COMSAトークン(CMS)の受取方法と12/4のZaif取引所上場後の値動き予想!ETHかXEMの選択の影響は?

cms-zaif-receive

2017年のICO調達金額が、第5位と言われているCOMSAトークンの受取登録が開始されましたね。

それと同時に、12/4のZAIF取引所への上場が決定しました。

世界が注目したCOMSAですので、上場直後に売買がさかんに行われるのは、間違いないでしょう。

今回は、COMSA(CMS)トークンの受取方法の説明と12/4のZAIF取引所への上場後の値動きについて予想していきたいと思います!


Sponsored Links

COMSAトークン(CMS)の受取方法

はじめに、COMSAトークンの受取方法を説明しておきます。

このCOMSAトークンは、2種類存在し、受け取る際にどちらかを指定することになります。

1つは、イーサリアムベースの「CMS:ETH

もう1つは、ネムベースの「CMS:XEM

この2つは、同じCOMSAトークンですが、売買板も異なることから、別物のトークンと考えた方がよいでしょう。

そのため、この記事にも後述していますが「ETHベースで受け取るべきか」「XEMベースで受け取るべきか」を、様々な影響を考えながら「決める」というのが、COMSAトークンの受取方法の1ステップ目となります。

なお、1000CMSトークン持っていたとして、500CMSはETHベースで、500CMSはXEMベースで受け取るなどと両方選択することはできません

どちらか一方で全部受け取る必要があります。

さて、どちらで受け取るかは、各自で決めてもらうしかないとして、実際の受取方法を、4通り紹介していきたいと思います。

4通りとは、

  • ZAIFで、イーサリアムベースのトークンを受け取る
  • ZAIFでネムベースのトークンを受け取る
  • MyEtherWallet(イーサリアムベース)で受け取る
  • NanoWallet(ネムベース)で受け取る

今現在では、CMSトークンの上場先はZAIFだけですので、ウォレットで受け取る方もZAIFの口座を作っておくことをおススメします。

また、どれを選択したとしても、受取アドレスを確認したあと、COMSAのダッシュボードからアドレスを登録して、11/30以降に最後の送信ボタンを押すことになります。

ZAIFでイーサリアムベースのトークンを受け取る

ZAIFでイーサリアムベースのトークンを受け取る方法を説明していきます。

cms-zaif-receive1

  1. ZAIF口座の入出金画面にアクセス
  2. 新しく増えた「ERC20Token」をクリック
  3. 「入金」をクリック
  4. 「ERC20入金用アドレスを取得」をクリック
  5. 「ERC20入金用アドレスには…表示します。」をクリック
  6. 表示されたアドレスが受取アドレス

ZAIFでネムベースのトークンを受け取る

ZAIFでネムベースのトークンを受け取る方法を説明していきます。

cms-zaif-receive2

  1. ZAIF口座の入出金画面にアクセス
  2. 新しく増えた「Mosaic」をクリック
  3. 「入金」をクリック
  4. 表示されたアドレスが受取アドレス

「上のメッセージをコピー…表示します。」をクリックしてもアドレスが表示されますが、こちらでは受け取れませんのでご注意ください。

MyEtherWalletで受け取る

MyEtherWalletで受け取る方法を説明していきます。

MyEtherWalletの基本操作については、以下の記事を参考にしてください。

参考:MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の登録方法。日本語表示や送金・入金などの使い方も徹底解説!

cms-zaif-receive3_2

  1. MyEtherWalletの「お財布情報を見る」画面にアクセス
  2. 自分のアドレスに表示されたアドレスが受取アドレス

NanoWalletで受け取る

NanoWalletで受け取る方法を説明していきます。

NanoWalletの基本操作については、以下の記事を参考にしてください。

参考:Nano Wallet(ナノウォレット)の使い方【PC版 NEMウォレット】インストールや入出金方法を徹底解説!

cms-zaif-receive4

  1. NanoWalletの「アカウント」画面にアクセス
  2. 「アドレス」に表示されたアドレスが受取アドレス

COMSAに受取アドレスを設定

4パターンのいずれかで、アドレスが用意出来たら、次はCOMSAに登録をしていきます。

cms-zaif-receive5

  1. COMSAのダッシュボードにログインし「トークン受取」をクリック
  2. 「ZAIF取引所で送金受取」「ウォレットで送金受取」のいずれかを選択
  3. 「イーサリアムベース」「ネムベース」のいずれかの受取を選択
  4. 受取アドレスを入力
  5. 「設定」をクリック

cms-zaif-receive6

  1. 受取方法とアドレスを確認
  2. 「上記について同意の上、CMSトークンを受け取る」をクリック
    ※11/30以降しかクリックできません。

もし、他の方法やアドレスで受け取りたい場合は、もう一度、同じ操作をすることにより、再設定できます。


Sponsored Links

12/4のZaif取引所上場後の値動き予想!

cms-zaif-receive7

12月4日にCOMSAトークンがZAIF取引所に上場することが決定しました。

上場後、どのような値動きをするのか気になりますよね!

そこで、ZAIF取引所上場後の値動きを予想するために、過去のICO案件を考えてみました。

調達金額100億超えで、発行元が取引所を持っていて、既に上場しているICO案件はないかと…

「ありました!」

QUOINE社が実施した、LIQUIDプラットフォームのICO「QASH」です。

上記にQASHの上場後の値動きの図を表示していますが、まず、上場時の特有の跳ねがあります。

その跳ね後は、一旦下落がり、その後揉み合いを脱出するかのように、緩やかな上昇トレンドを描いています。

他のICO案件も大手取引所に上場できた通貨は、基本的にこのようなチャートの動きをします。

QASHについては、ICO期間が非常に短かったことと、リフェラル報酬がほとんどなかった為、まさに理想的なチャートを描くことになりました。

では、COMSAトークンはどうかというと、

  • 販売期間が長かったこと
  • 販売上限がなかったこと
  • リフェラル報酬が大量に出ていること

この3つの違いがあり、QASHほどの理想的なチャートは望めないため、一旦、上場時の跳ね後は、QASH以上に大きく下がるのではないかと思われます。

しかし、COMSA案件自体が、非常に魅力的ですし、ロックアップ計画も発表されていますので、リフェラル報酬が売りつくされたところで、徐々に持ち直してくるでしょう。

そのため、もしCOMSAトークンを上場後、購入しようと検討しているのであれば、上場後、大きく下がった時が狙い目だと思われます。

どちらにせよ、まだZAIF取引所の口座を持っていない人は、本人確認などに時間がかかる可能性がありますので、早めに開設だけしておくことをおススメします。

参考:zaifの口座開設方法と使い方を紹介。独自の積立システムや入金方法、取り扱い通貨まで徹底解説!

ETHかXEMの選択の影響について

cms-zaif-receive8

さて、上場後の売買とは別に、もう1つ迷ってしまうのが、イーサリアム(ETH)ベースで受け取るのか、ネム(XEM)ベースで受け取るのか、ということでしょう。

どちらで受け取るかによって、ZAIF上場時に参加する売買板が異なってきますので、すぐに売買しようとしている方にとっては、第一の運用分岐点となります。

まず、知名度という点からいくと、イーサリアムの方が上でしょう。

なので「どちらでも良い」「よく分からない」という人は、イーサリアムに動くと思われます。

また、Etherdeltaへの上場も噂されていますし、海外取引所が取り扱いをしやすいということを考えると、イーサリアムベースでの受取の方が多いのではないでしょうか。

しかし、前述したように、リフェラル報酬を売却する人の量もイーサリアムの方が多いと思われます。

そのため、上場直後の跳ねのあと、大きく下落するという可能性も十分に考えられるでしょう。

値崩れする前に、ある程度、テックビューロ社からの調整が入るとは思われますが…

結果的には、その時になってみないと分からないというのが現状ですが、この同じトークンなのに、板が違うという状況がどのようになるのか、非常に楽しみですね。


Sponsored Links

関連記事

  1. comsa-ico-registration

    comsa(コムサ)のico事前登録。仮想通貨で支払い可能なトークンセ…

  2. ethereum-metropolis-period

    イーサリアム(Ethereum)のメトロポリスの時期は10/9の可能性…

  3. nem-apps

    NEM Wallet(ネムウォレット)の使い方【iOS版アプリ】インス…

  4. changebank-ico

    ChangeBank(チェンジバンク)のICOトークンセールへの参加方…

  5. zaif-chart

    zaif(ザイフ)のチャートの見方を解説。充実したテクニカル指標(イン…

  6. airswap-trade-protocol

    AirSwap(エアスワップ)のicoが決定!仮想通貨イーサリアムの分…

 

Sponsored Links


最新記事一覧

  1. ada-wallet-daedalus
  2. bitzeny-exchange
  3. bitcoin-hardfork
  4. ada-coin-loadmap
  5. lisk-event-schedule
  6. cms-zaif-receive
  7. ethereum-classic-halflife
  8. binance-registration
  9. nem-mosaic-howto
  10. hitbtc-registration
Sponsored Links