COS(Contentos)バイナンスDEXに上場!BNBに変わる新しいステーブルコインが基軸通過のペアとして誕生

cos-contentos00

Sponsored Links

バイナンスが独自で開発した分散型取引所「Binance DEX」に、ステーブルコインにおけるBNB以外の基軸仮想通貨取引ペアが上場しました!

非中央集権的コンテンツに取り組むプロジェクトContentosがバイナンスチェーンで発行している通貨「COS」が上場したDEXでは、BNB以外の仮想通貨を基軸通貨ペアとして取引されることになります!

ここでは新たに上場したバイナンスDEXの通貨ペアやCOSについて解説していきます。

なお、こちらはYouTubeでも詳しく解説していますので、是非、ご覧下さい。

ステーブルコインの取引ペア

cos-contentos01

今回、新しく発表された取引ペアは以下の2つです。

  • COS/USDSB
  • COS/BTCB

「USDSB」は米ドルのステーブルコインプロジェクトStablyがバイナンスチェーンで発行するDEXベースの通貨です。

そして「BTCB」はバイナンス側がバイナンスチェーンで発行したBTC現物に連動するステーブルコインになります。

バイナンスCEOのCZ氏によるとBTCBやUSDSBにおいてはBNBだけでなく、その他の銘柄に対する基軸通貨ペアの取引提供はDEXの取引高の向上やユーザーの取引オプションの拡大に恩恵をもたらすものであるということです。


Sponsored Links

COS(Contentos)とは

cos-contentos02

COSは、分散型コンテンツ配信プラットフォームです。

簡単に説明すると、Contentosが解決したい課題は以下のようなものです。

  • 報酬の中間マージン削減
  • コンテンツ配信トラフィックの最適化
  • デジタルコンテンツの著作権保護
  • 支払いの透明化

要するに、従来の中央集権型のコンテンツ配信プラットフォームに、ブロックチェーン技術を使うことで効率化を図るということになります。

バイナンスDEXの展望

cos-contentos04

バイナンスDEXは開始してわずか2ヶ月でCoinMarketCapの87位にランクインしています。


毎週のように新規トークンをリスティングする企画もありますし、DEXが今後どのようにエコシステムを展開させていくのかに注目が集まります。

それと以前にこちらのブログでお伝えしていましたが7月1日から、米国や日本でDEXへのアクセスが禁止される予定でしたが、こちらは【9月12日】からに日程変更されることが発表されています。

この日は本家バイナンスが米国居住者に対するアクセスを停止する日程と同じになりますのでサービスの利用に関しては十分に注意するようにして下さい。


Sponsored Links

関連記事

  1. quoine-binance

    QUOINEがバイナンス(BINANCE)とパートナーシップを発表!取…

  2. monex-exchanges

    マネックスが仮想通貨取引所を開設する3つの理由!マイニング事業などで培…

  3. crypto-currency-register_2

    仮想通貨交換業者一覧【金融庁公認】2017年12月末のリストアップ取引…

  4. ledger-myetherwallet

    Ledger Nano S(レジャーナノS)とMyEtherWalle…

  5. dag-blockchain-iota_2

    DAGとは次世代のブロックチェーン!?仮想通貨IOTA(アイオータ)に…

  6. lisk-nano-wallet

    LISK(リスク)のウォレット作成方法や使い方を図解で解説!採用される…