中国のICO禁止規制が2017年仮想通貨市場に与える影響は?今後は日本のCOMSAに資金が流入するか!?

china-regulation

仮想通貨市場へ多大な影響を与える中国。

これまでの仮想通貨の歴史を振り返ると、相場が活気づいているタイミングで、中国での仮想通貨に関する何らしらの規制が入り、しばらく相場が調整に入るというケースが多いですよね…

今回はなんと「ICO」が全面規制とのこと。

これに懸念をした投資家(トレーダー)が売りに売りを浴びせて仮想通貨全体の下落調整が続いています。

おそらく、2017年後半の仮想通貨市場が今後どのように動いていくのか気になるところではないでしょうか。

とくに、今後の「仮想通貨 / 円」の動向や日本国内のICOにどのような影響があるのか心配で心配で仕方がありませんよね。

未来のことは絶対にわからないので今後を予測することはナンセンスですが、「どうなったらどうするのか?」というシュミレーションをして事前準備しておくことは重要なことです。


Sponsored Links

なぜ中国でICOが全面禁止規制されたのか?

china-ico-regulation3

そもそも、なぜ中国でICOを規制する必要があったのかというと、おそらく中国国内でICO市場が急速に拡大し、リスクがコントロールできない状況へ発展する可能性が高まっていたからだと考えられます。

とくに、ここ数ヵ月の中国国内では異常なほどICOの人気が爆発しており、ICOが投機的なマネーゲーム化していたという背景がありますしね…

実際に、2017年にICO市場へ流入したチャイナマネーは39億ドルにも及ぶとのこと。

日本での観光客の爆買いといい、中国の方がする行動はとんでもなく勢いがありますよね(笑)

今後、中国では、過去に実施されたすべてのICOを含めて内容調査し、違法性がないかどうかチェックしていく方針とのこと。

また、既にICOで資金調達された資金も状況によっては凍結させ、不正利用できないようにする方針も明らかとなっています。

そもそもの話になってしまうのですが、トークン(株式のようなもの)を発行することで資金を調達するわけですから、ICOプロジェクト側はしっかりとした情報開示をすることが義務ではないでしょうか。

ただ、実体のないICOで資金を集め、その後ICOを公開しないなど不正が行われているプロジェクトも多々あるのが実情。

ですから、私たち投資家も情報をしっかりとキャッチし、本当に素晴らしいICOを見きわめる目が必要でしょう。

参考:暗号通貨【詐欺通貨や価値のつかない通貨】の超簡単な見分け方!プレセールの値上がり率と公開後の構想が見極めポイント。

中国でのICO規制が2017年の仮想通貨市場に与える影響はあるのか?

china-ico-regulation2

中国でのICOの全面禁止規制によって、2017年後半の仮想通貨市場にどのような影響があるのか。

おそらくですが、ICOに対する不安は一時的なものに過ぎず、中国の規制によって世界の仮想通貨市場が終焉を迎えるとは考えられないでしょう。

すでに米国やシンガポールなどでもICOの規制がされていることからも、中国でのICOの規制に対してそれほど驚くことではありません。

むしろ、詐欺まがいのICOが規制によって禁止されれば将来へのメリットが大きいですよね。

中国のICO規制は、むしろICOをよりよいものにするためのポジティブなニュースだと思いませんか。

世間では、「暴落暴落」と騒がれていますが、はっきり言って今の段階では暴落とは言えません!

暴落というのは、上がった上昇を全否定するような下落があることをいうので、今年の5月からの上昇劇からすると大したことないですね。(上記画像参照)

仮想通貨市場全体が調整局面に入っていますが、ただの急騰してきたことでの反落にすぎないと思います。

あれだけチャートが吹っ飛んでいればそりゃ調整しますよ!

こういうときは、冷静になってまず最強のコインを監視することをオススメします。

今でいうところのビットコインですね。

悲観的なニュースでも他のコインよりも下げ渋っているコインを監視しておけば、状況が好転した時により買われやすいです。

ですから、常にビットコインのチャートを監視しておくことをオススメします。


Sponsored Links

「有事の日本モナコイン買い」となり資金が流入する可能性も

china-ico-regulation1-1

さて、この仮想通貨全面安の状況で密かに注目を浴びているコインがあります。

その名も「モナコイン」。

モナコインは、日本発(初)の仮想通貨で、2ちゃんねるでおなじみの「モナー」のロゴが可愛いですよね(笑)

実はこのモナコイン、ただのふざけたコインに見えますが、今回の仮想通貨全面安でも下げ渋っており、むしろ資金が流入している可能性があります。

もしかすると、有事で円が買われるのと同じように、有事でモナコインが買われているのかもしれませんね。


Sponsored Links

関連記事

  1. ethereum-classic-halflife

    イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)の半減期は2…

  2. cryptocurrency-tax

    仮想通貨の税金対策【2017年9月版】。所得税(雑所得)の計算方法と利…

  3. sbi-global-max

    SBI Global Max(仮称)が香港に開設予定。新仮想通貨取引所…

  4. b2bx-ico-registration

    B2BXのICO登録方法。法人向け仮想通貨(暗号通貨)取引アグリゲータ…

  5. bitcoin-hardfork

    ビットコイン(BTC)分裂でもらえる仮想通貨【2017年12月~201…

  6. nem-update-catapult_2

    NEM(ネム)のアップデート「カタパルト」の紹介動画が公開!今後のリリ…

 

Sponsored Links


最新記事一覧

  1. ada-wallet-daedalus
  2. bitzeny-exchange
  3. bitcoin-hardfork
  4. ada-coin-loadmap
  5. lisk-event-schedule
  6. cms-zaif-receive
  7. ethereum-classic-halflife
  8. binance-registration
  9. nem-mosaic-howto
  10. hitbtc-registration
Sponsored Links