BlockFi(ブロックファイ)仮想通貨を担保に年利6%を運用できるBIAサービスを開始!ビットコインとイーサリアムで日本でも利用可能


Sponsored Links

仮想通貨を担保にしたレンディングサービスを展開するBlockFi(ブロックファイ)が、仮想通貨を口座に預けることで年利6%を運用できるサービス「BlockFi Interest Account」(BIA)を発表ました。

こちらのサービスはビットコインとイーサリアムを保有していれば日本でも利用可能となっています。

なお、こちらはYouTubeでも詳しく解説していますので、是非、ご覧下さい。

ビットコインとイーサリアムで年利6%

blockfi-bia01

BIAはビットコインかイーサリアムを預けることで、毎月金利の支払いを受けることができます。

また、複利計算されるため、実質的な年利は業界最高レベルの6.2%となる予定です。

例として100BTCをBIA経由で預ければ、1年後には106.2BTCになる計算です。

BIA経由で預かった仮想通貨は、巨額資産を運用する機関投資家への貸出に利用されるため、業界最高レベルの金利が実現できるということです。

また、ロックアップなどはなく、いつでも引き出すことが可能になっています。

カストディはGemini

blockfi-bia02

預けられた資産を管理するのは、大手カストディとして有名なGeminiです。

2019年1月から試用されているベータ版BIAですでに個人投資家と機関投資家から11億円の資産を預かっています。

また、2018年7月にGalaxy Digitalから57.7億円を調達、12月にはAkuna Capitalなどから4.4億円の資金を調達しています。


Sponsored Links

BIAが与える相場への影響

blockfi-bia03

これまでも、同じようなサービスはありましたが、年利6%は異常な高さです。

日本の銀行に資産を預けても、せいぜい年利は0.1%からそれ以下です。

BIAは日本でもサービスを受けることができ、実際に、この報道を受けて、ビットコインとイーサリアムの価格は一時高騰しました。

仮想通貨市場のボラティリティが懸念されている中、今回のサービスには非常に期待している人が多いようです。


Sponsored Links

関連記事

  1. ethereum-parity-bug

    イーサリアムがパリティ(Parity)のバグにより約300億円凍結!原…

  2. china-regulation

    中国のICO禁止規制が2017年仮想通貨市場に与える影響は?今後は日本…

  3. taotao-compensation00

    TAOTAO取引所が仮想通貨の補償制度を発表!最大100万円を受け取る…

  4. poloniex-suspended-trading00

    ポロニエックス(Poloniex )LISKなど9つの仮想通貨が取引禁…

  5. bitplus-registration

    BITPLUS(ビットプラス)の事前登録。日本語対応された海外の仮想通…

  6. binance-dex00

    BinanceのDEX(分散型取引所)と証拠金取引の利用制限対象国に日…