
  5. 「Confirm and Send」をクリック
  6. Succeedが表示されたら「Okay」をクリック

【注意!】
ERC20トークン(ICOなどで購入したトークン)を送金する場合は、送金手数料分のイーサリアムを同じウォレットに入れておく必要があります。
このとき必要な送金手数料は、送金時に指定する「ガスリミット(UNITS)」 * 「ガス価格(GWEI)」 * 0.000000001 ETHです。
例えば、ガスリミット 21000(UNITS)、ガス価格 21(GWEI)で送金する場合の送金手数料は、0.000441ETHとなります。
予め、イーサリアムを入金しておきましょう。

ICOへの送金時など、ガスリミットが指定されている場合は、それに従って変更してください。

なお、ガスリミットの詳細については、以下の記事を参考にしてください。

参考:ガスリミット(Gas Limit)とはイーサリアムの手数料の設定。ガス価格(Gas Price)を上げて送出失敗を防止!

またデータの追加が必要な場合は、「上級: ガスあるいはデータを追加してください」をクリックして、ICO運営側からの指示に従ってデータの追加を行ってください。

「トランザクショを生成」をクリックすると、「トランザクションの送出」が表示されますので、再度クリックします。

最後にもう一度警告メッセージが表示されますので「はい、確かです。処理を実行します」をクリックします。

これで、送金処理は完了です。

宛先アドレスを間違えると、コインが消失しますので十分注意してください。

IOCトークンの受け取り方法

ICOトークンの受け取りにはカスタムトークンの設定が必要です。

ここではALBOSトークンの受け取りを例に説明していきます。

こちらについては動画でも解説していますので、是非、ご覧下さい。

カスタムトークンの追加方法

newconnect60

  1. 「+カスタムトークン」をクリック
  2. Token Contract Addressを入力
  3. Token Symbolを入力
  4. Decimalsを入力
  5. 「保存」をクリック

追加したいトークンの情報はこちらからお調べ下さい。

カスタムトークンの確認方法

newconnect61

トークンが追加されました。

安全にMyEtherWalletを利用するために

MyEtherWalletを安全に利用するために、現在はMEWconnect(マイイーサウォレットコネクト)やレジャーnanoS、メタマスクとMyEtherWalletを連動させるのが推奨されています。

MEWconnect(マイイーサウォレットコネクト)の使い方はこちらの記事を参照
レジャーnanoSの使い方はこちらの記事を参照
メタマスクの使い方はこちらの記事を参照


Sponsored Links

関連記事

  1. dapps-ethereum00

    dApps(ダップス)とは?イーサリアム取引量が過去最大を記録。ゲーム…

  2. shield_exchanges_2

    SHIELD(XSH)の取扱い仮想通貨取引所と買い方を紹介!話題のVE…

  3. markspace-ico

    Mark Space(マークスペース)のicoの登録。仮想通貨(MRK…

  4. kakaotalk-bittrex-upbit_3

    カカオトークが韓国最大級の取引所「UPBIT」を10月に開設!Bitt…

  5. crypto-2017-2018-rateup

    仮想通貨上昇率ランキング【2018年1月最新版】2017年一年間を時価…

  6. hitbtc-registration

    HitBTCの口座開設(登録方法)を紹介。本人確認不要で入金・送金制限…