ハッシュベリー(hashberry)の登録及びHBY(仮想通貨)の購入方法を解説!AIがトレードとマイニングを一貫管理。

hashberry-register

FX投資は、対象としている通貨さえ、その取引所で取り扱っていれば、基本的に、一つの取引所内でほぼ全ての投資を完結することができます。

しかし、仮想通貨は、FXなどの市場に比べて、まだまだ安定しているとは言えないため、取引所間で価格差やボラティリティ(価格変動)が大きく異なってきます。

また、仮想通貨を得る方法は、取引所での売買だけではありません。

マイニングを実施することによっても、通貨を手に入れることができます。

このように、仮想通貨は、従来の投資に比べ、非常に自由度が高く、それを人の手で選択・決定・管理をしていては、折角の投資チャンスを逃してしまう可能性が非常に高くなってしまうわけです。

逃すだけなら良いのですが、相場はミリ秒の世界で動いているため、逆に失敗の原因にもなりかねません。

今回は、このような問題をAI(人工知能)を使って、解決しようというプロジェクト「ハッシュベリー(hashberry)」についての内容と販売されるHBYトークンの購入方法を解説していきたいと思います。

外部リンクアイコンハッシュベリー(hashberry)の公式サイトはこちら


Sponsored Links

AIによって一貫性の取れた「トレード」と「マイニング」管理を実現

hashberry-register1_1

ハッシュベリーでは、AI(人工知能)が、「トレーディング」と「マイニング」を最適な状態で運用します。

「他の自動売買ツールと何が違うの?」と思っている方も多いと思いますが、ハッシュベリーの最大の特徴は、「トレーディング」と「マイニング」が一貫性の取れた状態で運用されるということです。

つまり、「これから値上がりする通貨をAIが予測 → マイニングする通貨を選択 → トレードで売却」など、仮想通貨投資全体の最適化をAIロボットが管理し、運用することが最大の特徴なのです。

また、「トレード」や「マイニング」など個々のサービスについても、特徴のある機能をたくさん備えていますので、もう少し、詳細を説明していきたいと思います。

AIトレード

まず、トレードについてです。

トレードについては、主に以下のような特徴があげられます。

  • アービトラージ(裁定取引)を自動で実行
  • スケーリング対応
  • ソフトウェア開発キット(SDK)の提供

この中で、一番の特徴は、何と言っても、アービトラージをAIロボットが実施してくれるという点です。

アービトラージ(裁定取引)とは、取引所の同じ通貨の価格差を利用して、利益を生み出す投資方法

冒頭で話をした通り、今の仮想通貨は、取引所ごとに価格も異なります。

さらに、仮想通貨の価格は、ミリ秒単位で変動しています。

このような状況で、人が取引所を跨いだ仮想通貨取引を完全に管理するのは、まず不可能に近いのですが、ハッシュベリーでは、これをAIロボットが実施することによって、効率的・安全に実行させることができるというわけです。

また、複数の取引所にAIロボットを設置し、それぞれのAIロボットをさらに管理するAIロボットを設けることによって、複数のアービトラージを最適な形で実行でき、スケーリング(規模拡張)にも充分に耐えられる構成になっています。

そして、さらに、取引所によって異なる取引条件に細かく対応するため、ソフトウェア開発キット(SDK)を提供し、カスタマイズを実施することができます。

このように、通常、複数の取引所を跨いだサービスを展開しようとすると、どうしても各取引所への個別の対応が必要になってしまうものです。

しかし、ハッシュベリーは、このSDKが、取引所と開発者のハブ的な役割を担うため、開発者は、このハッシュベリーのSDKの開発のみに集中すればよいのです。

これは、開発者にとって、とても開発がしやすい環境が与えられていると言えます。

AIマイニング

ハッシュベリーのマイニングの特徴は、収益性が高いであろうと予想された通貨のマイニングをAIが選択・実施することができるという点です。

また、ハッシュベリーは、たくさんの通貨のマイニングプールの開発も実施しており、少額からマイニングに参加できるような環境を作ろうとしているのですが、AIは、その通貨の中から最適な通貨を選択してマイニングをすることができます。

また、あなたが持っているある通貨のマイニングの権利を他の人に売却できるというのも一つの特徴になります。
※売買では、HBYトークンを使用します。

トレードとマイニングの最適化

ハッシュベリーは、AIトレードとAIマイニング単独でも、有力な特徴を備えていますが、最大の特徴は、「トレードとマイニングの最適化」にあります。

例えば、AIトレードのロボットが、過去の傾向などから、ビットコインキャッシュが今後上がるのではないかと予測したとします。

すると、AIマイニングのロボットは、手数料やハッシュパワーなどを考慮しながら、最良のマイニング対象の通貨を選択します。

そして、それが、ビットコインキャッシュだった場合は、ビットコインキャッシュのマイニングを予めしておき、ビットコインキャッシュの価格が上がった時に、AIトレードのロボットが売却するということができるわけです。

このように、ハッシュベリーのAIは「トレード専用」「マイニング専用」という訳ではなく、仮想通貨の資産運用そのものを、一貫性を持って、最適化してくれます。

ハッシュベリー(hashberry)が備えるその他機能や技術を紹介

hashberry-register2

ハッシュベリーは、トレードとマイニングだけではなく、様々な機能や技術を備えています。

インフラストラクチャー

3年以上の経験を持つチームが、最適なハードウェア設計を実施しています。

そのお陰で、マイニングプールやその他システムの寿命を伸ばしたり、「再起動やシャットダウンのタイミングも気にする必要が無い」など、安定した環境を確保することができます。

また、マイニングの収益性の限界を押し上げるべく、新技術についても日々、模索・検討を繰り返しているとのことです。

グリーンエネルギー

ソーラーファームなどのグリーンエネルギーは、投資で利益を得るためには、3年以上かかると言われているため、プロジェクトをスタートした段階で、投資をするのは理想的ではありません。

しかし、電力消費の増加は、仮想通貨事業を行うためには、必要不可欠であるため、このハッシュベリーでは、移動可能なマイニング施設を使用して、グリーンエネルギーの効率的な仕組みを作り上げています。

ハッシュベリーペイ(Hashberry PAY)とライトウォレット(Light Wallet)

ハッシュベリーは「ハッシュベリーペイ」というマイクロペイメントを行うための決済方法も提供予定です。

これは、支払いが終わった後、すぐに、法定通貨に変換し、手数料などを引いた金額を受け取ることができるなど、支払いを受ける側からすると、仮想通貨の懸念点であるボラティリティ(価格変動)の影響を最低限まで抑えることが可能です。

また、簡単にイーサリアムベースの通貨を交換することができる「ライトウォレット」というウォレットも開発予定で、マイニング関連の購入もこの「ライトウォレット」で簡単に行えるようにしたいとのことです。

※商品やサービスの決済時に、ハッシュベリーのキャッシュバックを受けることもできる。


Sponsored Links

登録とHBY(仮想通貨)の購入方法を分かりやすく解説

ここでは、ハッシュベリー案件への登録方法とトークン「HBY」の購入方法について説明していきます。

HBYトークンの説明

hashberry-register8

ハッシュベリープロジェクトで発行されるトークンは、「HBY」です。
※規格は、イーサリアムベースのERC20。

最初の価格は、1HBY = 0.3ドルで販売され、売れ残ったトークンは、全てのセール終了後にバーンされます。

開発ロードマップ

hashberry-register9

今後の開発ロードマップについては、上図を見ていただければ、分かりますが、今年中に、一通りの開発が完了し、2019年の4月に運用開始予定です。

本人確認登録とトークン購入方法

トークンを購入するには、本人確認登録を行い、承認を受ける必要があります。。

その際、パスポートが必要になりますので、登録開始前に、準備してください。

まず、以下リンクから、ハッシュベリーの公式サイトにアクセスします。

外部リンクアイコンハッシュベリー(hashberry)の公式サイトはこちら

本人確認登録

hashberry-register10

  1. 「REGISTER」をクリック

hashberry-register11

  1. メールアドレスを入力
  2. パスワードを設定
    ※半角英数記号を混ぜて40文字以上を設定しましょう
  3. 再度、パスワードを設定
  4. 「REGISTER」をクリック

上記を実行すると数分で、登録したアドレスにメールが届きます。

もし、待っても届かない場合は、「RE-SEND EMAIL(※1)」をクリックして、メール送信の再要求をして見てください。

hashberry-register12

  1. 届いたメールの「Verify email」をクリック

hashberry-register13

  1. 「氏名」「生年月日」「国」「電話番号」を入力
    ※電話番号は、頭の「0」を省いた形で記載してください。(例 スマホ:90XXXXXXXX)
  2. パスポートを選択し、パスポートIDを入力
  3. あなたが使用しているイーサリアムのアドレスを設定
    ※このアドレスで、HBYトークンを受け取ることになるかと思いますので、取引所のアドレスは設定しないでください。(MyEtherWalletなどのERC20規格を満たすウォレットのアドレスを設定することをおススメします。)
  4. あなたが使用しているビットコインのアドレスを設定
    ※HBYトークンを購入する際に送金元となるアドレスを設定してください。
  5. 規約を確認し、チェックを入れる
  6. 「SUBMIT」をクリック

hashberry-register14

  1. パスポートIDがはっきり見えるようなパスポートの写真をアップロード
  2. パスポートとあなたの顔がはっきり写った写真をアップロード
  3. 「UPLOAD」をクリック

hashberry-register15

登録したメールアドレスに上記画像のようなものが届けば、登録完了です。

人や時期によって、個人差はあるかと思いますが、登録して1日から2日あたりで承認がもらえる方が多いようです。

トークン購入方法

今回は、ビットフライヤーのビットコインアドレスからの送金を例に説明していますが、実際には、本人確認登録時に登録したビットコインアドレスから送金するようにしてください。

hashberry-register16

  1. ハッシュベリー公式サイトのログイン後に表示されるBITCOIN(BTC)のアドレスをコピー

hashberry-register17

  1. ビットフライヤーにログイン後、「入出金」をクリック
  2. 「BTC ご送付」をクリック
  3. 先ほどコピーしたアドレスを送付先に追加して、選択
  4. 購入金額(送金)分のビットコイン数量を入力
  5. 「ビットコインを外部アドレスに送付する」をクリック

hashberry-register18

ハッシュベリーのログイン後トップページの「CONTRIBUTIONS」に受信履歴が表示されれば、購入完了です。


Sponsored Links

関連記事

  1. bibox-token

    Biboxトークン(BIX)の買い方。ビボックス取引所独自通貨のチャー…

  2. dex-exchange

    分散型取引所とは?DEX(仮想通貨)の仕組みや主なメリットとデメリット…

  3. comsa-listing

    COMSA(コムサ)上場時期はいつ?CMSトークンを扱うZaif取引所…

  4. nem-apps

    NEM Wallet(ネムウォレット)の使い方【iOS版アプリ】インス…

  5. bibox-registration

    Bibox(ビボックス)の登録方法。独自トークンもある仮想通貨取引所の…

  6. crypto-2017-2018-rateup

    仮想通貨上昇率ランキング【2018年1月最新版】2017年一年間を時価…