【図解】ブロックチェーンとは何かをわかりやすく解説。株式市場でも関連銘柄(本命)は大注目!

blockchain-illustration

「暗号通貨」「ビットコイン」「ブロックチェーン」「フィンテック」など

最近はこのような言葉がニュースや雑誌などでよく話題にあがりますね。

その中で、今回は「ブロックチェーン」に着目しました。

ブロックチェーンの ブロックとは何なのか? チェーンとは何なのか?

横文字でシステムチックな印象があり、なかなか学習するのに前向きになれないという人が多くいると思いますので、誰でも理解できるようにわかりやすく解説していきます。


Sponsored Links

ブロックチェーンとは何かを暗号通貨との関係性から説明

blockchain-illustration1

まず、「ブロックチェーンとは何か?」ということについて説明していきます。

一言でブロックチェーンを説明すると「ビットコインなどの暗号通貨の流通を支える仕組みや技術のこと」と言えます。
※もともとブロックチェーンはビットコインと一緒に開発されてきましたが、現在では、他の暗号通貨や全く別の仕組みにも開発・応用されるようになってきています。

参考:暗号通貨とは何か?仮想通貨の簡単な仕組みや日本での普及速度が遅い理由を徹底解説!

ビットコインは、法定通貨でいう日本円や米ドルなどの通貨そのもの。

一方、ブロックチェーンは、銀行のシステムと言った感じでしょうか。

法定通貨では送金する際、第三者の銀行を仲介しますが、ビットコインでは第三者の銀行ではなくブロックチェーンという仕組みを利用して送金します。

しかし、ブロックチェーンは銀行のように実際に建物やものがあるわけではなく、ネットワーク上に構築されたアプリケーションで運用されています。

銀行と表現したのはあくまでイメージです。

役割としては銀行に似ていますが、仕組みは全く異なるため間違わないようにしてください。

例えば、法定通貨では、送金中に通貨が紛失してしまった場合、銀行が保証をしてくれますが、ブロックチェーンは保証したりはしません。

勿論、ブロックチェーンには安全を保つために銀行とは全く違う仕組みがしっかり考えられています。

まとめるとブロックチェーンとは

  • 暗号通貨の流通を支える仕組みとして考えられた
  • 法定通貨でいう銀行のような役割を担っている
  • 現在では、暗号通貨以外にも様々なものに利用されている

ということが言えます。


Sponsored Links

仕組みを分かりやすく図解で解説

ブロックチェーン技術は各分野で独自に開発・発展をしていますので、一言でブロックチェーンと言っても全てが全く同じ仕組みで動いているわけではありません。

今回は、一番 基本的なビットコインで使用されているブロックチェーン技術について説明していきますね。

ブロックチェーンを理解するには「分散型管理台帳」「承認」という概念を理解する必要がありますので、まずそれから説明していきます。

1.分散型管理台帳で管理

blockchain-illustration2

ブロックチェーンは「分散管理台帳」技術と言われています。

法定通貨の流通は国もしくは銀行などの団体が管理していますが、ブロックチェーンはブロックチェーンに参加している人(コンピュータ)全員で管理します。

例えば「AさんからBさんへ1BTC送金する」という取引データがあるとします。

法定通貨であれば、銀行の中にあるサーバーにこの取引情報を保存し管理されますが、ブロックチェーンではインターネットに接続された世界中のコンピューターそれぞれに、この同じ取引データを保存して管理します。

このように、データを分散して皆で管理する方法を分散型管理台帳と言います。

また、この管理されている取引情報が第三者に開示されているということも特徴の一つです。

第三者に開示されることにより不正な取引は直ぐに見つかってしまうため、安全性が保たれています。

第三者に開示すると言っても個人名が開示されるわけではありませんので、安心してください。

ビットコインでは、ブロックチェーンに個人情報を保存することはありません。

2.承認されてはじめて取引が成立

blockchain-illustration3

ブロックチェーンには「承認」という作業があります。

法定通貨であれば、銀行が取引の承認を行いますが、ブロックチェーンではマイナーと呼ばれる人(コンピューター)が承認を行います。

銀行のような第三者が仲介しないブロックチェーンでは、勝手に取引情報を作成して不正にデータを作成することが可能に思えますね。

それを防止するために、承認という作業が行われなければ、取引が成立したとは認められません。

さらに、マイナーが承認したものを他のマイナーが確認した場合のみ取引が成立し、ブロックチェーンに取引情報が書き込まれる仕組みとなっています。

また、ブロックチェーンに参加している人(コンピューター)の事を「ノード」と呼びますが、このノードの中で承認機能を持ったノードのことをマイナーと呼びます。

ブロックチェーンの全貌

blockchain-illustration4

ブロックチェーンとは、その名の通り、ブロックのチェーンのことです。

結論から先に言うと、ブロックチェーンのブロックとは取引情報の塊を示し、チェーンとは取引情報が過去から現在まで一連の流れで連結されていることを示します。

一言で理解するのは難しいと思いますので、順を追って説明していきます。

暗号通貨は通貨ですので、世界中で24時間365日取引が行われています。

さらに、新規取引を追加する場合、ブロックチェーンは分散型管理なので、世界中の同じブロックチェーンを同時に追加しなくてはなりません。

取引を1件1件 承認していては承認が追いつかず、送金などの取引処理が長期間待たされてしまうことになります。

そこで、ビットコインでは10分おきに取引情報を一つのブロックにまとめて、一括で承認しています。

このブロックがマイナーによって承認され、他のマイナーによって確認が取れた場合、1つ前のブロック(10分前に承認されたブロック)に連結されます。

そして、その10分後 承認されたブロックはさらにその後ろに連結されます。

一度ブロックチェーンに連結されると修正も削除も出来ません。

このように、過去から現在までの連結されたブロック(取引履歴)がチェーンのように一連に繋がって管理されるため、ブロックチェーンと呼ばれています。

blockchain-illustration5

ビットコインのブロックチェーンは今回説明してきた仕組み以外にも、暗号化やマイニングという技術も使用して、安全と運用が綿密に考えられています。

参考:ブロックチェーンの暗号化による安全性を徹底解説!ビットコインなどの仮想通貨以外への応用例も紹介。

株式市場でもブロックチェーン技術関連銘柄(本命)は大注目

blockchain-illustration6

上記にあげた株価チャートは、日本で唯一プライベートブロックチェーンを有する「テックビューロ社」と事業提携した会社のものです。

2015年あたりから日本でもブロックチェーンが徐々に注目されはじめ、2016年1月にテックビューロ社はプライベートブロックチェーン技術「mijin」の実証実験環境を無料で提供し始めたことにより、一気に話題に上がるようになりました。

株式市場でも2015年以降ブロックチェーン関連の銘柄は大注目の的になっています。

また、ヤフーニュースに取り上げられた記事数でもブロックチェーンの話題度を測ることができます。

2015年以前には、ブロックチェーンを話題とした記事はわずか1記事しかなかったのに対し、2016年には20記事、2017年には300記事以上と徐々に一般的な言葉として浸透してきている証拠だと言えます。

今後、ビットコインなど暗号通貨の実用化が進んでいくについれて、ブロックチェーンの話題性はさらに上がっていくことでしょう。

参考:暗号通貨ランキング【2017年最新版】時価総額と過去1年間の値上がり率を徹底図解!ビットコインやイーサリアム以外も見逃すな!

また、ブロックチェーンは金融業界は勿論、政治やビジネス、日常生活にも影響を与えるようになるのは間違いありません。

このように、最近ビットコインや暗号通貨が話題になってきていますが、その仕組みを支えるブロックチェーン技術はビットコイン以上に世界で注目されていると言ってもよいかもしれません。


Sponsored Links

関連記事

  1. bitcoin-moving-average

    【移動平均線】仮想通貨(ビットコイン)トレード。「方向性」や「乖離率」…

  2. bittrex-registration

    bittrex(ビットレックス)【登録方法(口座開設)】徹底ガイド。仮…

  3. mining-invest

    ビットコイン(仮想通貨)のマイニングプール会社に投資をして稼ぐ方法を徹…

  4. bitcoin-trendline

    【トレンドライン】仮想通貨(ビットコイン)トレード。「三角持ち合い」上…

  5. nem-wallet

    Nano Wallet(ナノウォレット)の使い方【PC版 NEMウォレ…

  6. bitcoin-wallet

    ビットコインウォレットのおすすめランキング!作成手順や安全性も徹底解説…

 

Sponsored Links


最新記事一覧

  1. ada-wallet-daedalus
  2. bitzeny-exchange
  3. bitcoin-hardfork
  4. ada-coin-loadmap
  5. lisk-event-schedule
  6. cms-zaif-receive
  7. ethereum-classic-halflife
  8. binance-registration
  9. nem-mosaic-howto
  10. hitbtc-registration
Sponsored Links