【コインチェック(coincheck)】利用の注意点。暗号通貨(仮想通貨)取引所のセキュリティ対策やリスク分散は万全に!

encryption-currency-coincheck-caution

別の記事で、初心者に最もおススメな暗号通貨(仮想通貨)取引所はコインチェック(coincheck)だと述べましたが、利用に際していくつかの重要な注意点がありますので解説します。

なお、ここにでてくる注意点は、コインチェックに限らず他の取引所でも同じ様なことが言えますので、暗号通貨取引全体での注意点と認識しておいてください。

あなたの暗号通貨を守るのは業者(取引所)ではなく、あなた自身です。

通常のクレジットカードやネットバンクなどでは、不正アクセスやハッキングなどによってでた被害について、業者側が色々なサポートや対応をしてくれますが、暗号通貨の世界ではその様なサポートは全くありません。

例えば、自分自身が決めたパスワードがあまりに簡単なものであったとして、アカウントが乗っ取られてあなたがビットコインを失っても誰も補償はしてくれません。

当然、パスワードを見破られた自己責任です。

にも関わらず、暗号通貨の取引所は大金が動く場所なので、常にハッカーなど犯罪組織に狙われています。

そのため、一般的なサービスの利用に比べて、これでもかってほどにセキュリティ対策をしないとなりませんので、暗号通貨取引をする前にしっかりと頭に叩き込んでおきましょう!

参考:コインチェックの口座開設方法や本人確認登録の流れを紹介!豊富なアルトコインの取り扱いが初心者にオススメ!

コインチェックでのセキュリティ対策【初心者編】

ここでは、初心者でも簡単にすぐに対応ができるセキュリティ対策をお知らせします。

コインチェック以外の暗号通貨取引所でも共通する話もありますので、口座を開設したら是非 すぐに行ってください。

パスワードは最大限強化すること

encryption-currency-coincheck-caution1

暗号通貨取引所で使用するパスワードは確実に推測が不可能な長いものにしましょう。

なお、コインチェックのパスワードは文字数制限が非常に多い上、使える文字への制限も特にありません。

ノートンが提供しているパスワードジェネレーターなどを利用し「色々な記号が含まれた32文字」のパスワードを使いましょう。

また、暗号通貨の取引所を複数個所使う場合においても、必ずそれぞれで違うパスワードを生成するようにしましょう。

グーグルクロームなどのブラウザにパスワードを記録しないこと

encryption-currency-coincheck-caution2

通常、インターネットで色々なサービスを利用していると、ブラウザの機能を使用してそれぞれのサイト毎にパスワードを保存することが多いでしょう。

しかしながら、コインチェックなど暗号通貨取引所のサイトにおいては、絶対にブラウザにパスワードを記録しないようにしましょう。

仮にあなたが多くの資金を運用していることがハッカーの耳に入れば、犯罪組織はあらゆる角度からあなたのアカウント乗っ取りを試みます。

その手口の一つに、グーグルアカウントのハッキングが挙げられます。

各種サービスやサイトのパスワードをいくら強化しても頻繁に利用するグーグルアカウントのパスワードは短くて簡単という人が意外に多いからです。

暗号通貨取引所で扱うのは「お金」です。

あなたのアカウントはその「お金」を保管している金庫自体なので、絶対に破られないようにしておかなければなりません。

仮にグーグルアカウントのパスワードを強固なものにしたとしても、ブラウザにパスワードを保存するのとしないのでは、ハッカーの突破口が単純に2か所になるので、リスクも同じく2倍になってしまいます。

2段階認証の設定を必ず行うこと

encryption-currency-coincheck-caution3

最近ではネットショッピング最大手のアマゾンでも、アカウント乗っ取りからの詐欺被害が多くでたため、セラーに対するアカウント2段階認証が義務付けられました。

この2段階認証、一見面倒な様に感じますが、行っている場合とそうでない場合ではセキュリティが全く違いますので必ず行うようにしてください。

コインチェックで口座を開設したら、一番最初に行うのがこの「2段階認証」と思っておいて間違いありません。

【PINコードを利用した2段階認証システム】

Googleが提供しているアカウントを守るためのサービスで、通常のログインに加えて、PINコードの入力が求められるシステムです。
PINコードは数秒ごとに変化をし、スマホなどに認証システムアプリをインストールすることでリアルタイムに確認ができます。

コインチェックだけではなく、ほとんどの暗号通貨取引所で導入されています。

コインチェックでのセキュリティ対策【ベテラン編】

encryption-currency-coincheck-caution4

ここからは暗号通貨取引の初心者期間が終わり、多額の資金などを使って取引を行っていく前に理解しておきたい知識について紹介していきます。

初心者には少しハードルが高いため、少額の資金で暗号通貨取引を練習している人などは最初はスルーで大丈夫です。

もちろん、早めに行うほうが理想的なので、理解できる人はすぐにでも行いましょう。

両替した暗号通貨を取引所に置きっぱなしにしないこと

2014年に起きた有名な事件マウントゴックスの破たんにより日本でも「暗号通貨 = 危ないもの」というイメージがついてしまいました。

参考:暗号通貨とは何か?仮想通貨の簡単な仕組みや日本での普及速度が遅い理由を徹底解説!

実際にこの「危ないもの」という考え方は間違ってはおらず、暗号通貨は保管方法によっては非常に危ない状況に陥ります。

危ない保管方法というのは、「交換した暗号通貨をそのまま取引所においておくこと」です。

マウントゴックス破たん事件をもう一度 解説すると、ビットコインの世界最大のマウントゴックスの社長が不祥事を行いマウントゴックスが破たんをした際に、「マウントゴックスに預けておいた暗号通貨のほとんどがユーザーの元へ戻ってこなかった」というものです。

仮に銀行などが破たんする場合は預けているお金は預金者の手元に戻ります。(1000万円+利息分が最低限保障されています。)

しかしながら、暗号通貨取引の世界においては、この様な保護制度が存在しません。

そもそも、2017年現在においての暗号通貨は「お金」ではなく「物」扱いです。

つまり、暗号通貨の取引所は単にあなたの「物」を預かっているだけなのです。

また、暗号通貨は国が介在しない通貨であるため、全てが民間の企業みたいなものです。

企業自体が倒産したと考えると、あなたが預けていた「物」が回収できなくても別に不思議な話ではありません。

そこで、交換した暗号通貨(物)を取引所に置きっぱなしにするのではなく、自分の家に持ってきておくことが大事です。

ここで言う「自分の家に持ってくる」とは、取引所とは別の暗号通貨ウォレットに暗号通貨を移しておくことを表します。

暗号通貨ウォレットには

  • ウェブウォレット
  • モバイルウォレット
  • ハードウェアウォレット
  • ペーパーウォレット

など、いくつかの種類が存在し、それぞれでセキュリティの良し悪しが異なります。

※暗号通貨ウォレットについては別記事参照

コインチェックを利用する際の「リスク」を認識しておく

コインチェックの取引形態は、暗号通貨の直接取引ではなく、「物」としての暗号通貨の仲介販売です。

分りやすく言うと、例えばあなたがイーサリアムを購入しようとしたら、すでにコインチェックが購入してストックしているイーサリアムを円建てにして販売してもらう形をとっています。

なので、コインチェックのイーサリアムの在庫(ストック)が無くなれば当然取引は停止してしまいます。

コインチェック自体は勢いよく成長していっているので、頻繁に停止が起こることはなかなかないことと考えられますが、一つのリスクとしてその様なことが起こり得るということを認識しておきましょう。
※取引が停止された通貨は復旧するまで、買うことも売ることも出来ずにチャートを眺めるしかできなくなります。

買い注文や売り注文が殺到することによる、売買停止はFXの世界では珍しいことではありません。
FX業者によってはシステム停止などもよく起こります。

【口座開設 coincheck 公式サイト】はこちらから


日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

関連記事

  1. bittrex-registration

    bittrex(ビットレックス)【登録方法(口座開設)】徹底ガイド。仮…

  2. bitflyer-registration

    ビットフライヤー取引口座の作り方(口座開設)を紹介。入出金方法や反映時…

  3. bitcoin-arbitrage

    ビットコイン(仮想通貨)のアービトラージ方法を極めて稼ぐ!裏技的やり方…

  4. coincheck-registration

    コインチェックの口座開設方法や本人確認登録の流れを紹介!豊富なアルトコ…

  5. bitcoin-sales-volume

    【売買高】仮想通貨(ビットコイン)トレード。出来高推移の急増は上昇トレ…

  6. myetherwallet-registration

    MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の登録方法。日本語表…

 

最新記事一覧

  1. kakaotalk-bittrex-upbit_3
  2. kusa-coin1
  3. nem-wallet
  4. amazon-bitcoin
  5. ethereum-metropolis-period
  6. sbi-cryptocurrency-exchange
  7. lisk-update-delay
  8. encryption-currency-api
  9. bitcoin-jpmorgan
  10. myetherwallet-registration