BlockFi(ブロックファイ)仮想通貨を担保に年利6%を運用できるBIAサービスを開始!ビットコインとイーサリアムで日本でも利用可能

仮想通貨を担保にしたレンディングサービスを展開するBlockFi(ブロックファイ)が、仮想通貨を口座に預けることで年利6%を運用できるサービス「BlockFi Interest Account」(BIA)を発表ました。

こちらのサービスはビットコインとイーサリアムを保有していれば日本でも利用可能となっています。

なお、こちらはYouTubeでも詳しく解説していますので、是非、ご覧下さい。


Sponsored Links

ビットコインとイーサリアムで年利6%

blockfi-bia01

BIAはビットコインかイーサリアムを預けることで、毎月金利の支払いを受けることができます。

また、複利計算されるため、実質的な年利は業界最高レベルの6.2%となる予定です。

例として100BTCをBIA経由で預ければ、1年後には106.2BTCになる計算です。

BIA経由で預かった仮想通貨は、巨額資産を運用する機関投資家への貸出に利用されるため、業界最高レベルの金利が実現できるということです。

また、ロックアップなどはなく、いつでも引き出すことが可能になっています。

カストディはGemini

blockfi-bia02

預けられた資産を管理するのは、大手カストディとして有名なGeminiです。

2019年1月から試用されているベータ版BIAですでに個人投資家と機関投資家から11億円の資産を預かっています。

また、2018年7月にGalaxy Digitalから57.7億円を調達、12月にはAkuna Capitalなどから4.4億円の資金を調達しています。


Sponsored Links

BIAが与える相場への影響

blockfi-bia03

これまでも、同じようなサービスはありましたが、年利6%は異常な高さです。

日本の銀行に資産を預けても、せいぜい年利は0.1%からそれ以下です。

BIAは日本でもサービスを受けることができ、実際に、この報道を受けて、ビットコインとイーサリアムの価格は一時高騰しました。

仮想通貨市場のボラティリティが懸念されている中、今回のサービスには非常に期待している人が多いようです。


Sponsored Links

関連記事

  1. ada-coin-loadmap_2

    ADA(エイダ)コインのロードマップ更新履歴(最新版)。2018年2月…

  2. lisk-nano-wallet

    LISK(リスク)のウォレット作成方法や使い方を図解で解説!採用される…

  3. lisk-meetup

    LISK(リスク)の東京ミートアップが9/22に決定!高騰の理由は、こ…

  4. comsa-metaps

    comsaトークンのメタップス関連との相互上場が決定!取扱い先は韓国子…

  5. nexon-korbit

    ネクソン(NEXON)が韓国初の取引所「KORBIT」を買収!仮想通貨…

  6. replay-attack-protection

    リプレイアタック対策(リプレイプロテクション)とは?ビットコイン大好き…