BNBのトークンバーンの時期や数量を解説。バイナンスの手数料の割引率との関係性を考察。

bnb-burn

BNBトークン(バイナンスコイン)のバーンというのは、1年で、4回行われるので、単純に3ヵ月に1回の計算となります。

なので、次の時期はいつになるのかが、ある程度予想もできますし、過去にバーンした時のチャートを見直せば、このQ(クオーター)の時は、価格が上がった、この時は変化なかったなどを把握することができ、分析することによって、次の予測を立てることもできてしまいます。

また、過去のバーンの傾向から見て、「2018年Q1」なので、2018年4月15日と予想することができます。


Sponsored Links

BNBトークンのバーンの時期や数量を解説

bnb-burn6

BNBトークン(バイナンスコイン)のバーンは周期的に実施されており、1年を4Qにわけるので、3ヵ月に1回行われます。

前回は2018年1月15日に実施されましたので、次回は4月ということになりますね。

また、過去の実施日をみると、毎回「15日」にバーンされているので、今後も、「15日」になるのではないかと予測できます。

これらのことを考慮すると、今後のバーンの予定は、

  • 2018年4月15日
  • 2018年7月15日
  • 2018年10月15日
  • 2019年1月15日
  • 2019年4月15日

となる可能性が高いですね。

トークンバーンされる数量の仕組み

BNBトークン(バイナンスコイン)の発行上限は2億BNB(既に発行済み)ですが、最終的に半分の1億BNBにすることが予定されています。

これは段階的にバーンされることになっており、1回のバーンで減少するトークンの数は、バイナンスが得た、前のクオーターの利益の20%分(の数量のBNB)です。

つまり、1回のバーンで減少するトークン数は一定ではなく、バイナンスの利益額とBNBトークンの価格によって決まります。

参考までに、過去にバーンされた数量を調べると、

  • 2017年10月15日:986000 BNB
  • 2018年1月15日:1821586 BNB

となっています。

過去のデータは、この2つしかありませんが、上の数量を合計すると、(986000+1821586=)2807586 BNB。

およそ300万BNBですね!

これに対し、最終的に1億BNBがバーンされますので、割合としては3%です。

なんと、2回のバーンで たった3%だけしかトークンが減少していないのです!

これは単純計算で1回あたり、1.5%となり、1年で4回実施されることを考慮しても、BNBトークンの数量が1億BNBまで減少するのに67回のバーン=17年半以上の月日が必要という計算になりますね。

このようなトークンバーンは、ただ闇雲にトークンの数量を減らしているわけではないのです。

BNB(バイナンスコイン)は、発行上限の2億枚に達しており、ある法則に基づいてバーンを行っているのです。

また、仮に、このままバーンをせずに、放置しておくと、BNBの価値がなくなってしまいます。

その結果、BNBなんて興味がないよ!

という風にもなり兼ねません。

そこで、そのようなことにならないための仕組みを、解説していきたいと思います。

例えば、限定10個の「メロン」があり、1個あたりの価格は10万円。

一方で、限定1000個の「メロン」があり、1個あたりの価格は1000円。

どちらの価値が高いのかを普通に考えれば、数の少ない前者になりますよね。

これと同様に、数が多くなればなるほど、価値が下がっていきます。

なので、市場に溢れかえったBNBのトークンを、バーンすることにより、トークンを使えないようにして、BNBの希少価値を高くしていっています。

これが、トークンバーンをする大きな理由になるのです。

バイナンスの手数料の割引率とトークンの関係性

bnb-burn8

通常、バイナンスの取引手数料は「0.1%」ですが、BNBトークンで手数料を支払うことにより、手数料が50%OFFになります。

これはトレーダーには嬉しいことで、頻繁に売買を繰り返せば、その都度、手数料が割引になってお得です。

しかし、この50%OFFは、将来的にずっと50%OFFではないのです。

実は、1年ごとに割引率が前年の半分になっていきます。

「割引率」と「手数料」の計画表

bnb-burn32

上図のように、割引率は、毎年、前年の半分の50%になり、手数料は、5年かけて2倍になっていきます。

2018年4月時点では、まだ1年目なので手数料は50%OFFの0.05%ですが、おそらく今年の9月か10月ごろから、2年目に入り、0.08%になるるのではないかと思います。(詳細な日程は、時期が近づいてくるとバイナンスから発表があると思われます)

このように、BNBトークンを取引手数料の支払いとして使った場合の割引率が、年々減少していくと、それに伴ってBNBトークンの魅力も減少していきますよね?

そうなると「BNBトークンが欲しい」という人が減るため、BNBトークンの価格も下落していくことになります。

ですが、それを補うのが、トークンバーンです!

つまり、バーンによって、流通しているトークンの数量が減れば、それだけ希少価値が上がって、価格も維持されるはずです。

ただ、先述の通り、過去の実績からすると、1回のトークンバーンで減少するトークンの数量は約1.5%、つまり約150万BNBです。

もちろん、今後バイナンスの利益が上昇すれば、それに伴って、1回のトークンバーンで減少するトークンの数量も増えていくことになりますが、もし仮に、この「1回につき150万BNBのバーン」が継続したとすると、割引率が0になる5年目までの4年間で減少するトークンの数量は、

年4回 × 150万BNB × 4年 = 2400万BNB

となり、総発行数量 2億BNBから、1億7600万BNBまでしか減らないことになります。

この減少幅で、どれだけ「希少価値」が上がるのかは、微妙なところですね。


Sponsored Links

過去のバーンされたチャートから今後を考察

bnb-burn7

一般的には、トークンがバーンされたら希少価値が上がって価格も上がることが多いです。

それなら、バーンされる前にBNBトークンを買えば、いいのでは?

と考えるのが普通ですよね。

そのあたりも含めて、実際にバーンされた日のチャートを見比べてみましょう。

2017年10月15日のBNBトークンのチャート(6時間足)

bnb-burn30
上図は、「BNB/BTC」の2017年10月15日の6時間足チャートで、トークンがバーンされた日です。

バーンされた日は、価格が上下に激しく動きましたが、結果的には上昇しています。

大方、セオリー通りと言えますね。

2018年1月15日のBNBトークンのチャート(6時間足)

bnb-burn33

上図は、「BNB/BTC」の2018年1月15日の6時間足チャートで、トークンがバーンされた日です。

バーン直後から安定して上昇しましたね。

しかし、次の日には、ありえないくらいの急下降!

今回、2017年10月15日と2018年1月15日の2枚のバーン直後のチャートを調べましたが、バーン直後は上にも下にも動いていますね。

なので、バーンによって価格が上昇する確率と下降する確率は半々です!

このことから、今まで、「バーン=上がる」と思っていた方がほとんどだと思いますが、過去のチャートを検証したことにより、BNBトークンに関しては違うときもあるということがわかりましたね。

まだ、過去のバーンが2回しか実施されていませんので、今後もどのような傾向となるのか、分析を続けていきたいと思います。


Sponsored Links

関連記事

  1. bitplus-registration

    BITPLUS(ビットプラス)の事前登録。日本語対応された海外の仮想通…

  2. paccoin-Howto-buy

    Paccoin(PAC)の買い方と購入できる取引所を紹介!「第二のXP…

  3. gmocoin-registration

    GMOコインで口座開設(登録)し仮想通貨のFXトレードで稼ごう!使い方…

  4. pgc-cryptocurrency

    PGC(フィリピングローバルコイン)という仮想通貨が話題!日本企業「デ…

  5. lightning-network1

    ライトニングネットワークの仕組みと実装状況。仮想通貨の手数料減少と送金…

  6. bitcoin-segwit2x-stop

    Segwit2x(B2X)のハードフォーク【中止決定】で価格が暴騰&#…