コインチェックがビットコインSVの交付を発表しビットコインキャッシュの価格も高騰中!受け取り方法や今後の流れを徹底解説

coincheck-bitcoinsv00

Sponsored Links

コインチェックが2018年11月16日にビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークで発生したビットコインSV(BSV)を日本円で交付することを発表しました。

この発表を受けビットコインキャッシュの価格が高騰し、ビットコインSVも一時高騰を見せました。

ここではコインチェックでのビットコインSVの受け取り方法について解説していきます。

なお、こちらはYouTubeでも詳しく解説していますので、是非、ご覧下さい。

コインチェックがビットコインSVの交付を発表

coincheck-bitcoinsv01

コインチェックはもともと、ハードフォークによる対応については何も言及していませんでした。

しかし、日本時間3月18日にハードフォークで発生したビットコインSVを交付することを公式発表。

コインチェックでビットコインキャッシュを保有していたホルダーからは喜びの声が挙がりました。

現在、コインチェックではビットコインSVのサポートは行っていないため、ハードフォークされたビットコインSVは日本円で取引残高に反映されます。

交付対象者

ビットコインSVの交付対象者は2018年11月16日のハードフォーク発生時点でCoincheckの取引アカウントか仮想通貨アカウントにビットコインキャッシュを保有し、かつ2019年3月18日AM11:00時点で当該アカウントが通常通り利用できる状態になっているユーザーのみとなっています。

交付額について

交付額についてはコインチェック社でビットコインSVを売却後、対象者のビットコインキャッシュの保有量に応じて交付されます。

交付予定日時について

交付予定日時については、市場価格等へ影響する可能性があるとの理由で、公表されていません。

交付の実施後にコインチェックの公式SNS等により連絡があるとのことです。


Sponsored Links

コインチェックでビットコインSVの取り扱いは?

coincheck-bitcoinsv02

コインチェックの公式サイトによるとコインチェックでのビットコインSVの取り扱いは現在、未定となっています。

しかし、公式サイトでわざわざ未定と記載していることから、今後、もしかするとなんらかの進捗があることも期待できます。

今回のサプライズとも言える、交付により、コインチェックに対する期待も一時的に高まっていると思います。


Sponsored Links

関連記事

  1. zaif-chart

    zaif(ザイフ)のチャートの見方を解説。充実したテクニカル指標(イン…

  2. factom-howto-buy

    ファクトム(Factom)の購入方法を紹介。将来性や発行枚数など通貨の…

  3. CELR00

    CELR(仮想通貨)とは?バイナンスローンチパッドで過去最大の購買需要…

  4. exchanges-token

    取引所トークン一覧【2018年最新版】。独自に発行された仮想通貨の配当…

  5. what-is-wanchain

    Wanchain(ワンチェーン)とは?仮想通貨WANが上場したバイナン…

  6. dag-blockchain-iota_2

    DAGとは次世代のブロックチェーン!?仮想通貨IOTA(アイオータ)に…