イーサリアム(ETH)アップデートのイスタンブールはいつ?2019年12月で決定か?

ethereum-istanbul00

Sponsored Links

イーサリアム(ETH)の大型アップデート「イスタンブール」のメインネット起動が2019年12月4日の週を目標にすることが明らかになりました。

アップデートの日程がいつなのか気になっている方も多いと思いますので、やっと発表されたかという感じだと思います。

この2019年12月4日の週というのはブロックチェーンプロトコルエンジニアのDanno Ferrin氏が、ブロック番号を計算して算出しています。

現在のブロック番号は9,056,000でメインネットのアクティブ化が予定されています。

もし、予期せぬ問題が発生した場合は、メインネット起動は1ヶ月延期されて、1月8日を目標とされています。

前回の大型アップデート「コンスタンティノープル」の時にも、起動48時間前に重大な脆弱性が発見されたたため、開発者達はアップデートを1ヶ月遅らせています。

イスタンブールの現状の問題点

ethereum-istanbul01

先月、テストネットワーク上でイスタンブールが起動する際は、予定よりも早く目標ブロックに到着したため、ノード更新が追いつかずに、テストネット上でチェーンが一時的に二つに分岐しています。

実行ブロック到達時に、ソフトウェアを最新バージョンに更新していないマイナーが残っていたことで、古いチェーンと新たなチェーンの二つに分裂してしまっている状況です。

こうした状況をメインネットで防ぐために、コア開発者は今回、EIP 2124と呼ばれる新しいコード変更を承認しています。

これは、ユーザーがイーサリアムネットワークで実行されているノードのソフトウェアバージョンを簡単に識別できるメカニズムを導入しています。

EIP 2124は「識別子」とも呼ばれていて、開発者によると、ごく小さな変更なので他の要素との調整を必要とせずに、ソフトウェアクライアントによって展開できるということです。


Sponsored Links

イスタンブールの実装項目

ethereum-istanbul02

今回の大型アップデートでは、以下の6項目が実装される予定です。

  • EIP-152: Blake2コンプレッションの追加とFプリコンパイルの起動
  • EIP-1108: alt_bn128プリコンパイルのガス代を削減
  • EIP-1344: ChainIDオペコードの追加
  • EIP-1884: トライ構造のサイズに基づいた命令コードの価格調整
  • EIP-2028: Calldataのガス代を削減
  • EIP-2200: SLOADのガス代変更に伴うSSTOREのガス代再調整

この中で中でも問題視されているのが、EIP 1884で、アプリ開発者向けのイーサリアムブロックチェーンについて、データをリコールする場合の計算コストを増大させます。

しかし、手数料の増加によって、DoS攻撃やスパム攻撃からイーサリアムネットワークを守る効果があります。


Sponsored Links

関連記事

  1. bitcoincash-hardfork-21

    ビットコインキャッシュ(BCH)が11月15日(日本時間16日)にハー…

  2. what-is-skycoin

    Skycoin(スカイコイン)とは?第3の仮想通貨SKYの取引所での買…

  3. yobit-register_2

    Yobit(ヨービット)の登録方法と使い方を解説!InvestBoxや…

  4. blockchainlab-conference_2

    ブロックチェーンラボ カンファレンス【東京】の日程や会場を紹介。豪華ゲ…

  5. swell-swift

    SWELL(スウェル)のアジェンダ【徹底解説】リップルがSwift(ス…

  6. トランザクションとは仮想通貨の取引データ。取引所で送金した場合の確認方…