MetaMask(メタマスク)の使い方。chromeで使える定番walletに送金してico参加やトークン管理をしよう!

metamask-how-to-use

イーサリアムのウォレットと言えば、MyEtherWallet(マイイーサウォレット)が有名ですが、もっとお手軽で扱いやすいイーサリアムウォレットがあります。

「MetaMask(メタマスク)」と呼ばれているウォレットで、なんとChromeブラウザのプラグインとして動作するのです!

もちろん、Chrome上でしか使えませんので、他のブラウザ、例えば Microsoft Edgeや、Firefoxなどを使っている人は、この機会にChromeもインストールしてしまいましょう。

また、ICOによっては「MyEtherWalletでないとダメ」や、逆に「MetaMaskでないとダメ」というものもありますので、両方持っておくと便利ですね。

MetaMaskには、秘密鍵をインポートする機能もありますので、いま使っているMyEtherWalletの秘密鍵をインポートすると、MetaMask上でMyEtherWalletのウォレットにもアクセスできますよ。

他にも、

  • ブラウザウィンドウの右上で動作するので作業がラク
  • 新しいイーサリアムアドレスの生成が簡単
  • 複数アドレスを1つのウォレットで管理可能
  • EtherDelta(イーサデルタ)取引所を使うときは必須

など、メリットがたくさんありますので、この機会に是非作っておきましょう。


Sponsored Links

MetaMask(メタマスク)をChromeに追加する方法

メタマスクはChromeブラウザのプラグインですので、まずはプラグインをインストールするところからはじめます。

Chrome以外のブラウザでは、メタマスクは使えませんので、注意してくださいね。

まず、下記のリンクからメタマスクの公式サイトを表示します。

外部リンクアイコンメタマスクの公式サイトはこちら

MetaMaskのインストール

metamask-how-to-use2

メタマスクの公式サイトを表示したら「GET CHROME EXTENSION」をクリックします。

metamask-how-to-use2-1

  1. MetaMaskが表示されるので「+ CHROMEに追加」をクリック
  2. 「MetaMaskを追加しますか?」と表示されるので「拡張機能を追加」をクリック

これでChromeのプラグインのインストールが完了しました。

ブラウザの上部に狐マークのアイコンが表示されますので、それをクリックします。

このアイコンをクリックすることで、MetaMaskが起動します。

metamask-how-to-use3

  1. 狐マークのアイコンをクリック
  2. 表示内容を確認して「Accept」をクリック
  3. 下へスクロールし、表示内容を確認して「Accept」をクリック

次にMetaMaskのパスワードの設定画面が表示されます。

大事なコインを管理するウォレットですので、半角英数記号を合わせて最低でも32文字以上のパスワードを設定しておきましょう。

metamask-how-to-use4

  1. 設定するパスワードを入力
  2. 「CREATE」をクリック
  3. 表示されているSEED情報(12個の英単語)を控える
  4. →パスワードと同じくらい重要

  5. 「I’VE COPIED IT SOMEWHERE SAFE」をクリック

このSEED情報は、このウォレットが何らかの原因により紛失した場合(アクセスできなくなった場合)に、ウォレットを復元するためのものです。

絶対に第三者に漏れないように、大切に保管してください。

画面一番下の「SAVE SEED WORDS AS FILE」をクリックすると、このSEED情報がテキストファイルとして保存することができますよ。

SEED情報を使ってウォレットを復元する場合は、起動画面にある「Restore from seed phrase」をクリックして、12個の英単語を入力してください。

ウォレット名の変更

MetaMaskは複数のウォレットを作成できますので、今回作ったウォレット名を変更しておきましょう。

metamask-how-to-use5

  1. ウォレット名(「Account1」)の上くらいにマウスカーソルを移動
  2. 「edit」と表示されるので、それをクリック
  3. ウォレット名を変更して「Save」をクリック

Sponsored Links

MetaMaskの基本的な使い方(入金と送金方法)

メタマスクは、Chromeブラウザのどのタブ(ウィンドウ)からも表示できますので非常に便利です。

ここでは、ウォレットの最も基本的な機能である、入金と送金方法について説明しますが、どれも簡単ですのですぐに使いこなせると思いますよ!

ウォレットへの入金方法

metamask-how-to-use6

ウォレットへの入金は、このウォレットのアドレスを送金元の宛先に入力しますが、このウォレットのアドレスの表示方法は2つあります。

1つは、QRコードでアドレスを表示する方法。

これはウォレット名の右横の三点リーダーアイコン(「…」)をクリックして、「Show QR Code」を選択します。

すると、画面が切り替わってアドレスのQRコードが表示されます。

もう1つは、クリップボードにアドレスをコピーする方法。

これも同じようにウォレット名の右横の三点リーダーアイコンをクリックして、「Copy Address to clipboard」を選択します。

表面上、何も変化はありませんが、これでアドレスがクリップボードにコピーされていますので、そのまま送金元の宛先にペーストできます。

QRコードが表示されている画面の下にあるアイコンをクリックしても、アドレスをクリップボードにコピーすることができます。

ウォレットからの送金方法

metamask-how-to-use7

  1. ホーム画面で「SEND」をクリック
  2. 送金先アドレスを入力
  3. 送金数量を入力
  4. 「NEXT」をクリック
  5. 確認画面が表示されるので「SUBMIT」をクリック

確認画面で「REJECT」をクリックすると中止することができます。

また、ガスリミット(Gas Limit)とガス価格(Gas Price)の詳細については、下記の記事を参考にしてください。

参考:ガスリミット(Gas Limit)とはイーサリアムの手数料の設定。ガス価格(Gas Price)を上げて送出失敗を防止!

ログアウト(ロック)する場合は、ホーム画面の右上のハンバーガーアイコン「三」をクリックして「Lock」を選択してください。

EtherScan(イーサスキャン)の表示

送金したコインがどうなっているか心配になったことはありませんか?

そんなときに便利なのが Etherscan です。

イーサリアムのブロックチェーン上で、いま送金したトランザクションがどのような状態になっているのか、確認することができます。

metamask-how-to-use8

ウォレット名の右横の三点リーダーアイコン(「…」)をクリックして、「View account on Etherscan」を選択すると、このウォレット(アドレス)のトランザクションが表示されます。

複数ウォレットを管理するためのメタマスクの機能

メタマスクは、1つのツールで複数のウォレットを作ることができます。

また、既に使っているMyEtherWalletなど他のウォレットをインポートして、メタマスク上で使うこともできます。

まずは、複数のウォレットを作ってみましょう。

新規ウォレットの作り方

metamask-how-to-use9

  1. ホーム画面上部の人のアイコンをクリック
  2. 「Create Account」をクリック

「Create Account」をクリックすると、新しいウォレットが作成されます。

必要に応じてウォレット名の変更などを行いましょう。

もちろんメタマスク内のウォレット同士の送金もできますよ!

また、先ほどと同じように画面上部の人のアイコンをクリックすると、ウォレットの一覧が表示されますので、そこで表示するウォレットを切り替えることができます。

ウォレット名の左側の丸い模様は各ウォレット(アドレス)ごとに違います。

既存のウォレットの追加(インポート)

metamask-how-to-use10

  1. ホーム画面上部の人のアイコンをクリック
  2. 「Import Account」をクリック
  3. 「Private Key」(秘密鍵)、または「JSON File」を選択
  4. インポートするウォレットの秘密鍵を入力(「Private Key」を選択した場合)
  5. 「IMPORT」をクリック

3.で「JSON File」を選択した場合は、4.でJSON Fileを選択してください。

一度作成したウォレットを削除する場合は、SEED情報をバックアップし、再度メタマスクを新規作成した後、SEED情報を使ってウォレットを復元するしか方法がありません。
必要な分だけ作成するようにしましょう。

カスタムトークンを送金する方法

メタマスクは、トークンを受け取ることはできますが、送金することはできません。

なので、メタマスクで受け取ったトークンは、マイイーサウォレットの機能を使って送金します。

ただし、自分のPCにダウンロードしたマイイーサウォレットでは、この機能は使えませんので、必ずオンライン上のマイイーサウォレットを使ってください。

外部リンクアイコンマイイーサウォレットの公式サイトはこちら

まずは、メタマスクにログインした状態で、上記のリンクをクリックしてマイイーサウォレットの画面を表示します。

metamask-how-to-use11

  1. 「Ether/トークンの送出」をクリック
  2. 「MetaMask / Mist」をクリック
  3. 「MetaMaskに接続する」をクリック

これで、メタマスクのアドレスが、マイイーサウォレットで表示できました。

metamask-how-to-use12

あとは、通常のマイイーサウォレットの送金方法で、送金すれば大丈夫です。

マイイーサウォレットの使い方については、以下の記事を参考にしてください。

参考:MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の登録方法。日本語表示や送金・入金などの使い方も徹底解説!

ただし、マイイーサウォレット側に追加されていないトークンの場合は、カスタムトークンの追加が必要です。

マイイーサウォレットの「カスタムトークンを追加」をクリックして、メタマスクにカスタムトークンを追加したときと同じ情報を入力してください。


Sponsored Links

関連記事

  1. bz-token

    BZ(仮想通貨)とは?配当がもらえるBit-Z取引所トークンの買い方や…

  2. ethereum-classic-halflife

    イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)の半減期は2…

  3. dmm-bitcoin-exchanges

    DMM Bitcoin(ビットコイン)取引所が来年1月11日オープン!…

  4. イーサエモンとはイーサリアムのDApps。仮想通貨で遊ぶポケモン型ゲー…

  5. pepecash-chart_1

    ペペキャッシュ(PEPECASH)の将来性を考察!今後の値段は、海外取…

  6. liquid-qash

    LIQUIDのICO【QASH】を徹底解説!世界の金融に流動性を与える…