DMM Bitcoin(ビットコイン)取引所が来年1月11日オープン!取り扱い通貨や手数料などを紹介。

dmm-bitcoin-exchanges

【1/12 追記】
DMM Bitcoinのサイトがオープンしました。
以下から口座開設が可能です。
外部リンクアイコンDMM Bitcoin公式サイトはこちら

DMMが、いよいよ仮想通貨取引所を開設します!

DMMは、元々「東京ビットコイン取引所」という名前で取引所を運営していましたが、2018年1月11日から「DMM Bitcoin」という名前の取引所に変更し、新サービスを展開していきます。

SBIグループ、GMOグループに続いて、メジャーどころの参入ですね!

やはり仮想通貨取引所は大金を預けますので、「知名度がある大手の取引所のほうが安心感がある」というのは、誰もが思うことです。

ここでは、オープンに先立ち、DMMから発表されたサービス内容について、解説していきます。


Sponsored Links

DMM Bitcoin(ビットコイン)取引所は2018年1月11日オープン

dmm-bitcoin-exchanges2

2018年1月11日にオープンする「DMM Bitcoin」は、元々は「東京ビットコイン」という名前の取引所でした。

それが、2017年12月20日に「東京ビットコイン取引所」から「DMM Bitcoin」に社名変更し、2018年1月から新サービスを開始します。

運営会社は、同じDMMのグループ会社ですので、仮想通貨で言えば「リブランディング」と言ったところでしょうか。

東京ビットコイン取引所は、既に12月20日より、段階的にサービスを停止しており、12月29日をもって完全に閉鎖されます。

そして、2018年1月10日に「DMM Bitcoin」の新サイトがオープン、翌12日から口座開設申し込みの受付が開始されます。

SBIグループも年明けには仮想通貨取引所を開設しますので、来年はいよいよ、古参の「ビットフライヤー」「コインチェック」「Zaif」に加えて、大手3社「GMO」「DMM」「SBI」の激しい戦いになりそうです。

おそらくDMMもSBIも口座開設は無料になると思いますので、1ユーザーとしては全部の口座を開設しておいて、それぞれの使いやすいところを組み合わせるのが一番賢いやり方ですね!

資金を分散しておけば、リスクヘッジにもなります。

DMM Bitcoinの取り扱い通貨とレバレッジ取引

dmm-bitcoin-exchanges3

取り扱い通貨は、7通貨ありますが、現物取引可能通貨ペアがビットコインとイーサリアムしかないため、他の通貨についてはレバレッジ取引のみの扱いのようです。

入出金可能通貨が「日本円、ビットコイン、イーサリアム」だけになっていますので、ビットコイン、イーサリアム以外の通貨については、販売所形式での取り扱いもないようですね。

やはり特徴は、「レバレッジ取引の通貨ペアが非常に多い」ということでしょう。

日本の他の取引所では、レバレッジ取引はビットコインのみがほとんどです。

DMM Bitcoinは、これらのアルトコインについてもレバレッジ取引が可能なので、アルトコインのボラティリティ(ビットコイン以上!)とレバレッジを有効活用した、非常に資金効率のよいトレードが可能です。

ただし「ボラティリティが大きいアルトコインをレバレッジを効かせて売買する」ということは、それだけ損失も大きくなります。

そのため、レバレッジ倍率は、他の取引所が15~25倍であるのに対して、DMM Bitcoinは5倍固定に抑えられています。


Sponsored Links

売買手数料と注文機能

dmm-bitcoin-exchanges4

手数料については、ほぼ無料という、かなり太っ腹な設定になっています。

レバレッジ取引の通貨ペアにアルトコインが多く含まれていることから、アルトコインのレバレッジトレーダーを呼び込んで、スワップで収益を上げる方針なのでしょうか。

あとは、仮想通貨の入出金時の「(マイナーへの手数料はお客様負担)」のところが、若干気になりますね。

これは、どのくらいなのか、また時価のように送金時の状態によって変わるものなのか、など詳しいことは不明です。

dmm-bitcoin-exchanges5

注文機能については、一通りのものが実装されているようですね。

レバレッジ取引にある「クイック決済」とは、どのような機能なのか詳細はわかりませんが、GMOコインのスマホアプリにある「スピード注文」と同じように、ワンクリックで注文、決済ができる機能であれば、非常に使いやすい機能です。

DMM Bitcoinの他の機能

dmm-bitcoin-exchanges6

PC上の取引画面のレイアウトはカスタマイズが可能とのことです。

取引画面が、自分の使いやすいように変更できるのは、非常にありがたいですね。

既に使い慣れた取引所のレイアウトに合わせることができれば、誤操作なども ある程度防げるのではないでしょうか。

そしてもちろん、スマホアプリ(iOS版、Android版)も用意されています。

チャート上で使えるテクニカル指標は、「移動平均線」「一目均衡表」「MACD」「RSI」が記載されていますが、「など多数」とありますので、他にもたくさん使えるようです。

できれば、ボリンジャーバンドも欲しいところですね。

また、「チャートから発注する機能」というものがあるようです。

これが、どのような機能かは不明ですが、PC版、スマホ版の両方に実装されるようで、例えば、チャート上をクリックすることで注文価格が入力できたりするようになるのであれば、かなり使える機能になるでしょうね。


Sponsored Links

関連記事

  1. centrality-ico

    セントラリティ(centrality)のICOで仮想通貨のDAppsプ…

  2. monacoin-event

    モナコインのイベント【秋葉原ジャック(広告プロジェクト)】の日程と内容…

  3. loyalcoin-ico

    LOYALCOIN(ロイヤルコイン)のICO登録とトークン購入方法を解…

  4. bankera-ico-registration

    Bankera(バンクエラ)のICO登録とトークンの購入方法。仮想通貨…

  5. swell-swift

    SWELL(スウェル)のアジェンダ【徹底解説】リップルがSwift(ス…

  6. nem-mosaic-howto

    NEMのモザイク(mosaic)を使った独自トークンの作り方を紹介!作…