仮想通貨のイベントまとめ【2018年1月版】注目は、リップルCoinbase上場の噂や新規国内取引所の開設予定など。

cryptocurrency-jan-event_3

仮想通貨元年と言われた2017年は、如何だったでしょうか?

2018年になっても、まだまだ、仮想通貨の勢いは、衰えそうにはありませんね。

また、2018年は、年明け早々から、様々な大イベントが用意されています。

そこで、今回は、2018年1月のイベントについて、まとめてみました。


Sponsored Links

2018年1月の仮想通貨イベントまとめ

cryptocurrency-jan-event1_2

まずは、2018年1月に予定されているイベントをまとめて紹介していきます。

大イベントについては、後ほど、1つ1つ詳細を解説していきますね。

まず、主要通貨関連についてです。

  • 1月1日 :BCH CoinBase上場 ※12月20日に上場済み
  • 1月2日 :ビットコインキャッシュプラスのハードフォーク※1月10日に延期
  • 1月5日 :ADA ロードマップアップデート
  • 1月10日:DMM Bitcoinサイトリニューアルオープン
  • 未定  :SBIバーチャルカレンシーズ 取引所開設
  • 未定  :mijinにカタパルト実装
  • 1月末  :リップルCoinbase上場(噂レベル)
  • 1月中  :LISKコアアップデート ※12月31日から延期

次に、カンファレス関連についての予定です。

  • 1月6、7、20日 :ALIS Meetup
  • 1月8日    :インターネットブロックチェーンサミット(ドバイ)
  • 1月8日    :シンガポールミートアップ(シンガポール)
  • 1月8日~31日 :NEM Global Hackathon
  • 1月11日    :IOTA ニューヨークミートアップ(ニューヨーク)
  • 1月15日    :サンフランシスコフォーラム(サンフランシスコ)
  • 1月18日    :ビットコイン北 アメリカ カンファレンス(フロリダ)
  • 1月25日    :ブロックチェーン&ビットコインカンファレンス(マニラ)
  • 1月26日    :NEO サンフランシスコカンファレンス(サンフランシスコ)
  • 1月30、31日  :NEO Devcon(サンフランシスコ)

MIJIN(ミジン)へのカタパルト実装

cryptocurrency-jan-event3

2017年11月から12月にかけて、プライベートブロックチェーン「MIJIN」にて、カタパルトのクローズβテストが実施されています。

まだ、詳細な日にちの発表はされていませんが、そのβテストにて問題がなければ、1月中に「mijin 2.0 Catapult」として、オープンソースが公開される予定です。

カタパルトを実装すると、現在のクレジットカードと同等の決済スピードを持つと言われています。

また、その他にも

  • On-Chain Asset Modeling
  • Smart Signing Contract
  • Aggregate Transactions

という特徴を兼ね備えることになります。

NEMへの実装は、MIJINである程度、実績が積めてからということになるため、早くても、2018年中旬か下旬になりそうですね。

詳しくは、別の記事にまとめていますので、是非参考にしてください。

参考:NEM(ネム)のアップデート「カタパルト」の紹介動画が公開!今後のリリース予定の発表で価格高騰。

また、NEMについては、1月8日から「NEM Global Hackathon」というイベントが開催されます。

ハッカソンとは、ハックとマラソンをかけ合わせた言葉で、今回のイベントは、NEMのプラットフォームを使った企画や開発を短期間で集中的に行い、そのアイデアを競い合うコンテストです。

これによって、NEMの新たな将来的な可能性が広がるかもしれませんね。


Sponsored Links

リップル(Ripple)Coinbase上場の噂

12月に国際送金のテスト開始やSBIバーチャルカレンシーズでの取り扱いの期待から価格を一気に上昇させたリップルですが、1月にも取引所Coinbaseへの上場の噂が話題となっています。

CoinBaseは、仮想通貨業界では老舗と言っても良いくらいの歴史があり、1100万人を超える利用者を抱える取引所で、日本では、2016年7月に三菱東京UFJ銀行との提携をきっかけに、知られるようになりました。
※2012年6月に開設

このCoinbase上場については、正式に発表されたものはありませんが、ツイッターなどでは、以下のように話題となっています。

もし、これが事実であれば、さらにリップルの価格は高騰するのは、間違いないでしょう。

また、2018年、リップルについては、このCoinbase上場以外にも、

  • 内外為替一元化コンソーシアムとグローバル送金ネットワークの商用利用開始
  • 発展途上国向けの決済プラットフォーム「Mojaloop」の開始
  • SBIバーチャルカレンシーズでの取引開始
  • その他、世界の有名銀行との提携

のような好材料がたくさん予定(噂も含む)されており、2018年に高騰する通貨として注目されています。

LISK(リスク)のコアアップデート

cryptocurrency-jan-event4

【2018/1/8追記】
LISKの1.0コアアップデートは、1月に延期になりました。(明確な日付は不明)

リスクのコアアップデートについては、12月31日と予定されていますが、かなり重要なアップデートになりますので、ここで記載します。

リスクの現在のバージョンは「0.9.11」ということで、まだ「1.0.0」になっていないのです。

つまり、リスクは、この12月31日のバージョンアップを行うことで、初めて本来のリスクの姿になると言ってよいでしょう。

このアップデートは、9月に一度予定されていたのですが、9月の時には、価格が、200円から900円を超えるところまで上昇しました。

それだけ、世の中から注目されているということですね。

また、リスクは、リブランディングやSDKリリースなど、2018年には、たくさんの重要なイベントを発表しています。

その件については、別途記事にまとめていますので、以下を参考にしてください。

参考:LISK(リスク)イベントスケジュール【2017年12月最新版】リブランディングやアップデートで価格高騰なるか!

新規国内取引所の開設

cryptocurrency-jan-event5
注目すべきイベントは、「通貨」だけではありません。

取引所が新しくできたり、リニューアルされることにより、取り扱われる通貨に、とても大きな影響を与えます。

例えば、2017年に、モナコインがビットフライヤーで取り扱われ始めた時、モナコインの価格が大きく上昇しました。

そこで、2018年1月に開設される2つの取引所を紹介しておきたいと思います。

DMM Bitcoinリニューアルサイトオープン

1つ目は「DMM bitcoin」で、1月10日に開設されます。

もともと「株式会社 東京ビットコイン」という社名で運営していたのですが、12月12日に「DMM Bitcoin」という社名に変更し、サービスも一新してリニューアルオープンすることになりました。

気になるサービスについては、

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ネム
  • リップル
  • ライトコイン
  • イーサリアムクラシック
  • ビットコインキャッシュ

と取り扱い通貨も全7種類と大幅に増え、14個の通貨ペアでレバレッジ取引が可能になります。

また、14個の通貨ペアの中には、日本円ではなく、ビットコインとの通貨ペアも存在します。

このDMM Bitcoinが国内取引所の中で、どのような地位を築いていくのか、とても楽しみですね。

なお、口座開設受付は、1月11日からです。

参考:DMM Bitcoin(ビットコイン)取引所が来年1月11日オープン!取り扱い通貨や手数料などを紹介。

SBIバーチャルカレンシーズ

2018年1月に開設が予定されている取引所のもう1つが「SBIバーチャルカレンシーズ」です。

SBIと言えば、国内企業の中でもトップクラスに仮想通貨への取り組みが積極的な企業ですよね。

国内ネット証券では、最大手となるSBIグループの取引所ということで、2017年夏頃から注目されていました。

世界中を見てみると、ハッキングなども頻繁に起こっているため、仮想通貨取引所にとって、安心安全は第一ですよね。

そのため、このような大手企業が運営する取引所には、否が応でも、期待してしまいます。

さて、気になる取り扱い通貨についてですが、現在、金融庁に登録されているのは、ビットコインだけです。

しかし、SBIグループはリップル社と提携をしていますし、ビットコインキャッシュのマイニングも行っていますので、この3通貨は、取り扱うことになるでしょう。


Sponsored Links

関連記事

  1. monacoin-twitter2

    モナコインをツイッターで送金しよう!tipmona(チップモナ)で投げ…

  2. what-is-wanchain

    Wanchain(ワンチェーン)とは?仮想通貨WANが上場したバイナン…

  3. replay-attack-protection

    リプレイアタック対策(リプレイプロテクション)とは?ビットコイン大好き…

  4. factom-howto-buy

    ファクトム(Factom)の購入方法を紹介。将来性や発行枚数など通貨の…

  5. lightning-network1

    ライトニングネットワークの仕組みと実装状況。仮想通貨の手数料減少と送金…

  6. cryptocm-registration

    CryptoCM(クリプトシーエム)の登録方法。レバレッジ最大200倍…