セントラリティ(centrality)のICOで仮想通貨のDAppsプラットフォームを構築。分散型アプリの普及を目指す!

centrality-ico

※セントラリティのICOは、2018年1月15日に開始され、即日完売で終了しました。

「DApps(Decentralized Applications)」を直訳すると「分散型アプリケーション」。

DAppsと言えば、イーサリアム上で動作するアプリケーションを思い浮かべる人が多いでしょう。

しかし、実はビットコインやイーサリアム自体も、この「DApps」の一種なのです!

もちろん、その他の「仮想通貨」と呼ばれるものも、ほとんどがこの「DApps」に分類されます。(リップルはDAppsではない)

DAppsの定義は後回しにするとして、このDAppsを開発するためのプラットフォームが「Centrality(セントラリティ)」なのです。

2018年は、この「DApps」が重要なキーワードとなり、いままで以上にDAppsの開発が広がって、多くのDAppsが世の中にリリースされるはずです。

それに合わせて、このセントラリティが果たす役割は、非常に大きなものとなっていくでしょう。

2018年1月13日現在、セントラリティのICOに参加するための事前登録は、以下の公式サイトから行うことができます。

外部リンクアイコンセントラリティの登録はこちら

※身分証明書は「パスポート」と「運転免許証」が選択できますが、「運転免許証」では承認されない場合がありますので、「パスポート」で申請しましょう。
※「住所証明書」はアップする必要はありません。
※最後にメール認証がありますが、HTML形式のメールが送信されますので、テキスト形式で受信するような設定に変更している方はHTMLメールが受信できるように変更してください。
※イーサリアムアドレスの登録は、必ずメタマスクのアドレスを入力してください。
メタマスクをインストールしていない場合は、以下の記事を参考にしてください。

参考:MetaMask(メタマスク)の使い方。chromeで使える定番walletに送金してico参加やトークン管理をしよう!

実際のCENNZトークンの購入は、2018年1月15日12:00開始です。


Sponsored Links

Centrality(セントラリティ)はDApps開発のプラットフォーム

(3分18秒 の紹介動画。音声が出ます。)

「プラットフォーム」と聞くと難しそうですが、例えばスマホアプリでも、Android版はGoogleが、iPhone版はAppleがアプリの開発プラットフォームを用意して、他の企業や個人がアプリを開発しやすくしています。

もちろん、PCの世界でもWindowsアプリの開発プラットフォームは、マイクロソフトをはじめ、多数の企業が作っています。

セントラリティのICOは、DAppsの開発プラットフォームを構築し、企業や個人によるDApps開発を支援することを目的としているのです。

DApps(分散型アプリケーション)の定義

ここでDAppsを簡単に説明すると、以下の3つの条件が揃ったアプリケーションのことを指します。

  • オープンソースであり、暗号化されたブロックチェーンを利用していること
  • 独自のトークン(通貨)を持っており、それがアプリ内で利用できること
  • 非中央集権で、改善などはユーザーのコンセンサス(合意)に基づいて行うこと

これに当てはめると、リップル(XRP)はリップル社による中央集権型なので、DAppsではありませんね。

DAppsのプラットフォームを構築するメリット

既に世の中にDAppsが存在しているように、プラットフォーム化をしなくてもアプリ自体は作ることができます。

ではなぜプラットフォーム化が重要なのか?

それは「共通化」によって、開発する側にもアプリを使うユーザー側にもメリットがあるからです。

まず開発側の立場でいうと、1つ1つのアプリケーションを0から作るのは大変な労力が必要です。

ある程度 共通部分がプラットフォーム化されていれば、そのプラットフォームを使うだけで共通部分は自分たちで作る必要がなくなります。

centrality-ico2

簡単な例でいうと、Windowsアプリの各ウィンドウの上部の「ファイル(P)」「編集(E)」などのメニューは、どのアプリケーションでも共通ですよね?

こういった「どのアプリでも共通な動作」を、予めプラットフォーム化(ソフトウェア共通部品)して用意しておくと、各アプリの開発では、その部分を作る手間が省けるわけです。

また、スマホのメールアプリで受信したメール本文のURLをクリックすると、ブラウザアプリが起動して該当ページが表示されるように、別々のアプリが連動して動作するようなことでも、プラットフォーム化して用意しておけば、簡単に作ることができます。

これは開発コストの削減に大きく貢献しますね!

一方、アプリを使うユーザーからすれば、例えば あるアプリは「ファイル(F)」が画面の上部についているが、別のアプリは画面の左側についている、というような状況では、アプリによって操作が変わってきて、覚えるのに大変ですよね。

また、そもそもファイルを操作するメニューが「ファイル(F)」以外の名前になっていたりすると、もう訳がわからなくなります。

こういったことも、「ソフトウェア共通部品」としてプラットフォーム化することで、防ぐことができますね。

ここでは分かりやすく「メニュー」というユーザーインターフェースを例にして説明しましたが、実際には「認証」「決済」「ネットワーク処理」なども共通化された「ライブラリ」としてプラットフォームの中に含まれるのではないかと思われます。

このように「プラットフォーム化」は開発側とユーザー側の双方にメリットがあるのです。


Sponsored Links

ICOで購入するCENNZトークンの役割

centrality-ico3

セントラリティのICOに参加して購入するCENNZトークンは、「セントラリティ」「DAppsアプリ開発者」「アプリユーザー」を繋ぐ、重要な役割を果たします。

CENNZトークンは、例えば以下のようなユースケースを想定しています。

  • アプリ開発者が、アプリ開発に必要なモジュールの購入にCENNZトークンを使用
  • アプリ開発者同士の支払いにCENNZトークンを使用
  • アプリ内でのボーナスとしてCENNZトークンをユーザーに与える
  • ユーザーは、異なるアプリからCENNZトークンを受け取る

さらに、「CENTRAPAY」という決済システムを導入すれば、実社会の商品の購入(支払い)にもCENNZトークンを利用することができるようになるようです。

このように、セントラリティプラットフォームを使用したDAppsが増えていけば、CENNZトークンの必要性と流動性も増加していくでしょう。

Centrality(セントラリティ)のICOへの参加方法

centrality-ico4

セントラリティのICOは、2018年1月15日に開始され、即日完売で終了しました。

セントラリティのICOに参加するためには、セントラリティのICOを管理している「BLOCKHAUS」というサイトに登録する必要があります。

ただし、CENNZトークンの購入は、2018年1月15日12:00開始ですので、それまでは事前登録のみです。

また「BLOCKHAUS」の登録、およびCENNZトークンの購入にはメタマスクが必要です。

もし、まだメタマスクをインストールしていない場合は、以下の記事を参考にして先にメタマスクをインストールしてください。

参考:MetaMask(メタマスク)の使い方。chromeで使える定番walletに送金してico参加やトークン管理をしよう!


それでは下記のリンクから「BLOCKHAUS」の公式サイトを表示します。

外部リンクアイコンセントラリティの登録はこちら

まずは、表示言語を日本語に切り替えるところから始めましょう。

centrality-ico5

  1. 画面右上の「English」を「日本語」に変更
  2. 「個人」をクリック

centrality-ico6

  1. メールアドレスを入力
  2. 設定するパスワードを入力
  3. →半角英数記号を混ぜて32文字以上を設定しましょう

  4. 「次へ」をクリック

centrality-ico7

  1. 国旗のアイコンをクリックして「Japan(日本)」を選択
  2. 携帯番号(SMSが受信できるもの)を、先頭の「+81」に続けて入力
  3. →先頭の「0」は不要ですが、入力しても自動で削除されます。

  4. 「送信」をクリック」

「送信」をクリックすると、入力した携帯電話にSMSが届きますので、そこに記載されている認証番号を入力します。

centrality-ico8

  1. 携帯電話に届いた認証番号(7桁の数字)を入力
  2. 「確認」をクリック
  3. →「登録済み」になったことを確認

  4. 「次へ」をクリック

centrality-ico9

それぞれローマ字で、プロフィールを順に入力していきます。

全て入力ができたら「次へ」をクリックします。

centrality-ico10

次は本人確認資料のアップロードです。

「Start ID verification」をクリックして次に進みましょう。

centrality-ico11

この画面ではアップロードする本人確認資料を「パスポート」「運転免許証」から選択できますが、運転免許証では承認が下りないことがあるため、必ずパスポートで申請するようにしてください。

centrality-ico12

カメラがあれば、その場で撮影することもできますが、ここでは予めパスポートの画像があるものとして「Upload existing copy from your device」をクリックします。

centrality-ico13

「Choose file」をクリックして、パスポートの画像ファイルを選択し、アップロードが完了したら「Confirm」をクリックします。

このとき使用する画像ファイルは、JPG形式か、PNG形式で、ファイルサイズは8MBまでのものしかアップできませんので注意してください。

centrality-ico14

次に顔写真をアップロードします。

先ほどと同じように、「Choose file」をクリックして、顔写真の画像ファイルを選択し、アップロードが完了したら「Confirm」をクリックします。

centrality-ico15

  1. 住所を入力
  2. 「Japan」を選択
  3. 「次へ」をクリック

住所は、

  • アパートや建物名と部屋番号
  • 番地、丁目、町村名
  • 市区名
  • 都道府県名
  • 郵便番号
  • 国名

をそれぞれローマ字で、「,」区切りで入力します。

【住所の英語表記について】
googleなどの検索エンジンで「住所 英語 変換」などで検索すると、住所を英語表記に変換してくれるサービスがいくつかありますので、分からない場合はそちらを参考にしてください。

「住所書類タイプの証明(オプション)」と「ファイルを選ぶ」は特に何も設定する必要はありません。

「次へ」をクリックすると、先ほど設定した画像ファイルなどがアップロードされます。

次にCENNZトークンを購入する時に使用するメタマスクのアドレスを登録します。

centrality-ico16

  1. 「既存のアドレスを使用する」をクリック
  2. 購入に使用するメタマスクのアドレスを入力
  3. 「提出する」をクリック
  4. ※「提出する」をクリックすると、メール認証のためHTML形式のメールが送信されますので、テキスト形式で受信するような設定に変更している方は、HTML形式のメールが受信できるような設定にしてからクリックしてください。

2.で入力するメタマスクのアドレスは、必ず購入時にイーサリアムを送るアドレスを使用してください。

違うアドレスを入力すると、トークンの購入ができません。

メタマスクのアドレスは、以下の手順で確認することができます。

centrality-ico17

  1. メタマスクにログインし「…」をクリック
  2. 「Copy Address to clipboard」をクリック

これで、メタマスクのアドレスがクリップボードにコピーされますので、先ほどの入力欄にペーストします。

メタマスクで複数のウォレットを作成している場合は、セントラリティのICOで使用するウォレットに切り替えてから、上記操作をしてください。

「提出する」をクリックすると、画面が切り替わって、登録したメールアドレスに登録完了のメールが届きます。

メール認証が必要ですので、メール本文中の「確認」をクリックして認証を完了してください。

表示すれば登録は完了です。

「BLOCKHAUS」側で本人確認手続きが完了(承認完了)すると、承認完了のメールが届きます。

これで登録手続きは完了していますので、「BLOCKHAUS」の公式サイト(https://www.tgeapp.com/account/login)にログインすることができます。


Sponsored Links

関連記事

  1. shield_exchanges_2

    SHIELD(XSH)の取扱い仮想通貨取引所と買い方を紹介!話題のVE…

  2. cryptocurrency-tax

    仮想通貨の税金対策【2017年9月版】。所得税(雑所得)の計算方法と利…

  3. kusa-coin1

    草コインとは億り人への夢の架け橋!?おすすめの取引所「CoinExch…

  4. ethereum-classic-halflife

    イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)の半減期は2…

  5. airdrop-datx

    Airdrop(エアドロップ)でDATx(仮想通貨)を無料で手に入れよ…

  6. beyond-blocks-tokyo

    Beyond Blocks Summit Tokyo 2018が開催。…