【ミクロ経済学6】「資本市場とは何か?」をわかりやすく解説!企業の資金調達方法についても学習しよう。

capital-market-interest

市場経済は「財市場」「労働市場」「資本市場」の3つの市場から成り立ちます。

今回は、その中の一つ「資本市場」について見ていきます。


Sponsored Links

3つの市場経済の一つ「資本市場」

capital-market-interest1

資本市場とは、銀行の預金や株式投資、社債などのように、人々が企業などに対してお金を投資する市場のことです。

企業は、投資家が預けたお金を運用し、投資家はキャピタルゲインやインカムゲインを得ることができます。

この投資家の損益は資本市場における価格のことであり、財市場でいう商品の価格や、労働市場でいう賃金の価格と何の変わりもありません。

なお、資本市場は財市場や労働市場に比べて取引されるモノが目に見えにくく、胡散臭く感じるという側面を持っています。

例えば、あなたが友人から勧められてビットコインを買ったとします。

後にそのビットコインの価格が下落したら、あなたはどう思うでしょう?

「損をした」だけではなく、「騙された」「ビットコインは危険」などの感情を抱く可能性が十二分にあります。

一方、財市場では、目に見える商品(サービス)を取引するので損失を負った際にも胡散臭さを感じることはほとんどありません。

例えば、スーパーで「半額」の刺身を買ってきて、その刺身が生臭く、食べずに捨ててしまった状況をイメージしてみてください。

この場合、「損をした」とは思いますが、「騙された」「危険」などの気持ちはあまり湧かないのではないかと思います。

参考:【ミクロ経済学3】「需要と供給とは何か?」をわかりやすく解説!価格は需給バランスの均衡点で決まる。

参考:【ミクロ経済学5】「労働市場とは何か?」をわかりやすく解説!需要と供給のバランスで賃金が決まる。


Sponsored Links

利率が低ければ資本の需要量は増え、高ければ減る

capital-market-interest2

財市場や労働市場と同じく、資本市場にも需要と供給の関係性が存在します。

資本市場における供給者は投資家(お金を貸す人)で、需要者が企業(お金を借りる人)です。

この資本の供給量は、投資家(お金を貸す人)が得ることができる収益率に応じて増加します。

なぜなら、収益率が高いと利益を狙う投資家が集まりやすいからです。

また、資本の需要量は、利息が安いほど増加します。

これは、供給者の利息が安いければ安いほど、需要者がお金を借りやすくなるからです。

例えば、企業が設備投資するときに、銀行の利息が低いほうが借入しやすくなることを想像すればわかりやすいでしょう。

また、個人で自動車や住宅を購入するときに、利息が低い銀行やローン会社のほうが契約しやすいと思います。

参考:【ミクロ経済学4】価格弾力性とは?需要と供給の弾力性から適切な価格を導き出す。

企業の資金調達方法は大きく分けて3つある

capital-market-interest3

内部留保の活用

内部留保というのは、企業の利益のうち配当などで外部に支払わずに手元に残しておく利益のことです。

外部の人の代わりに企業自身がお金を貯めて、自分に投資をしていると考えてもいいでしょう。

内部留保は、設備投資などへの主な資金源となります。

内部留保が多い企業ほど、いざという時の体力がある企業と考えられ、倒産などから身を守ることができます。

銀行の融資と債券の発行

企業が資金を外部から借りてくる方法は、主に二種類の方法が存在します。

それは、銀行から借りるか、債券(企業の場合は社債)を発行するかのどちらかです。
※債券:国や企業が、不特定多数の人から資金を借りるために発行する一種の借用証書

株式の発行

企業は株式を発行し、投資家から資金を調達します。

株式を発行し資金を得るということは、会社の所有権の一部を投資家が保有するということです。

例えば、会社の株式の総発行枚数が1万株だとして、あなたが5100株を保有しているとすれば、あなたはその会社の所有権を51%持っているということになります。


Sponsored Links

関連記事

  1. price-elasticity-demand

    【ミクロ経済学4】価格弾力性とは?需要と供給の弾力性から適切な価格を導…

  2. perfect-competition-monopoly

    【ミクロ経済学8】完全競争と独占。 意外と知らない「企業の4つの競争形…

  3. positive-externality0-1

    【ミクロ経済学9】負の外部性と正の外部性。一つの経済活動には必ず他者へ…

  4. line-and-stuff-merit

    【ミクロ経済学10】ラインアンドスタッフの組織形態やメリット。ファンク…

  5. supply-and-demand-price1

    【ミクロ経済学3】「需要と供給とは何か?」をわかりやすく解説!価格は需…

  6. what-is-economics

    【ミクロ経済学1】経済学とは何か?どんな学問か簡単にわかりやすく解説!…

 

最新記事一覧

  1. kakaotalk-bittrex-upbit_3
  2. kusa-coin1
  3. nem-wallet
  4. amazon-bitcoin
  5. ethereum-metropolis-period
  6. sbi-cryptocurrency-exchange
  7. lisk-update-delay
  8. encryption-currency-api
  9. bitcoin-jpmorgan
  10. myetherwallet-registration