暗号通貨【詐欺通貨や価値のつかない通貨】の超簡単な見分け方!プレセールの値上がり率と公開後の構想が見極めポイント。

encryption-currency-scam

暗号通貨時代の到来により、暗号通貨の価値がこれからの時代どんどん上昇していくことは疑いようのない事実でしょう。

しかしながらこの暗号通貨。

世の中に出回っているその全てが価値があるものとは言い難い状況です。

暗号通貨というのは、プログラム開発によって作られた通貨ですので、パソコンやスマホのOS開発の様に、一定レベル以上の知識とスキルがあれば誰にでも作ることができます。

実際に政府や銀行などの介在もないのが暗号通貨の特徴であるため、プログラム開発するのに許認可なども必要ありません。

そのため、将来性のない詐欺まがいな暗号通貨が世の中に多く出回っているのも隠しようのない事実です。

具体的には、今現在 世界中で出回っている数千の暗号通貨のうち95%は詐欺通貨です。

暗号通貨は、プレセールという正式公開前の販売期間を設けることが多いですが、この様な詐欺通貨はこのプレセール期間中にお金を集めるだけ集めて、正式公開後には「運営者は雲隠れ」というケースがほとんどです。

【プレセールについての参考記事】
暗号通貨の稼ぎ方は超シンプル。詐欺ではない本物通貨をプレセールで買って寝かせるだけ!

また、気をつけないといけないのは、詐欺通貨のみではありません。

暗号通貨というものは、政府が一切介在しない通貨です。

分りやすくいうと、特定のゲームセンターのコインの様なものです。

ゲームセンターでコインを大量に稼いだとしても、そのゲームセンターが経営難に陥り、ゲームセンター内にコインを使えるゲームが全くなくなってしまったらどうでしょうか?

当然、何にもコインを使用することができないわけですから、その時点でコインの価値はゼロになってしまいます。

つまり、一つの暗号通貨プロジェクトというのは、一つの事業プロジェクトと同じ様なものなのです。

参考:暗号通貨とは何か?仮想通貨の簡単な仕組みや日本での普及速度が遅い理由を徹底解説!

ビットコインに続く普及率を誇っているイーサリアムを例に出すと、ここまで普及したのは運営プロジェクト側の緻密な戦略があったからです。

この様に、暗号通貨に投資をする際には「詐欺通貨ではないか」「通貨プロジェクトに将来性があるか」の両面から着目する必要があるのです。

【ビジネスインフィニティの投資についての考え方】

ビジネスインフィニティのリーダー神宮寺は、基本的に世の中にある投資話に本当に安全なものなどないと思っています。
むしろ、新興市場への投資の成功率は「1勝9敗」が妥当だろうと考えてます。
コンテンツ内では、未公開の暗号通貨をプレセール(リリース前)で買って寝かせる手法や、本物の暗号通貨と偽物の暗号通貨の見極め方を伝えていますが、あくまで暗号通貨市場はまだまだ未成熟なため、無理に資産を投げ売って投資をするようなものではないことを予め認識しておいてください。

しかしながら、暗号通貨がここ数年で凄まじい勢いで相場高騰を果たしているのも、一切偽りがない事実なので、余裕資金の一部で多少フランクな投資先(やや投機より)として考えるにはうってつけの市場でしょう。
年末ジャンボ宝くじを買うよりはよっぽど勝利の確率は高いのではないかと推測できます。


Sponsored Links

超簡単!一目で分かる詐欺暗号通貨の見極め方!

encryption-currency-scam1

詐欺暗号通貨には大きな特徴があります。

それは「正式リリース後のことを全く考えていないプレセールの値付け」にあります。

上図を参照してください。

左の暗号通貨のプレセールの値付けは、

  • 初回  :1ドル
  • 2回目 :10ドル
  • 3回目 :100ドル
  • 4回目 :1000ドル

となっています。

一見、「初回に買えば、公開時点の価値はすでに1000倍からスタートだ!」と嬉しく感じるかもしれませんが、少し冷静に考えてみてください。

例えば、あなたがこの暗号通貨を、初回に100万円分購入したとします。

この計算では、そのまま正式リリースを待つだけで、その価値が1000倍の10億円になっていることになります。

リリース直後に100万円が10億円です。

あなたはすぐにその暗号通貨を法定通貨の円などに両替したくなりませんか?

10億円全部を変えないにしろ、数億円は間違えなくほぼ100%の人が両替するでしょう。

なぜならば、投資したのは、あくまで100万円だけだからです。

100万円を投資して10億円が手に入るなら、一目散に利益確定をさせたいと考えるのが普通ですよね。

さて、話を戻すと、この様な全員が暗号通貨を売りたくなる状況になると、暗号通貨の価値はどんどん下がってしまいます。

暗号通貨の取引は、あくまで需要と供給で成り立っています。

買いたい人が多ければ価値はどんどん上がりますし、売りたい人が多ければ価値はどんどん下がってしまいます。

つまり、正式リリース後に需給のバランスが、供給過多になる様にプレセールス計画を経てている時点で、その暗号通貨はほぼ100%詐欺通貨と言えるのです。

【詐欺でない暗号通貨のプレセール】

安全な暗号通貨の「プレセールの値付け」を見極める基準として「初回と最終回」の価格差が2倍以内ということが挙げられます。

先ほどの図の、右の例でいうと、初回に100万円投資した人が正式リリース時点で1.4倍の140万円になっていてもほとんどの人がすぐには売ろうとはしないと予測されます。
なぜならば、暗号通貨に投資をしている人は、暗号通貨を寝かせると、価値が大よそ数十倍になることを、過去の事例からしっかりと理解しているからです。


Sponsored Links

投資する暗号通貨プロジェクトの事業計画性を見極めよ

暗号通貨への投資は、「詐欺通貨かどうか」以外についても気をつけないといけないポイントがあると先述しました。

それは、その暗号通貨に将来性があるかどうかです。

政府が介在する法定通貨と違い、暗号通貨はそのプロジェクト運営側が流行させようと頑張らないと決して流行はしません。

「流行しない」ということは、その暗号通貨を買いたい人が少ないことに繋がりますので、当然 暗号通貨の価値はどんどん下がっていきます。

では、将来性があるかどうかをどの様なポイントで見極めればよいのかを3つの視点から見ていきましょう。

①暗号通貨の開発自体に力を入れているか?

encryption-currency-scam2

暗号通貨は開発したらそれで終わりというものではありません。

あくまでプログラム上のデジタル通貨なので、常にセキュリティのチェックはしておかなければなりませんし、より利便性が高まる様な新技術も搭載していかなければなりません。

そのため、その暗号通貨プロジェクトが、暗号通貨の開発自体にどれだけ力を入れているかというのは一つの見極め基準と考えられます。

ただし、プログラムなどIT関連の細かい話は、運営元が一般人を騙すために適当な話をすることも決して難しくはないため、あくまで参考程度として考えましょう。

②暗号通貨のプロモーションに力を入れているか?

encryption-currency-scam3

暗号通貨が最終的に流行するかどうかはこのプロモーションにかかっていると言っても過言ではないでしょう。

なぜならば、どれだけよい暗号通貨を作っても、世の中の人が知らなければどうしようもないからです。

プロモーションへの力の入れようは、インターネットをフル活用すれば簡単に分かるはずです。

その中でも特に、分りやすい見極め方法がありますが、それは「アンチが沢山いるかどうか」です。

物事というのは、有名になればなるほど必ず肯定的な意見だけではなく、アンチが沢山うまれます。

例えば、2017年現在の日本の首相である安倍総理。

安倍総理を知らない日本人は恐らくいないでしょう。

そして、そんな超有名人だからこそ、沢山の支援者もいれば、沢山のアンチもいます。

これが有名になっているということの一番の証拠です。

そしてこれには、暗号通貨でも同じことが言えます。

有名な暗号通貨ほどインターネットで検索をすると「〇〇コイン 詐欺」「〇〇コイン 危険」の様な検索結果が多数出てくるはずです。

現に、既にリリースから8年で2250万倍になっているビットコインですら「ビットコイン 詐欺」と普通にアンチ記事がでてきます。
(資産が2250万倍になる詐欺があるのであれば、是非ひっかかってみたいものですが…)

なので、調べた際に、詐欺などのアンチワードが出れば出るほど、その通貨のプロモーションが成功していると安心して基本的に問題ありません。

逆に、知り合いなどから口コミで伝わってきた暗号通貨をネット上で検索した際に、アンチが全く出てこないとしたらその暗号通貨はかなり危険かも知れません。

③暗号通貨のインフラ整備に力を入れているか?

encryption-currency-scam4

暗号通貨が流行するか否かの大きなポイントとして「利便性」が挙げられます。

むしろ、投資用として暗号通貨を購入していない人も沢山おり、その人達にとってはただ単純に「便利だから」、暗号通貨を利用しているだけです。

では、その利便性を増すための計画をもっていない暗号通貨はどうでしょうか?

当然ながら、流行する可能性はかなり少なくなってしまいます。

現在 最も流行しているビットコインは、既にスマホアプリとQRコードを利用した決済が街の多くのスポットで行えますし、海外送金などもワンタッチで行うことができます。

最近では、東京でもカフェや美容室、ブランドショップなどをはじめとする多くのお店でビットコイン決済が始まっています。

また、都市によってはATMも沢山 実装されており、いつでもビットコインを法定通貨に両替することが可能になっています。

この様に、流行する通貨は必ずインフラ整備と密接な関係にありますので、あなたが投資しようとする暗号通貨がどれだけインフラ整備に力を入れようとしているかをしっかりと調査してみて下さい。

最も考えないといけないのは、その暗号通貨がビットコインにない特徴を持っているかどうか

encryption-currency-scam5

暗号通貨の投資先を検討する上で決して忘れてはいけないことがあります。

それは、「その暗号通貨にビットコインにはないメリットがあるかどうか?」です。

冷静に考えてみてください。

もう既に世の中でこれだけ多く出回っているビットコインがあるのに、ビットコインと同じ機能しか持たない暗号通貨が今さら流行すると思いますか?

当然、答えは「No」ですよね。

ビットコインは暗号通貨の基軸通貨として不動の地位にいますし、その事実がこれから先 大きく変わることはあまり考えられません。

参考:暗号通貨の基軸通貨【ビットコイン】の歴史をチャートを使用して簡単に分りやすく徹底図解!

例えば、ビットコインに続く流行を見せている暗号通貨のイーサリアム。

これには、ビットコインにはないある特徴があります。

それは「スマートコントラクト(契約)や財産を扱うことができる」というものです。

イーサリアムもビットコインも暗号通貨の技術自体は同じブロックチェーンというものを利用していますが、ビットコインにはこのスマートコントラクト機能が存在しません。

この様にビットコインにないメリットを実装した暗号通貨であることが、流行していく暗号通貨であるかどうかの最大の見極めポイントと考えられます。

【ビットコインにはない様々な特徴】

モネロ   :リンク署名の実装により守秘性の向上を果たしている
ファクトム :存在証明が必要なものに対して、第三者の公証人なしで証明が可能
オーガー  :未来予測市場のための分散型プロコトル
ネム    :セキュリティ保護が強く、Polと言われる独自システムも搭載
エイダコイン:オンラインカジノ専用通貨として開発


Sponsored Links

関連記事

  1. bitcoin-dow-theory

    【ダウ理論】仮想通貨(ビットコイン)トレード。環境認識やトレンド転換に…

  2. price-difference_2

    仮想通貨は取引所間の価格差で稼げる!国内・海外を上手く絡めた「おすすめ…

  3. bitcoin-bollinger-bands

    【ボリンジャーバンド】仮想通貨(ビットコイン)トレード。スクイーズ・エ…

  4. bitcoin-trendline

    【トレンドライン】仮想通貨(ビットコイン)トレード。「三角持ち合い」上…

  5. encryption-currency-coincheck-caution

    【コインチェック(coincheck)】利用の注意点。暗号通貨(仮想通…

  6. changelly-howto-use

    changelly(チェンジリー)の登録方法や使い方を徹底解説!仮想通…

 

Sponsored Links


最新記事一覧

  1. reftoken-ico_3
  2. b2bx-ico-registration
  3. blockchainlab-conference_2
  4. sbi-ico-rating
  5. swell-swift
  6. valu-howto-buy_2
  7. bitcoin-fork
  8. metamask-how-to-use
  9. cryptocurrency-biometrics
  10. cryptocurrency-tax-return_1
Sponsored Links