暗号通貨の稼ぎ方は超シンプル。詐欺ではない本物通貨をプレセールで買って寝かせるだけ!

encryption-currency-presale

暗号通貨の仕組みが理解できても「一体全体どうやって稼げるの?」と気になる人が多いでしょう。

特に日本人は、暗号通貨に対して利便性より資産性に興味を持っているので なおさらです。

今回はそんな あなたのために、暗号通貨を利用してどうやって稼ぐのかに着目をして徹底解説していきます。

【ビジネスインフィニティの投資についての考え方】

ビジネスインフィニティのリーダー神宮寺は、基本的に世の中にある投資話に本当に安全なものなどないと思っています。
むしろ、新興市場への投資の成功率は「1勝9敗」が妥当だろうと考えてます。
コンテンツ内では、未公開の暗号通貨をプレセール(リリース前)で買って寝かせる手法や、本物の暗号通貨と偽物の暗号通貨の見極め方を伝えていますが、あくまで暗号通貨市場はまだまだ未成熟なため、無理に資産を投げ売って投資をするようなものではないことを予め認識しておいてください。

しかしながら、暗号通貨がここ数年で凄まじい勢いで相場高騰を果たしているのも、一切偽りがない事実なので、余裕資金の一部で多少フランクな投資先(やや投機より)として考えるにはうってつけの市場でしょう。
年末ジャンボ宝くじを買うよりはよっぽど勝利の確率は高いのではないかと推測できます。


Sponsored Links

暗号通貨での稼ぎ方はいたってシンプル。それは「忘れる」こと。

encryption-currency-presale2

実は、暗号通貨の投資方法というのは、いたってシンプルで簡単です。

どれくらい簡単かと言うと、恐らくスマホの基本操作ができる様な人であれば誰にでも稼げるくらい簡単です。

もちろん、あくまで投資なので必要最低限の知識や投資をする上での各種 注意点は存在します。

しかしながら、株やFXなどと比べると勉強しなければならない知識量の差は天と地ほどでることでしょう。

具体的には、暗号通貨投資で最も重要なことは「自分が暗号通貨を買ったことを忘れて時が経つのを待つ」ことです。

意味が分からないかも知れませんが、これさえ出来れば最低限必要な暗号通貨投資スキルは備わっていると言えます。

新規参入暗号通貨はプレセールでの購入がお得

encryption-currency-presale1

上記の図は、エイダコインの公開までの流れを説明したものですが、ほとんどの暗号通貨はこの様な公開の流れをもちます。
※あくまで例です。エイダコインの購入を推奨するものではありません。

そしてあなたが、投資として新機参入暗号通貨を購入する場合は、必ずプレセールの段階で購入するのがお得です。
※もちろん、新規参入暗号通貨は「本当にリリースされるのかなどのリスク」が結構な確率であるので、必ず余裕資金の一部で行うようにしましょう。(投機よりなスタンスで)

プレセールとは、暗号通貨が実際に正式リリースされるまでの「事前購入できる期間」のことで、株式市場においての「新規未公開株」を上場前に買うのと同じ感覚です。

株式市場においては、新規未公開株を買えるかどうかは抽選になるケースがほとんどですが、暗号通貨に関してはプレセール中は、ほぼ100%購入することができます。(運営側も新規通貨自体を広めるのに必死なので、買い手を絞ったりはしません。)

また、暗号通貨のプレセールは大よそ複数の段階に分かれているため、万が一、初回プレセールで購入を逃してしまっても、第2回プレセールで購入することが可能です。
※割安感は初回プレセールから回を重ねる度に減っていくのが一般的

プレセール付近の購入価格から大きく値上がりした暗号通貨は沢山存在している

プレセールや出始め当初から比べて、数十倍の相場に値上がりしている暗号通貨はビットコイン以外にも沢山存在しています。

詳しくは別の記事でも紹介しますが、暗号通貨の基軸通貨であるビットコインの2250万倍(2017年6月現在)を除いた、代表的な暗号通貨の相場推移は以下の様になっています。

  • イーサリアム:10ヶ月で60倍
  • ファクトム :5ヶ月で17倍
  • ネム    :6ヶ月で30倍
  • モネロ   :9ヶ月で24倍
  • オーガー  :1年6ヶ月で20倍

※2016年9月時点とリリース直後の価値の差で計算

この様に、暗号通貨というものは、「お金」というものが形をかえる歪みの時代にいるため、一般的には想像を出来ない相場高騰を実現しているのです。

もちろんこれは、詐欺でも手品でもギャンブルでもありません。

列記とした「お金」の話なのです。

参考:暗号通貨の基軸通貨【ビットコイン】の歴史をチャートを使用して簡単に分りやすく徹底図解!


Sponsored Links

暗号通貨が世界に広まれば広まるほど、その価値は高まっていく

encryption-currency-presale3

暗号通貨には、今までの法定通貨では実現できなかった利便性が存分に備わっています。

特に、暗号通貨に国境が無く、「いつでもどこでも誰にでも瞬間的にお金を動かせる」というのは暗号通貨の最大の魅力でしょう。

参考:暗号通貨とは何か?仮想通貨の簡単な仕組みや日本での普及速度が遅い理由を徹底解説!

今現在はまだ、「怪しい」「よく分らない」という人が沢山いるため、一定のラインで普及が留まっていますが、暗号通貨が当たり前になり、今とは比べ物にならない価値に膨れ上がるのも時間の問題と考えられます。

実際に、今現在、私達が当たり前の様に利用しているものの中にも、過去の時点では「怪しい」と言われていたものが沢山あります。

例えば、近年の日本においてネットショッピングの代名詞である「アマゾン」。

アマゾンが「ネットの本屋さん」として日本に進出してきたのは1998年9月のことでした。
(アマゾンジャパンとしてアメリカから日本市場へ参画)

当時はちょうど「Windows95や98」の登場によって、ようやくパソコンというものが私達の身近になってきた頃です。

しかしながら、この時期からアマゾンをフル活用していた人がどれだけいたでしょうか?

「本をネットで買う?中身も見れないし、そもそも商品を見ずにお金を払うなんて怪しい…」

ほとんどの人が、口を揃えてその様に話していました。

2005年くらいの段階になって、やっと一部のIT産業に詳しい人達はアマゾンを当り前の様に利用し始めましたが、それでもまだ ほとんどの情報弱者は「怪しい…」と感じていました。

実際にアマゾンが急成長を遂げたのは、ここ数年のことで、それは今までは「怪しい…」と利用を控えていた人達が一気に、利用肯定派に流れ込んできたことがキッカケでした。

これと同じことが間違いなく暗号通貨にも起こると、世界各国の見識者が口を揃えて話しています。

すでに2250万倍(2017年6月現在)に相場が高騰したビットコインでさえも、まだ世の中には「知らない人」「怪しいと思っている人」が沢山います。

その人たちが一気に利用を始めたら…

そのときのビットコイン相場がどうなるかは、大よそ想像できるでしょう。


Sponsored Links

関連記事

  1. bitcoin-trendline

    【トレンドライン】仮想通貨(ビットコイン)トレード。「三角持ち合い」上…

  2. encryption-currency-start

    暗号通貨(仮想通貨)取引やトレードの始め方。国内外のオススメの取引所を…

  3. price-difference_2

    仮想通貨は取引所間の価格差で稼げる!国内・海外を上手く絡めた「おすすめ…

  4. quoinex-registration

    QUOINEXの登録方法や使い方。ビットコイン売買に必要な入金・出金方…

  5. blockchain-encrypt

    ブロックチェーンの暗号化による安全性を徹底解説!ビットコインなどの仮想…

  6. bitflyer-registration

    ビットフライヤー取引口座の作り方(口座開設)を紹介。入出金方法や反映時…

 

Sponsored Links


最新記事一覧

  1. hitbtc-registration
  2. crypto-click-affiliate
  3. gmocoin-registration
  4. bitcoincash-hardfork
  5. bitflyer-lightning
  6. monex-exchanges
  7. zaif-chart
  8. bitcoin-segwit2x-stop
  9. ethereum-parity-bug
  10. comsa-listing
Sponsored Links