コインチェックがCoincheckつみたてを開始。仮想通貨の自動積立サービスを手数料無料で始めよう!

coincheck-reserve00

Sponsored Links

日本を代表する仮想通貨取引所のCoincheck(コインチェック)が、2019年11月6日に仮想通貨の自動積立サービス「Coincheckつみたて」のサービスを開始しました!

この積立サービスでは、効率的な資産運用方法として知られるドルコスト平均法が用いられています。

Coincheckつみたてはユーザーが指定した金額に相当する仮想通貨を毎月定期的に積み立てることができるサービスで、口座振替手数料と積立サービス手数料が無料になっています。

ここではCoincheckつみたての概要やドルコスト平均法について説明します。

Coincheckつみたてとは?

coincheck-reserve01

Coincheckつみたては、ユーザーが指定した金額に相当する仮想通貨を毎月定期的に積み立てることができるサービスで、口座振替手数料と積立サービス手数料が無料になっています。

積立金額は10,000円以上100,000円以下の範囲になっていて1,000円単位での設定が可能になっています。

サービス開始時点ではビットコイン(BTC)のみ積立てができるようになっています。

しかし、コインチェックの発表では対象となる仮想通貨は順次追加していく予定だと説明されています。

ドルコスト平均法を採用

coincheck-reserve02

Coincheckつみたてで採用されている「ドルコスト平均法」は、ビットコイン投資で有力な手法の1つとして知られる投資法で、資金を分割して「高い時には少なく、安い時には多く」買い付ける方法です。

そのため、価格変動が激しい仮想通貨市場でも長期的に資産形成ができるようになっています。

ちなみに今回のサービスは、コインチェックの口座を有している個人向けに提供されていて、法人は今の所サービスの対象外になっています。


Sponsored Links

Coincheckつみたて導入の経緯

coincheck-reserve03

コインチェック社は、厚生労働省が発表した「平成29年簡易生命表」を例に、2017年生まれの男性が95歳まで生きる確率は9.1%、2017年生まれの女性が95歳まで生きる確率は25.5%と予想されており「人生100年時代」を迎えていると言われていることにも言及しています。

これは2019年6月に金融庁の市場ワーキング・グループが発表した報告書「高齢社会における資産形成・管理」が世間で話題となり、資産運用への注目が高まるきっかけの1つになった「年金2000万円問題」を指しているものと思われます。

コインチェックは今回のサービス開始を通じて、さらに多くの人々に仮想通貨を利用した長期的な資産形成の機会の提供を目指すとコメントしています。


Sponsored Links

関連記事

  1. bat-cryptocurrency

    BAT(バット)とは?仮想通貨取引所での買い方と今後の将来性についても…

  2. lisk-nano-wallet

    LISK(リスク)のウォレット作成方法や使い方を図解で解説!採用される…

  3. lisk-halflife00

    LISK(リスク)の半減期は2019年10月15日予定。カウントダウン…

  4. crypto-2017-2018-rateup

    仮想通貨上昇率ランキング【2018年1月最新版】2017年一年間を時価…

  5. zaif-token

    【comsaで急騰!?】zaif(ザイフ)トークンとは?買い方や価格チ…

  6. neon-wallet32

    NEON wallet(ネオンウォレット)の使い方と登録方法!保管する…