imTokenの登録方法と使い方。仮想通貨ウォレットのスマホアプリでイーサリアムやトークンの管理をしよう!

imtoken-registration

スマホで使えるイーサリアム系のウォレット「imToken」。

もちろん、ERC20トークンもイーサリアム同様に、保管、送金が可能です。

また、1つのアプリで、複数のウォレットが作成できますので、用途ごとにウォレットを分けて管理することもできます。

また、日本語対応されていないので、表示は全て英語ですが、1度操作すれば慣れるので、すぐに使えるようになりますよ。

もちろん、無料で使えて、誰でも簡単にインストールができますので、気軽に使えますね!


Sponsored Links

imTokenの登録方法

imTokenには、Android版とiPhone版がありますが、今回は、Android版で解説していきます。

ただ、iPhone版も基本的な操作は同じですので、適宜読み替えて手順を進めて行ってください。

アプリのダウンロードは下記から行えますので、iPhoneなら「App Store」から、Androidなら「Google Play」からダウンロードをしましょう!

外部リンクアイコン「App Store」からの登録はこちら

外部リンクアイコン「Google Play」からの登録はこちら

今回は、Android版で解説していきますので、「GooglePlay」をタップします。

imtoken-registration2_2

  1. 「インストール」をタップ
  2. 「開く」をタップ

次に下図が表示されます。

imtoken-registration3

青い画面をタップしましょう(どこをタップしても可)。

すると利用規約が表示されます。

imtoken-registration4

  1. チェックボックスにチェック
  2. 「Confirm」をタップ

「Confirm」をタップしたら、アプリの説明画面が出てきます。

まずは、右図の「Own Your Assets」が表示されるので、「右から左にスワイプ」します。

imtoken-registration5

「Peer to Peer Transfer」と「Selected Next Generation DApps」も「右から左にスワイプ」します。

imtoken-registration6

「Easy to Trade」と「Welcome to New World」も「右から左にスワイプ」します。

次に「Enter imToken」をタップすると、下図が表示されます。

imtoken-registration7

「Create Wallet」と「Import Wallet」がありますが、今回は、imTokenの登録なので「Create Wallet」をタップしましょう。

次に、右図が表示されるので、順番に記載していきます。

また、「Import Wallet」のやり方については、後述しますね。

imtoken-registration8

  1. ウォレット名を入力
  2. →ウォレット名は半角12文字まで。

  3. 設定するパスワードを入力
  4. ※セキュリティー上、パスワードは、英数記号3種類を入れて40文字以上を推奨します。

  5. 上記のパスワードを再度入力
  6. チェックボックスにチェック
  7. 「Creat Wallet」をタップ

ウォレット名は、わかりやすいものを設定しておきましょう。

ここで設定したパスワードは、インポート時に必要になりますので、必ずメモを取り、第三者にわからない場所に保管してください。

imtoken-registration8-2

  1. 「Go Backup Now」をタップ
  2. 先ほど設定したパスワードを入力
  3. 「CONFIRM」をタップ

imtoken-registration9

  1. 「Understood」をタップ
  2. バックアップフレーズが表示されるので、メモを取り保管
  3. 「Next」をタップ

バックアップフレーズは、imTokenの復元に必要になるので、必ずメモを取り、第三者に漏れないように保管しましょう。

imtoken-registration11

  1. さきほどのバックアップフレーズを順番通りに選択
  2. 選択したバックアップフレーズの表示
  3. バックアップフレーズを選択するごとに毎回シャッフル
  4. 「Confirm」をタップ

imtoken-registration12

次に上図が表示されるので、「Confirm」をタップすると登録完了です。


Sponsored Links

imTokenの基本的な使い方

imTokenは英語表記ですが、操作は非常に簡単なので、慣れてしまえば問題ありません。

ここでは、基本的な操作である、

  • ウォレットへの入金方法
  • ウォレットからの送金(出金)方法
  • トークンの追加方法
  • ウォレット名、パスワードの変更
  • 複数ウォレットの作成方法

について解説します。

ウォレットへの入金方法

それでは、imTokenにイーサリアムを送金してみましょう。

ここでは、ビットフライヤーからimTokenに送金する手順について解説していきます。

まずは、imTokenのウォレットアドレスをコピーして、ビットフライヤーの送金先アドレスに入力します。

imtoken-registration20

  1. 画面下の「Assets」をタップ
  2. 入金する通貨をタップ(ここではETH)
  3. 「Receive」をタップ

imtoken-registration21

QRコードとウォレットアドレスが表示されますので、送信元がスマホであれば、QRコードを読み込み、PCであれば「Copy Wallet Address」をタップして、ウォレットアドレスをコピーします。

次に、ビットフライヤーから、imTokenのアドレスにイーサリアムを送金します。

ビットフライヤーは、新規のアドレスに送金する場合、まずは、送金先アドレスとラベルの登録が必要です。

imtoken-registration22

  1. 「入出金」をクリック
  2. 「ETHご送付」をクリック
  3. 「ラベル」を入力
  4. →「imToken wallet」など、わかりやすいものを設定しておきましょう。

  5. 先ほどコピーしたimTokenの「イーサリアムアドレス」を入力
  6. 「追加する」をクリック
  7. →2段階認証を設定している場合は、認証コードの入力があります。

これで、imTokenのアドレスが登録できましたので、そのアドレスを選択して、イーサリアムを送金します。

imtoken-registration23

  1. 先ほど登録したウォレットを選択
  2. 送金するイーサリアムの数量を入力
  3. 「イーサリアムを外部アドレスに送付する」をクリック
  4. →2段階認証を設定している場合は、認証コードの入力があります。

これでビットフライヤーからの送金手続きが完了しましたので、imTokenに着金するのを待ちましょう。

ウォレットからの送金(出金)方法

次は、imTokenからビットフライヤーへ出金(送金)する方法について解説します。

今度は、先ほどと逆で、まずビットフライヤーのイーサリアムアドレスをコピーし、imTokenの送金先アドレスに入力します。

imtoken-registration24

  1. 「入出金」をクリック
  2. 「ETH お預入」をクリック
  3. ETHのアドレスをコピー

次に、imTokenの送金先に、コピーしたアドレスを入力します。

imtoken-registration25

  1. 画面下の「Assets」をタップ
  2. 入金する通貨をタップ(ここではETH)
  3. 「Send」をタップ

imtoken-registration26

  1. 先ほどコピーしたビットフライヤーのETHアドレスを入力
  2. →画面右上のアイコンをタップし、カメラでビットフライヤーに表示されているQRコードを読み込むことでもアドレスを入力できます。

  3. 送金する数量を入力
  4. 「Next」をタップ
  5. 表示内容を確認して「Confirm」をタップ

この後、パスワードの入力をすれば、送金処理が完了しますので、あとはビットフライヤーに着金するのを待ちましょう。

トークンの追加方法

imTokenの起動直後は、通貨がETHしか表示されていませんが、任意のトークンを追加することができます。

ここでは、例としてMOLDを追加してみましょう。

imtoken-registration27

  1. 画面下の「Assets」をタップ
  2. 「+」アイコンをタップ
  3. 虫眼鏡アイコンをタップ

imtoken-registration28

  1. 検索ボックスに追加する通貨名(トークン名)を入力(ここでは「mold」)
  2. 追加する通貨名(トークン名)が見つかったら「Add」をタップ
  3. 「Cancel」をタップ

imtoken-registration29

リストにMOLD(MLD)が追加され、ホーム画面に戻ると「MLD」が表示されています。

今回のMOLDは、元々のリストにありませんでしたので、検索しましたが、元々のリストにある場合は、通貨名の横のスライダースイッチをオンにするだけで、表示されるようになります。

複数ウォレットの作成方法

imTokenは、スマホのウォレットですが、1つのアプリ内に複数のウォレット(アドレス)を作ることができます。

なので、用途ごとにウォレット(アドレス)を分けて管理することもできますね。

imtoken-registration30

  1. 画面下の「Assets」をタップ
  2. 画面右上の「9個のドット」アイコンをタップ
  3. 「Create Wallet」をタップ

imtoken-registration31

あとは、先ほど新規にウォレットを作成したときと同じ手順で、2つ目のウォレットを作成します。

作成が終わったあと、画面右上の「9個のドット」アイコンをタップすると、作成した2つのウォレット名が表示されますので、ここで切り替えることができます。

作成済みのウォレットをインポートする方法

「スマホが壊れてデータが消えてしまった」「機種変更をしたためimTokenを新たにダウンロードしないといけない」などの場合は、ウォレット作成時にメモをとった「バックアップフレーズ」と「設定したパスワード」で、imTokenを復元させることができます。

まずは、登録方法と同じ手順で進めていき、下図を表示させましょう。

imtoken-registration13

「Import Wallet」をタップすると、右図が表示されます。

imtoken-registration14

  1. 「バックアップフレーズ」を入力
  2. 設定したパスワードを入力
  3. 上記のパスワードを再度入力
  4. チェックボックスにチェック
  5. 「Start Import」をタップ

バックアップフレーズの入力は慎重に行い、単語と単語の間は「スペース」を空けます。

間違えがないか確認をして、「Start Import」をタップし、右図の画面が表示されたらインポート完了です。


Sponsored Links

関連記事

  1. quoine-binance

    QUOINEがバイナンス(BINANCE)とパートナーシップを発表!取…

  2. coincheck-leverage

    コインチェック(coincheck)のレバレッジ取引のやり方。証拠金の…

  3. bz-token

    BZ(仮想通貨)とは?配当がもらえるBit-Z取引所トークンの買い方や…

  4. zipper-cryptocurrency

    Zipper(仮想通貨)とは?海外取引所でのZIPの買い方や今後の将来…

  5. tokenpay-wallet

    TokenPay(トークンペイ)のウォレットの作り方。ダウンロードやア…

  6. bnb-burn

    BNBのトークンバーンの時期や数量を解説。バイナンスの手数料の割引率と…