リブラの仮想通貨はいつから購入可能か?メリットや仕組み・特徴を詳しく解説!

libra-how-to00

世界20億人以上のユーザーを誇るフェイスブック(Facebook)が発行するということで世界中から注目を集めている仮想通貨リブラ(Libra)。

アメリカ政府からプロジェクトの一時停止を求められたり、プライバシーデータの取り扱いが問題視され、今では仮想通貨市場に大きな影響を与える存在にまでなっています。

しかし、リブラという言葉を聞いたことがあっても、実際はどんな仮想通貨なのかわからないといった方も多いと思います。

そんな方々のために仮想通貨リブラを徹底解説して、リブラとはどんな仮想通貨なのか?

メリットや仕組み・特徴などについて詳しく解説していきます。

また、いつから購入できるのか気になっている方も多いと思いますので、ローンチ開始予定についても記載しています。

なお、こちらはYouTubeでも詳しく解説していますので、是非、ご覧下さい。


Sponsored Links

仮想通貨リブラとは?

libra-how-to05

リブラはフェイスブック社が発行する仮想通貨です。


仮想通貨と言えば、ビットコインを始め色々な通貨が存在しますが、どの通貨においても価格変動が激しく、投資・投機のイメージが強いのが現状かと思います。


しかし、もとを正せばこれらの通貨は世界共通の未来のデジタル通貨です。


もちろん通貨によって色々な目的のあるプロジェクトが動いていますが、現状仮想通貨を保有している人は実用性よりも投機面で保有している方がほとんどだと思います。


しかし、これでは実用化が遠のいてしまいますよね。


ただリブラは通常の仮想通貨とは違い、価格変動が起こりにくい設計を取り入れ、世界共通のデジタル通貨を実現させようとしています。


まずはこの価格変動の起こりにくい仕組みについて説明します。

リブラの特徴と仕組み

libra-how-to02

リブラが価格変動を起こしにくい大きな理由は裏付け資産が関係しています。

ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨は発行を行う上で、裏付けされた資産がありません。

つまり、需要と供給で価格の変動が起こります。

しかし、リブラの場合は、これらの通貨とは違い裏付け資産があるので、需要と供給に関わらず価格の変動が起こりにくい仕組みとなっています。

例えるなら・・・
1ドル=1リブラ
ステーブルコインをイメージしてもらえればいいかと思います。

このように安定した価格でリブラを発行することができるので、現状の仮想通貨のような激しい価格変動が起こらなくなり、実世界で活用しやすくなるという特徴があるわけです。


投資・投機と言う面ではなく、実用性を重視した通貨になるとイメージしてもらえばいいかと思います。

ただそれだと法定通貨のままでいいのでは?と考える方も多いと思います。

もちろん価値として見るのであれば、法定通貨の方が現状利用できるところも多いですし、利便性は高そうです。


そこで次はリブラの発行目的とメリットについて説明したいと思います。


Sponsored Links

リブラ発行の目的とメリット

libra-how-to03

リブラを発行する目的は世界の金融インフラを整えるためです。


日本では法定通貨は銀行などに預けるという考えが一般的ですが、世界ではまだまだ銀行口座を持っていない人が多いのが現状です。


しかし、仮想通貨は個人で簡単に保管・管理が行えるようになっているので、銀行口座を持たなくても資産を保管することができます。


またウォレットを使うことで送金や決済も可能です。

例えば、国をまたいで出稼ぎに行き、母国に送金と言っても銀行口座がなければいちいち国に帰ってと、かなり面倒で費用も掛かります。

仮に銀行口座を持っていたとしても、国際送金であれば手数料が一回数千円以上かかり、着金まで数日というのも当たり前。


しかし、ブロックチェーン技術を備えたリブラであれば、ウォレットから操作するだけですぐに送金が行えて手数料も最小限に収まります。


もちろん着金も現状のブロックチェーン技術を考えれば数分で完了することが予想されます。

このようにリブラは送金などにおいてもかなり利便性が高く、メリットがあるということがわかると思います。

経済面でも期待が大きい

libra-how-to04

また決済面においてもリブラは期待が持たれています。

それは、このリブラプロジェクトの協力企業にVISAやマスターカード、ペイパルなど決済に特化している企業が参加しているからです。

クレジット面で精通している企業の他にも大手eコマースなどの協力もあるため、様々な決済においてもこのリブラの活用が見込まれます。


仮想通貨での決済があまり浸透していないので、リブラの活用において世界中で仮想通貨決済が普及することが期待できます。

リブラはいつから購入できるのか?

libra-how-to01

2019年7月現在、まだリブラを購入することはできません。

どの取引所に上場するのかも現段階では不明です。

ホワイトペーパーによると実際にリブラ・ブロックチェーンと仮想通貨リブラのローンチ予定は、2020年の上半期とされています。

しかし、冒頭でもお伝えしたように現在、リブラは様々な問題に直面しているため、もしかするとローンチが遅れる可能性もあります。

日本の取引所で購入できるかは定かではありませんが、プロジェクトが順当に進めば海外の取引所で手に入れることができることは間違いないでしょう。

今はローンチ開始をただただ待つばかりです。


Sponsored Links

関連記事

  1. currency-law200

    改正資金決済法が可決!仮想通貨の証拠金取引も金融商品取引法の規制対象に…

  2. ltc-lightening-network00

    ライトコイン高騰!ライトニングネットワーク決済と匿名機能MimbleW…

  3. liquid-crypto-currency

    LIQUID(リキッド)の仮想通貨(QASH)購入には、QUOINEX…

  4. acdcoin-latest-information00

    ACDコイン最新情報!価格高騰の原因はQFPayとの提携とWeChat…

  5. comsa-metaps

    comsaトークンのメタップス関連との相互上場が決定!取扱い先は韓国子…

  6. quoine-binance

    QUOINEがバイナンス(BINANCE)とパートナーシップを発表!取…