ライトコイン高騰!ライトニングネットワーク決済と匿名機能MimbleWimbleの実装を発表!

ltc-lightening-network00

Sponsored Links

ブロックチェーン技術を利用した決済システム導入のサービスに取り組むCoinGate社は、ライトコイン(LTC)のライトニングネットワークを利用した決済システムを、加盟企業に導入する準備が整ったことを発表しました。

これにより現在、ライトコインの価格が高騰中です。

ここではライトコインのライトニングネットワーク決済や匿名機能MimbleWimbleの実装について詳しく解説していきます。

また、こちらに関しましてはYouTubeでも詳しく解説していますので、是非、ご覧下さい。

ライトニングネットワークの利用した決済サービスを開始

ltc-lightening-network01

ライトコインは初めて、2017年5月にライトニング・ネットワークの導入により、マイクロペイメントが1秒もかからずに行われたことがあり、昨年の9月、Coingate社は自社の決済プラットフォームを利用する約4,000の事業者に対し、ライトニングネットワークを利用した決済サービスの提供を開始しました。

更にライトコイン財団は、ライトコインの拡張ブロックを通して、匿名機能のMimbleWimbleを実装するプロセスに厳密な匿名性を持つBEAMの開発側が援助を行うことを公式発表した。


Sponsored Links

進化するライトコイン

ltc-lightening-network02

確実に進化を続けているライトコインですが、BEAMの援助により、通常のライトコインからMimblewimble搭載のバージョンへ、また、その逆へも可能となります。

そして、ライトコインに匿名性とお金が持つ性質の一つであるFungibility(代替可能性)を加えることも可能になります。

急激な高騰から時価総額4位へ

ltc-lightening-network03

このようなポジティブな要素を受け、2月8日頃からライトコインの価格は高騰しています。

全体的に時価総額が上がった時期ではありましたが、時価総額ランキングトップ10の中では最も高い上昇率を見せており、時価総額は4位にランクインしました。

今なお進化を続けるライトコイン。

今後の動向に注目が集まります。


Sponsored Links

関連記事

  1. nem-catapult-2-0

    NEM(ネム)カタパルトトークン(Catapult)の受け取り方法と上…

  2. p2p-china00

    P2P取引が中国で開始!バイナンスアプリでBNBコインが対応!

  3. bitcoin-segwit2x-stop

    Segwit2x(B2X)のハードフォーク【中止決定】で価格が暴騰&#…

  4. coincheck-otc

    OTC取引とは?仮想通貨取引所コインチェック(Coincheck)がサ…

  5. bat-cryptocurrency

    BAT(バット)とは?仮想通貨取引所での買い方と今後の将来性についても…

  6. ripple-forecast

    リップル(XPR)今後の予想と最新の時価総額を徹底分析!3年で1000…