ブロックチェーンラボ カンファレンス【東京】の日程や会場を紹介。豪華ゲストやタイムスケジュールを事前に要チェック!

blockchainlab-conference_2

世界の暗号通貨やブロックチェーン技術の情報発信を行っているブロックチェーン・ラボが、大規模なカンファレンスを東京で開催します!

カンファレンス名は「Blockchain & Cryptocurrency Conference in Tokyo」。

名前の通り、今後のブロックチェーンと暗号通貨についての発展や参加企業の展望についての話が盛りだくさんのようです。

第1回目ということもあり、LISKのCEO「Max Kordek」などゲストや参加企業も豪華ですね!

また、参加特典もあるそうですので、この記事の最後で紹介しています!

忘れずに確認してくださいね。


Sponsored Links

「ブロックチェーンラボカンファレンス in 東京」の日程や会場を紹介。

blockchainlab-conference1

ブロックチェーンラボの第1回カンファレンスの内容は以下!

  • カンファレンス名:Blockchain & Cryptocurrency Conference in Tokyo
  • コンセプト:「暗号通貨が広げる人類の未来」
  • 日程:2017年11月11日(土曜日) 9:00 – 19:00
  • 会場:東京都港区 グランドプリンスホテル新高輪 飛天の間

このカンファレンスでは「ブロックチェーン技術の今後の発展」「スタートアップ企業によるプロジェクトの展望」「暗号通貨の魅力」などについてパネルディスカッションが行われます。

ブロックチェーン・ラボでは、第1回ブロックチェーン・暗号通貨カンファレンスを東京で開催します。

世界各国の暗号通貨エキスパートが、ブロックチェーンの実装経験や発展について、そして、これから何が起こるのかについて語ります。

世界の暗号通貨のスタートアップ企業が、それぞれのプロジェクトの全貌を明かし、出資のメリットを説明します。

カンファレンス公式サイトより

開催社のブロックチェーンラボ(正式には「Blockchain Laboratory Limited」)は、マカオに本拠地を置き、暗号通貨コンサルティングやICO代理業務など、世界中の暗号通貨やブロックチェーン技術について、情報を発信している企業です。

ICO関連のセミナーも行っており、今回のカンファレンスでも、まだ取引所に登録されていない今後の成長に期待できる暗号通貨の紹介などもスケジュールに含まれていますね!

豪華ゲストやタイムスケジュールを事前にチェック。

blockchainlab-conference2

ゲストには、9月22日の東京ミートアップでも大盛況だった暗号通貨「LISK」のCEO「マックス・コーデック(Max Kordek)」氏も入っています!

参考:LISK(リスク)東京ミートアップが9/22に決定!高騰理由は、この発表と9月に控える1.0.0の大型アップデート。

その他にも、時価総額14位の暗号通貨「Qtum」のCEO「(パトリック・ダイ)Patrick Dai」氏なども参加することが決定しています。

10月時点で参加が決まっているゲストは以下の9名です!

  • Kristaps Vaivods(Hash Rushの創業者)
  • Sasha Ivanov(Wavesの創業者)
  • Patrick Dai(Qtumの創業者)
  • Max Kordek(Liskの創業者)
  • Travin Keith(Nxtの取締役)
  • Ella Qiang(Stellarのパートナーシップ・ディレクター)
  • Mike Raitsyn(ICOBOXの創業者)
  • Jedidiah Taylor(Decent.betの創業者)
  • Duan Xinxing(Bytomの創業者)

上記一覧を見てもらうと分かる通り、参加している企業のほとんどから創業者がスピーカーとして出席するんです。

これは、中々豪華なメンバーですね!

また、上記ゲスト一覧に名前が出てきていなくても「CtC」「Ambisafe」「Ardor」「Cofoundit」「GXS」「APPOS」などの暗号通貨関連企業の参加も決まっています。

blockchainlab-conference3

タイムスケジュールとしては、1社 20分の時間が与えられており、それぞれが行っているプロジェクトの全貌や展開を発表していく形になっています。

参加者欄には「Adding more…」の文字があり、16時40分以降のタイムスケジュールは「TBA(後日発表)」となっているため、まだまだ、参加者(企業)は増えそうですね!

直前にサプライズの発表などもありそうなので、今後も注目しておきたいと思います!

【取引所上場済み(カッコ内は、時価総額 順位)】

「Qtum(14位)」「LISK(15位)」「Waves(19位)」「Stellar(22位)」「Ardor(32位)」「Bytom(74位)」「GXS(79位)」「Cofoundit(106位)」

【取引所未上場】

「CtC」「Decent.bet」「hush rush」「JOBCOIN」「APPOS」「Ambisafe」「icobox」

【10月14日(記事作成日)以降に参加が決定】

「augur」「ICOBOX」「theSunExchange」「BP」「APPOS」「Enjin coin」「BIT PLUS+」「injii」「AION」「KYC-CHAIN」「SelfKey」「GATCOIN」


Sponsored Links

参加方法や特典についても確認を忘れずに!

blockchainlab-conference4

このカンファレンスへの参加するためには「Blockchain & Cryptocurrency Conference in Tokyo」の公式サイトからチケットを申し込むことができ、チケットは「一般チケット(10000円)」と「VIPチケット(30000円)」の2種類あります。
※VIPチケットは、10月6日で完売となりました。

【どちらのチケットでも受けられる特典】

  • カンファレンスへのアクセス
  • 開催後のカンファレンス及び翌日におこなわれるミートアップ動画の配付

【VIPチケットのみで受けられる特典】

  • VIP席での参加
  • 立食パーティー(カンファレンス開催後20:00 – 23:00)

VIPチケットについては、150名限定(全体では1600名)とのことですので、参加を希望している方は、早めの方がよいでしょう。

VIPチケットの特典である立食パーティーは、先ほど紹介した豪華なゲストと直接会話できるよい機会が提供されますので、直ぐに売り切れる可能性がありますよ!

また、参加者全員にサプライズ特典が複数 用意されているとのことです!

サプライズなので、全ては公開されていないのですが…

1つは、当日参加する企業の暗号通貨も含めて1社10ドル分のトークンが配られるとのことです。
(情報元は、ブロックチェーン・ラボ公式Facebook)

少なく見積もっても10社は集まるでしょうから、約1100円(10ドル)× 10社 = 10000円分以上のトークンが貰えることになります。

チケットの価格が10000円なので、参加するだけで得をしますね。

さらに、今後の展開が楽しみな暗号通貨が集まりますので、将来的には持っているだけで、10倍?とかになったりするかもしれません!

勿論、トークン目当てで参加するものではありませんが「カンファレンスに参加してみたいけど…」「有料のカンファレンスには中々参加しずらいな…」と思っている方は、このカンファレンスをきっかけに参加してみてはいかがでしょうか!


Sponsored Links

関連記事

  1. bitpet_pre_register_2

    Bitpet(ビットペット)という仮想通貨イーサリアムベースの育成ゲー…

  2. centrality-ico

    セントラリティ(centrality)のICOで仮想通貨のDAppsプ…

  3. hashberry-register

    ハッシュベリー(hashberry)の登録及びHBY(仮想通貨)の購入…

  4. blockchain-info-wallet

    blockchain.infoとは日本語対応のウェブウォレット。登録か…

  5. イーサエモンとはイーサリアムのDApps。仮想通貨で遊ぶポケモン型ゲー…

  6. quoinex-apps

    QUOINEXのスマホアプリの使い方。iPhoneやAndroidでチ…