分散型取引所とは?DEX(仮想通貨)の仕組みや主なメリットとデメリットをわかりやすく解説。

dex-exchange

仮想通貨を取引する場である、「取引所」には、大きく分けて2種類存在します。

ほとんどの仮想通貨取引所は「中央集権型」と呼ばれるもので、特定の企業などが運営を行います。

今回のテーマである「分散型取引所(DEX)」は、この「中央集権型」とは違う特徴を持っているのです。

それでは、「中央集権型」との異なる点も含めて、解説していきますね。


Sponsored Links

分散型取引所(DEX)とは?

dex-exchange2

分散型取引所(DEX)は、Decentralized EXchangesの略称です。

このDEX(デックス)は中央管理者を介さず、ユーザー自身が取引を行う取引所であり、ブロックチェーン上で運営されています。

取引を行うのが、ユーザー同士であるため、取引を行う際に取引所への登録、本人確認(KYC)などが不要になるのです。

その代わり、秘密鍵を保管し、仮想通貨を管理するのも、全てユーザー自身になります。

まさに、「自らの身は、自らで守る」というスタンスです。

では、DEXについて中央集権型との違いを交えながら、具体的に見ていきましょう。

秘密鍵の管理先

dex-exchange7

分散型取引所(DEX)では、秘密鍵はユーザー自身が管理します。

一方、中央集権型は取引所運営会社が秘密鍵を管理します。

このため、中央集権型の取引所は、過去にユーザーを不安にさせるような事件を実際に起こしています。

2014年に起きたMt.gox(マウントゴックス)事件、2018年に起きたコインチェックのNEM流出事件、などが有名ですね。

取引所運営会社がハッキングを受けてしまうと、会社が管理していた秘密鍵が流出し、その会社が管理していたユーザーの資産が失われてしまうことがあります。

もちろん、ハッカーは、たくさんのビットコインを管理している中央集権型の取引所を狙います。

しかし、DEXはユーザー自らが秘密鍵を管理するため、ハッカーに狙われにくく、自分の仮想通貨を失うリスクは低い、といえるでしょう。

取引所としての利便性

一般的によく目にする、コインチェックやビットフライヤー、バイナンスなどの仮想通貨取引所は、ほとんどが中央集権型です。

これらは、DEXに比べて、取引高が多く、扱われている仮想通貨の種類も豊富ですね。

また、DEXでの基軸通貨は、そのDEXを維持しているブロックチェーンに依存しますので、取引板の通過ペアについては、残念ながらBTC建てや、JPY建てがありません。

つまり、利便性においては中央集権型のほうがDEXを上回っていますね。


Sponsored Links

DEX(Decentralized Exchanges)のメリットとデメリット

dex-exchange3

分散型取引所(DEX)はユーザー自らが秘密鍵を管理し、ブロックチェーン上でP2P取引が行われる取引所です。

対比される中央集権型は、ハッカーに狙われやすく、実際にユーザーの仮想通貨を失わせてしまう事件を起こしてしまいました。

このため、DEXはユーザー自身が管理するため自己責任にはなりますが、セキリュティが高いといえます。

しかし、流通が盛んなのはDEXよりも、中央集権型です。

このように、DEXにはメリットもあれば、デメリットもあります。

DEXのメリット

DEXのメリットとして、第一に挙げられるのが、ハッキングのリスクが低いということです。

さらに、取引所に登録する際に必要になる、本人確認(KYC)が不要です。

個人差はあると思いますが、本人確認は手間がかかり、実際に本人確認(免許書やパスポートのデータを取引所に渡すことになる)に抵抗があるため、取引所への登録を遠慮している方も多いです。

DEXでは、その本人確認(KYC)が不要であるため、とても助かりますよね。

また、分散型であるため、基本的にサーバーダウンがないものメリットです。

あとは、中央管理者(運営会社)がいないので、「各国の法律や規制の影響を受けにくい」というのもありますね。

DEXのデメリット

中央集権型と比べ、DEXの利用者が少ない点はデメリットといえます。

利用者が少ない、ということは仮想通貨の流動性が低いということですから、取引に要する時間なども少しかかる傾向にあります。

また、総じて売買手数料が高いDEXが多いので、頻繁に取引するには向いていません。

あとは、中央管理者がいないため、何か問題が起きても、サポート窓口がなく、全て自分で解決する必要があります。

主な分散型取引所の紹介

分散型取引所(DEX)は、仮想通貨取引所で主流となっている中央集権型とは違った特徴を持っています。

現時点では、利用者がまだ少ないですが、今後のDEXの発展には、とても期待が持てます。

ここからは軽くですが、有名なDEXについて、いくつか紹介していきます。

Etherdelta(イーサデルタ)

dex-exchange4

Etherdelta(イーサデルタ)の基軸通貨は、名前で想像できるかと思いますが、イーサリアムです。

イーサデルタでは、イーサリアム(ETH)のERC20トークンとして発行されている、全ての仮想通貨が取引されています。

現段階では、有名ではないERC20トークンなども扱われるため、ERC20トークンとして発行されている、マイナーなトークンなどに興味がある方にオススメです。

Kyber Network(カイバーネットワーク)

dex-exchange5

Kyber Network(ガイバーネットワーク)は、KNCという取引所トークンを発行しています。

発行枚数の上限は2億2600万枚であり、この数値はビットコインの約10倍です。

さらにカイバーネットワークには決済API(Application Programming Interface)という機能があり、イーサリアム以外の通貨での支払いの際に役立ちます。

つまり、イーサリアムに変換する手間を省き、さらに手数料がかからずに支払いが可能になるため、とても便利ですね。

OpenLedger(オープンレジャー)

dex-exchange6

OpenLedger(オープンレジャー)は世界で初の分散型取引所(DEX)です。

オープンレジャーはデンマークCCEDK、そしてBitshares(仮想通貨)の開発チームと共同で開発されました。

さらに、オープンレジャーは会員制を導入しており、手数料が安いという特徴もあります。

また、「取引速度が非常に早い」ともいわれているためとても魅力的に感じますね。

Binance(バイナンス)


(6分11秒 の紹介動画。音声が出ます。)

Binanceは、中央集権型の取引所ですが、2018年3月に分散型取引所(DEX)の設立を発表しています。

また、2018年8月9日には、そのDEXのデモ動画を公開しています。

詳細はまだ発表されていませんが、BinanceがDEXに関連する施策を出すと、ますますDEXを利用するユーザーが増えていくことが予想されます。

デモ動画が公開されたため、動きがあるのも近日になることが予想されます。

Binanceの今後の発表に期待が高まりますね。


Sponsored Links

関連記事

  1. kusa-coin1

    草コインとは億り人への夢の架け橋!?おすすめの取引所「CoinExch…

  2. freebitcoin-howtoplay

    フリービットコインの遊び方や登録方法。ゲームの使い方とボーナス攻略での…

  3. mold-ico

    MOLD(モルド)という仮想通貨のICOクラウドセールに注目!暗号通貨…

  4. hitbtc-registration

    HitBTCの口座開設(登録方法)を紹介。本人確認不要で入金・送金制限…

  5. crypto-currency-register_2

    仮想通貨交換業者一覧【金融庁公認】2017年12月末のリストアップ取引…

  6. bitcoin-hardfork

    ビットコイン(BTC)分裂でもらえる仮想通貨【2017年12月~201…