Ledger Nano S(レジャーナノS)とMyEtherWalletを連携。トークンもハードウォレットで保管が可能!

ledger-myetherwallet

2018年3月7日に、Ledger Nano S(レジャーナノS)の最新ファームウェア ver 1.4.1がリリースされました。
セキュリティ問題の改善が含まれているため、必ずファームアップしておきましょう。
ファームアップの方法については、下記の記事を参考にしてください。
参考:Ledger Nano S(レジャーナノS)のアップデート方法。更新できない場合の対応方法や注意事項も合わせて解説!

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)は、イーサリアムのデスクトップウォレットとしては、一番有名ですよね?

一方で、ハードウェアウォレットでは、Ledger Nano S(レジャーナノS)が有名です。

実はこの2つは連携できる、ということを知っていましたか?

「デスクトップウォレットとハードウォレットが連携?」と思うかも知れませんね。

レジャーナノSは、Chromeブラウザのプラグインアプリ「Ledger Wallet Ethereum」を使って送金や管理をしますが、この「Ledger Wallet Ethereum(Ledgerアプリ)」の代わりにマイイーサウォレットを使うことができるのです!

「Ledger Wallet Ethereum」では、トークンの送金や残高確認ができませんが、マイイーサウォレットを使えばトークンも管理できるので、レジャーナノSにトークンを保管することもできますよ。

Ledger Nano S(レジャーナノS)とMyEtherWalletの関係

ハードウェアウォレットであるレジャーナノSと、デスクトップウォレットであるマイイーサウォレットの2つのウォレットは、一体どのような関係になっているのでしょうか?

これを理解するためには、ハードウェアウォレットやデスクトップウォレットの「ウォレット」という言葉を、「ウォレットアプリ」と「秘密鍵」の2つに分解して考える必要があります。

「ウォレットアプリ」と「秘密鍵」

ledger-myetherwallet2

「ウォレットアプリ」と「秘密鍵」の関係は、ちょうど「エクセル」と「xlsxファイル」の関係に似ています。

「エクセル」というアプリで、「xlsxファイル」を開いて編集します。

同様に「Ledgerアプリ」で「レジャーナノS」の中を編集(送金など)、「マイイーサウォレット」で「Keystore ファイル (UTC / JSON)」を編集(送金など)するというイメージですね。

つまり、ここで解説するのは、上図の青い矢印の「マイイーサウォレットでレジャーナノSの編集(送金など)」ということになります。

ウォレットアプリは、実際にレジャーナノSの中のデータや、Keystore ファイルの中を編集するわけではありません。
内部の情報である「秘密鍵」を使用して、ブロックチェーンにデータを送信(送金)をするということです。

Ledger Nano S(レジャーナノS)の準備とMyEtherWalletの接続方法

それでは、実際にレジャーナノSとマイイーサウォレットを接続してみましょう。

レジャーナノSをマイイーサウォレットに接続する場合は、レジャーナノS側の設定を変更する必要があります。

この設定変更は、PCで「Ledger Wallet Ethereum(Ledgerアプリ)」を起動する必要はなく、全てレジャーナノSの操作で完結できます。

もし、まだレジャーナノSを購入していない場合や、レジャーナノSの基本的な操作方法を知りたい場合は、以下の記事を参考にしてください。

参考:Ledger Nano S(レジャーナノS)の購入方法と使い方。正規代理店でリップル対応のハードウェアウォレットを入手!

レジャーナノSの設定変更

レジャーナノSをPCと接続し、PINコードを入力してレジャーナノSを起動しておきます。

この時、PC上で「Ledger Wallet Ethereum(Ledgerアプリ)」を起動する必要はありません。

ここで変更する設定は、以下の2つです。

  • Ethererm > Settings > Browser support > 「No」→「Yes」
  • Ethererm > Settings > Contract data  > 「No」→「Yes」

下図が、レジャーナノSの設定変更手順です。

ledger-myetherwallet3

ledger-myetherwallet4

ledger-myetherwallet5

ledger-myetherwallet6

ledger-myetherwallet7

これでレジャーナノS側の設定は完了です。

このままPC上でマイイーサウォレットを起動して接続します。

マイイーサウォレットでレジャーナノSに接続

次に、PCのChromeブラウザでマイイーサウォレットを表示し、レジャーナノSと接続します。

外部リンクアイコンMyEtherWallet(マイイーサウォレット)の公式サイトはこちらから

ledger-myetherwallet8

  1. 「Ether/トークンの送出」をクリック
  2. 「Ledger Wallet」をクリック
  3. 「Ledger Walletに接続」をクリック

ledger-myetherwallet9

  1. 「m/44’/60’/0’ Ledger(ETH)」をクリック
  2. 「操作したいアドレスを選択してください」で、入出金したいアドレスをクリック
  3. 「お財布をアンロック」をクリック

レジャーナノSが管理している複数のアドレスが表示されますので、残高等を確認して入出金するアドレスを選択してください。
またどのアドレスにも未入金の場合は、一番上のアドレスを選択しておきましょう。

ledger-myetherwallet10

これで、レジャーナノSをマイイーサウォレットで表示することができました。

レジャーナノS側で、既にPINコードを入力していますので、マイイーサウォレット側ではパスワードなどの入力はありません。

あとは、通常のマイイーサウォレットの操作で送金などを行うことができます。

もちろん、マイイーサウォレットと同じように、トークンも保管することができますよ!

トークン(カスタムトークン)の保管(追加)方法など、マイイーサウォレットの操作方法については、下記の記事を参考にしてください。

参考:MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の登録方法。日本語表示や送金・入金などの使い方も徹底解説!

レジャーナノS側の操作も、Ledger Wallet Ethereum(Ledgerアプリ)で行う場合と同様に、送金時のレジャーナノS本体での確認(右ボタン押し)などが必要です。

Ledger Wallet Ethereum(Ledgerアプリ)での管理に戻す方法

マイイーサウォレットでレジャーナノSに接続した後、再度 Ledger Wallet Ethereum(Ledgerアプリ)で接続する場合は、レジャーナノS側の設定を元に戻す必要があります。

マイイーサウォレットを接続する際に行った設定の、ちょうど逆の手順を行えば大丈夫です。

  • Ethererm > Settings > Browser support > 「Yes」→「No」
  • Ethererm > Settings > Contract data  > 「Yes」→「No」

下図が、レジャーナノSの設定を元に戻す手順です。

ledger-myetherwallet11

ledger-myetherwallet12

ledger-myetherwallet13

ledger-myetherwallet14

ledger-myetherwallet15

これでレジャーナノS側の設定が、元に戻りました。

関連記事

  1. anonymous-currency2

    匿名通貨とは?コインチェック3銘柄(XMR・DASH・ZEC)の仕組み…

  2. ledger-update

    Ledger Nano S(レジャーナノS)のアップデート方法。更新で…

  3. kucoin-registration_2

    Kucoin(クーコイン)の登録方法(口座開設)を徹底解説!チャート画…

  4. fountainconnect-ico

    FountainConnect(ファウンテンコネクト)のICO事前登録…

  5. upcoin-registration

    UPcoin(アップコイン)の登録方法。新規開設する仮想通貨取引所にサ…

  6. airdrop-datx

    Airdrop(エアドロップ)でDATx(仮想通貨)を無料で手に入れよ…