ファクトム(Factom)の購入方法を紹介。将来性や発行枚数など通貨の特徴も分かりやすく解説。

factom-howto-buy

ファクトムは、2015年にアメリカで誕生した暗号通貨です。

実は、ファクトムとは、通貨名ではなくプラットフォームの名前のことを指し、実際の通貨名は、ファクトイド(Factoid)と言います。(しかし、この記事では、通貨のことも一般的な「ファクトム」と記載します。)

特徴については後述しますが、このファクトムはビットコイン2.0の中でも、ひときわ その利用価値について注目されているプラットフォームです。
※ビットコイン2.0:ビットコインのブロックチェーンを応用し、通貨以外の目的に使用した技術のこと

つまり、ファクトムは、通貨とプラットフォームの両方の価値が高く、将来 私たちの生活に取り込まれる可能性が高い仮想通貨であると考えらえます。

今回は、将来有望な通貨「ファクトム」の購入方法と将来性などの特徴を紹介していきます。


Sponsored Links

ファクトム(Factom)の購入方法を紹介

日本でファクトムを販売している取引所は「コインチェック(CoinCheck)」のみです。

コインチェックは、取引量も取り扱っているアルトコインの数も国内一のため、安心感と今後の展開のしやすさでは、右に出る取引所はありません。

また、画面操作などが分かりやすく初心者にはかなりおススメです。

今回は、コインチェック(CoinCheck)でのファクトムの購入方法を説明していきます。

コインチェックの口座作成方法については、以下を参照してください。

参考:コインチェックの口座開設や本人確認登録の流れを紹介!豊富なアルトコインの取り扱いが初心者にオススメ!

ブラウザ(コインチェック公式ホームページ)での買い方

factom-howto-buy1

  1. コインチェックにログインしたら、画面上部から「ウォレット」を選択
  2. 左枠の「コインを買う」をクリック
  3. 「Factom」を選択
  4. 購入する数量を入力
  5. 支払い通貨で「JPY」または「BTC」のいずれかを選択
  6. 合計金額を確認
    ※桁が間違えていないかしっかり確認してください。
  7. 一番下段にある「購入する」をクリック

これで、あなたもファントム通貨の保持者です。簡単ですね。

スマホアプリでの買い方

factom-howto-buy2

  1. スマホアプリを起動し、ハンバーガーアイコンをタップ
  2. 一覧の中から「コイン購入」をタップ

factom-howto-buy3

  1. 「Bitcoin」のマークをタップ
  2. 「Factom」のマークをタップ

factom-howto-buy4

  1. 購入する数量を入力
  2. 支払い金額を確認(金額の桁が間違えていないことを確認する)
  3. 日本円で購入する場合は「円で購入」、ビットコインで購入する場合は「BTCで購入」をタップ

Sponsored Links

将来性や発行枚数など通貨の特徴も分かりやすく解説

factom-howto-buy5

ファクトムは、2015年10月6日にアメリカで誕生し、運用が開始されました。

時価総額は約744億円で、暗号通貨の中では61位に位置し、発行枚数の上限は設定されていません。
(2018/1/8現在の時価総額と順位です。)

また、ファクトムは、通貨としての価値以上に、プラットフォームの特徴について非常に関心が持たれています。

そこで、ファクトムのプラットフォームとはどのような特徴があるのか、分かりやすく説明していきます。

分散型記録・登記プラットフォーム

ファクトムは、契約書などの文書や記録を過去から現在まで全て、ブロックチェーン上に残していくというコンセプトで開発されました。

この考えは、ブロックチェーンの特性をフル活用した仕組みと言えます。

例えば、あなたが車のローンを組もうとしたとします。

ローンを組むためには、役所に行って印鑑証明書を発行してもらう必要があります。

印鑑証明書を発行するためには、役所の人に対応してもらわなければなりません。

さらに、その印鑑証明書を管理するために、システムの維持費や管理コストがかならず発生します。

また、世の中には、印鑑証明書などの国が管理している文書以外にも無数の契約書が存在し、時には改ざんなどの不正が問題視されています。

現在ではどうしようもない「第三者による証明」「文書・記録の維持コスト」「文書・記録の改ざん」というような課題は、全て、ファクトムを利用することで解決することができます。

もう少し詳しく、説明していきます。

まずはじめに「第三者による証明」についてです。

ブロックチェーンは何処の団体にも属さず分散管理されていいますので、必要な時に、必要な場所で、ブロックチェーンに記載されている履歴を見るだけで、証明することができます。

次に、維持コストについてです。

これも、先ほども説明したとおり。ブロックチェーンは何処かの団体が管理している分けではないため、団体がマージンを取る必要もありません。

また、ファクトムでは、ブロックチェーンへの書き込みなどを行っている参加者(サーバー)に対して、ファクトムで報酬が与えられるため、維持費もかかりません。

そして、最後に、改ざんについてです。

これもブロックチェーン最大の特徴であり、一度書き込まれたデータは二度と修正や削除をすることができません。

ブロックチェーンの特徴については、以下を参照ください。

参考:【図解】ブロックチェーンとは何かをわかりやすく解説。株式市場でも関連銘柄(本命)は大注目!

このような理由で、ファクトムはかなり将来的な価値として有望視されています。

ファクトムの将来性について

ファクトムが管理しよとしているものは、現在、印鑑が押されて金庫に保管されている紙文書だったり、絶対に改ざんや紛失などがあってはならない証明書だったりします。

このようなものがファクトムを利用することにより、安全に低コストで管理できるようになるため、世界中の団体や会社から注目されています。

実際に、1兆ドル規模の米国住宅ローン市場において、ファクトムが採用されることが決定しています。

これは「ファクトムハーモニー」と呼ばれ、契約書をはじめとする住宅ローンに関する情報全てをブロックチェーン上に管理していく本格的に実用化されつつあるサービスになります。

ただし、これはほんの序章に過ぎず、将来的には、全世界の国、団体、企業、個人の記録や文書データの管理に、ファクトムが利用される可能性は十分にあるといってよいでしょう。


Sponsored Links

関連記事

  1. reftoken-ico_3

    RefToken(レフトークン)のICO登録及び購入方法を紹介。アフィ…

  2. china-exchanges-closer

    仮想通貨を取り扱う中国取引所が全面閉鎖の可能性!今後の市場の行方はどう…

  3. ripple-swell

    リップルがSwell(スウェル)を発表!詳細はトロントで開催される会議…

  4. ethereum-parity-bug

    イーサリアムがパリティ(Parity)のバグにより約300億円凍結!原…

  5. coincheck-leverage

    コインチェック(coincheck)のレバレッジ取引のやり方。証拠金の…

  6. zaif-chart

    zaif(ザイフ)のチャートの見方を解説。充実したテクニカル指標(イン…