ビットポイント(BITPoint)の口座開設方法。取引所でリップルやライトコインの売買が可能で手数料は無料! PR

bitpoint-registration

2018年8月20日に、サッカー日本代表の本田圭佑選手をイメージキャラクターに起用すると発表した、仮想通貨取引所「BITPOINT(ビットポイント)」。

2017年9月の時点で仮想通貨交換業者として登録されている日本の取引所です!

また、ビットポイントを運営するビットポイントジャパン社は、東証マザーズ上場企業である株式会社リミックスポイントの完全子会社というのも、安心材料の1つですね。

ここでは、そんな仮想通貨取引所「BITPOINT(ビットポイント)」の特徴と、口座開設方法について解説していきます。

外部リンクアイコンBITPoint(ビットポイント)の公式サイトはこちら

ビットポイント(BITPoint)の特徴

【公式】BITPOINT × 本田圭佑 イメージムービー(15秒 の紹介動画。音声が出ます。)

ビットポイントは、まだまだ知っている人も少ないと思いますが、実は様々な特徴があります。

特に仮想通貨の取引所として、不可欠な「セキュリティ」と「安心できるサポート」は、国内の取引所の中でも最高レベルと言っても過言ではありません。

ここでは、その特徴について、1つ1つ見ていきましょう。

安心のセキュリティ

仮想通貨取引所で最も重視したいのが、なんと言ってもセキュリティです。

大切なお金や仮想通貨を預けるのですから当然ですね!

ビットポイントには、以下のような特徴があります。

顧客資産の分別管理

仮想通貨取引所の資産には、顧客から預かった資産(利用者が送金した仮想通貨など)と、ビットポイント自身が保有する資産の2種類があります。

国内でも、この2つの資産を混同している取引所が、金融庁の指摘を受けていましたが、ビットポイントは明確に分別して管理しています。

これによって、会社の経営状態などにかかわらず、顧客の資産が守られることになります。

マルチシグ対応

顧客から預かっている仮想通貨に関しては、マルチシグ対応されたウォレットで保管されています。

マルチシグとは、複数の秘密鍵が揃わないと出金(送金)できない仕組みで、万一、1つの秘密鍵が外部に漏れるようなことになっても、ビットポイントにある仮想通貨が不正に盗まれることはありません。

これにより、ハッキングリスクを極端に減らすことができます。

仮想通貨によっては、マルチシグに対応していないものもあります。

公式サイトのSSL対応にEV-SSLを採用

bitpoint-registration24

仮想通貨においては、フィッシングサイトと呼ばれる偽サイトに誘導するような詐欺が横行しています。

ビットポイントの公式サイトは、こうしたフィッシング詐欺対策として、EV-SSLを採用しています。

EV-SSLとは、通常のSSL(通信データの暗号化)だけではなく、SSL証明書に記載されている組織が実際に実在するものであることを証明するためのものです。

このEV-SSLには、世界標準の認証ガイドラインがあり、SSLの中でも最も厳格な審査が行われる仕組みになっています。

EV-SSLを採用したサイトは、ブラウザで表示した場合に、アドレスバー(URL入力欄)に緑色の組織名が表示されるようになります。

このため、サイトの利用者は、この組織名を見るだけで、公式サイトであることを判別することができますね。

顧客通知機能を搭載

顧客通知機能とは、「ログイン」「送金」「出金」などの操作がなされた場合、登録しているメールアドレスに通知が行く機能です。

もし自分が操作していないのに、この通知が来た場合は、不正ログインによるものであることがすぐに判別できます。

カスタマーセンターによる電話でのサポート

仮想通貨の取引に関しては、技術的に難しいことが多く、またトラブルが発生する可能性もあります。

そんなときに、気軽に日本語で聞ける窓口がある、というのは非常に安心感がありますよね。

その点、ビットポイントは、カスタマーセンターを設置しており、フリーダイヤルによる電話での問い合わせが可能になっています。

メールサポートだけだと「何日待ってもメールの返信がない」という状況になる可能性もありますが、電話サポートなら繋がったときにすぐに対応してもらえますので安心ですね。

取引所の運営会社

ビットポイントの運営会社である「株式会社ビットポイントジャパン」は、2016年3月に設立され、資本金が44億3000万円と、国内の取引所の中では最も多い金額になっています。

また、親会社が東証マザーズ上場企業である株式会社リミックスポイントである、というのも安心材料の1つですね。

さらに、香港、韓国、中国、サモア、台湾、マレーシアにも関連会社を展開しています。

取り扱い通貨

ビットポイントの取り扱い通貨は、

  • ビットコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • イーサリアム
  • ライトコイン
  • リップル

の5銘柄で、全て日本円との通貨ペアが用意されています。

これらは、全て取引所形式で売買が行えるため、販売所形式の取引所よりもスプレッドが低く、手数料も少なくてすみます。

各種手数料が無料

ビットポイントは、売買時の取引手数料、提携銀行からの入金手数料、仮想通貨の送金手数料、口座管理手数料など、ほとんどの手数料が無料に設定されています。

普段は、あまり気にしないかも知れませんが、回数が多くなると地味に効いてきますので、これらの手数料が無料なのはありがたいですね。

トレーディングツールMT4に対応

bitpoint-registration25

ビットポイントには、通常の「現物取引」以外に、「レバレッジ取引」「ビットポイントFX取引」が用意されています(全て別々の口座)

この中の「ビットポイントFX取引」は、MetaTrader4(メタトレーダー4)、通称「MT4(エムティーフォー)」に対応しています。

MT4は、2005年の発売以降、世界中の金融機関の取引プラットフォームで採用されている、非常に有名なトレードツールです。

為替FXのトレーダーであれば、使っている人も多いのではないでしょうか。

ビットポイントは、このMT4に対応しています。

もちろん、公式サイトから無料でダウンロードして使うことができますよ。

ビットポイントには、MT4以外にも「BITPointADVANCE」「WEB取引ツール」という取引ツールが用意されており、初心者から上級者まで無料で利用することができます。
また、全てスマホ版も用意されていますので、モバイル環境でも取引することができます。

キャンペーンの実施

ビットポイントでは、2018年8月20日(月)0時 ~ 2018年9月30日(日)16時までの間に新規口座開設し、5万円以上入金すると、もれなくビットコイン3000円分がもらえるキャンペーンを実施中です(2018年10月30日以降に配布予定)

そのまま貯金するもよし、もらったビットコイン3000円を元手に、ハイレバレッジのFX取引で増やすもよし。

折角なので、有効利用しましょう!

なお、ビットポイントでは、ほとんど毎月なんらかのキャンペーンが実施されているようです。

口座開設方法

ビットポイントの口座開設は、基本情報の入力と本人確認書類のアップロードの2ステップです。

本人確認書類は、

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード

のどれかを用意し、予めスマホで撮影するなどして、画像ファイルを準備しておきましょう。(ファイルサイズ5MB以下のjpg、png、bmp、gif、tiff、pdfファイル)

あと、ここでは、仮想通貨取引所のアカウントには必須と言ってもよい、2段階認証の設定も行います。

それでは、まず公式サイトを表示しましょう。

外部リンクアイコンBITPoint(ビットポイント)の公式サイトはこちら

基本情報の登録

bitpoint-registration26

画面下の「カンタン!口座開設(無料)」をクリックします。

bitpoint-registration27

「個人のお客様」の「お申し込み」をクリックします。(外国籍の人や、法人口座を作る人は、それぞれの「お申し込み」をクリックします)

bitpoint-registration28

後ほど提出(アップロード)する、本人確認書類の説明が表示されますので、内容を確認しましょう。

免許証がある人は、免許証の表と裏の画像ファイルを用意すれば大丈夫です。

免許証がない場合は、説明欄の中のどれかの書類の画像ファイルを用意しましょう。

画像ファイルは、スマホで撮影すればOKです。(PCで登録する場合は、PC側にスマホで撮影した画像ファイルを転送します)

確認が終わったら、一番下までスクロールして、「口座開設申し込み」をクリックします。

bitpoint-registration29

  1. 「約款等の確認」の各項目を確認して、全て「はい」にチェック
  2. 「確約」の各項目を確認して、全てチェック
  3. 「情報入力へ」をクリック

bitpoint-registration30

  1. 氏名、性別、国籍を入力
  2. 「私は米国市民(米国籍保有者)又は米国居住者ではありません」にチェック

bitpoint-registration31

  1. 生年月日、住所、電話番号、メールアドレスなどを入力
  2. 「確認へ」をクリック

bitpoint-registration32

再度、本人確認資料に関する説明が表示されるので内容を確認します。

確認が終わったら、一番下までスクロールし、「アップロードへ」をクリックします。

bitpoint-registration33

  1. 表面用の「ファイルを選択」をクリックして、本人確認資料の表面の画像ファイルを選択
  2. 裏面用の「ファイルを選択」をクリックして、本人確認資料の裏面の画像ファイルを選択
  3. →本人確認資料の種類によっては、追加で画像ファイルが必要になることもありますので、その場合は下に表示されている「ファイルを選択」をクリックして、ファイルをアップロードします。

  4. 「アップロード」をクリック

これで、本人確認書類のアップロードが完了しました。

この後、ビットポイント側で審査が行われ、審査が完了すると数日で簡易書留が送られてきます。

その簡易書留を受け取ると、メールで口座開設通知が来ますので、そこに書かれてあるURLをクリックし、簡易書留に書かれてあるログインID、パスワードでログインしましょう。

これで取引が可能となります。

ログインできるようになれば、まず2段階認証を設定しておきましょう。

2段階認証の設定

bitpoint-registration11

  1. 画面右上のギアアイコンをクリック
  2. 2段階認証を設定する項目にチェック
  3. →セキュリティ上、全てにチェックするのがオススメ。

  4. 2段階認証コードの通知をメールにするか、SMSにするかを選択
  5. 画面一番下の「登録」をクリック

ビットポイントの2段階認証は、Google Authenticatorのような2段階認証アプリではなく、メールかSMSで行います。

どちらか都合のいいほうを選択しましょう。

日本円と仮想通貨の入金方法と出金方法

仮想通貨のトレードを始めるためには、まずビットポイントに、日本円か仮想通貨を入金する必要があります。

このうち、日本円の入金は「即時入金」と「銀行振込」の2種類があります。

即時入金での日本円の入金

即時入金は、振込手数料無料で、入金が即時に反映されるサービスです。

非常に便利なのですが、「ジャパンネット銀行」「住信SBIネット銀行」「イオン銀行」のいずれかの金融機関で、インターネットバンキングの申し込みが必要です。(その他の金融機関からは利用できません)

bitpoint-registration12

  1. 「入出金・振替」をクリック
  2. メニューから「即時入金」をクリック
  3. 利用する金融機関を選択
  4. 入金金額を入力
  5. 「確認画面」をクリック

「確認画面」をクリックすると、暗証番号を入力するウィンドウが表示されます。

暗証番号を入力して「入金依頼」をクリックすると、指定した金融機関の画面に遷移しますので、あとは各金融機関から振込手続きを行います。

なお、ブラウザでポップアップブロックをしている場合は各金融機関の画面が表示されませんので、予め解除しておいてください。

銀行振込での日本円の入金

銀行振込は、振込手数料が必要で、かつ銀行の営業時間(平日9:00-15:00)しか手続きがされません。

ただし、ジャパンネット銀行から振り込む場合は、24時間、いつでも入金が即時反映されます。

bitpoint-registration13

  1. 「入出金・振替」をクリック
  2. メニューから「入金先口座情報」をクリック
  3. 「お客様専用入金口座」が表示されますので、その口座に振り込む

この口座は自分専用の口座ですので、振り込んだお金は自分のアカウントに反映されます。

ただし、本人確認書類の名義と同じ名義の銀行口座から振り込む必要があります。

日本円の出金

bitpoint-registration14

  1. 「入出金・振替」をクリック
  2. メニューから「出金」をクリック
  3. 出金額を入力
  4. 「確認画面」をクリック

「確認画面」をクリックすると、暗証番号を入力するウィンドウが表示されます。

暗証番号を入力して「出金依頼」をクリックすると、出金申請は完了です。

仮想通貨の入金

仮想通貨の入金ですが、ここではビットフライヤーからビットポイントへ、ビットコインを入金する方法について解説します。

他の通貨や、他の取引所からの入金でも基本的な操作は同じですので、適宜読み替えてください。

手順としては、ビットポイントのビットコインアドレスを、ビットフライヤーの送金先として入力します。

bitpoint-registration15

  1. 「入出金・振替」をクリック
  2. メニューから「受金(預入)」をクリック
  3. 「アドレスコピー」をクリック

スマホから送金する場合は、スマホのカメラでQRコードを読み込んで送金先アドレスを入力することもできます。

続いて、コピーしたアドレスを、ビットフライヤーの送金先に入力します。

ビットフライヤーの場合は、新規のアドレスに送金する場合、まずは、送金先アドレスとラベルの登録が必要です。

bitpoint-registration16

  1. 「入出金」をクリック
  2. 「BTC ご送付」をクリック
  3. ラベルを入力
  4. →「BITPoint」など、わかりやすいラベルを付けておきましょう。

  5. 先ほどコピーしたビットポイントのビットコインアドレスを入力
  6. 「追加する」をクリック

続いて、先ほど登録したビットポイントのアドレスを指定して送金します。

bitpoint-registration17

  1. 先ほど追加したアドレス(ラベル)を選択
  2. 送金する数量を入力
  3. 「ビットコインを外部アドレスに送付する」をクリック
  4. →2段階認証を設定している場合は、認証コードの入力があります。

あとは、ビットポイントに表示(着金)されるのを待ちましょう。

仮想通貨の出金

次は、仮想通貨の出金ですが、ここではビットポイントからビットフライヤーへ、ビットコインを出金(送金)する方法について解説します。

出金は、先ほどと逆に、送金先の受け取りアドレス(ここではビットフライヤー)をコピーして、ビットポイントの送金先に入力します。

bitpoint-registration18

  1. 「入出金」をクリック
  2. 「BTC お預入」をクリック
  3. アドレスをコピー

これをビットポイントの送金先に入力します。

bitpoint-registration19

  1. 「入出金・振替」をクリック
  2. メニューから「送金(送付)」をクリック
  3. 送金する通貨を選択(ここではBTC)
  4. 送金先のアドレスを入力
  5. →先ほどコピーしたビットフライヤーのビットコインアドレス

  6. 「認証番号取得」をクリック
  7. 届いたメール、またはSMSに書かれてある認証番号を入力
  8. 「取引暗証番号」を入力
  9. →口座開設時に指定した4桁の数字

  10. 「確認画面」をクリック

ビットポイント(BITPoint)の使い方(買い方と売り方)

最後にビットポイントで、仮想通貨の売買をしてみましょう。

ここでは、日本円でビットコインを売買する方法について解説します。

他の通貨でも、基本操作は同じですので、適宜読み替えてください。

仮想通貨の買い方と売り方

bitpoint-registration20

  1. 画面上部の「仮想通貨取引」をクリック
  2. 通貨ペアを選択(ここでは「BTC/JPY」)

bitpoint-registration21

  1. 「買」を選択(または「売」を選択)
  2. 購入(売却)数量を入力
  3. 「成行」または「指値」を選択(指値の場合は購入価格を入力)
  4. 「取引暗証番号」を入力
  5. 「注文」をクリック

「注文」をクリック後、確認画面が表示されるので、よければ「執行」をクリックします。

「売買注文を承りました。」と表示されると買い注文が出されます。

あとは、約定を待ちましょう。

ストリーミング注文での売買方法

ストリーミング注文とは、ワンクリックで買い注文、または売り注文を出す売買方法です。

bitpoint-registration22

  1. 「ストリーミング」をクリック
  2. 購入(売却)数量を入力
  3. 「成行」または「指値」を選択
  4. 「取引暗証番号」を入力
  5. 「売」または「買」をクリック

この機能は、速いタイミングで売買を行いたい場合に便利です。

逆指値での売買方法

逆指値注文とは、「○○円以上になったら買い」あるいは「○○円以下になったら売り」というように、買い注文と売り注文を出す条件を予め設定しておく方式です。

この逆指値注文を設定しておくと、条件が一致した時に自動的に買い注文、または売り注文が出されます。

※ビットポイントの逆指値注文は成行注文しかありません。

bitpoint-registration23

  1. 「逆指値」をクリック
  2. 「買」(または「売」)をクリック
  3. 購入(売却)数量を入力
  4. 逆指値条件価格を入力
  5. 「取引暗証番号」を入力
  6. 「注文」をクリック

あとは、約定を待ちましょう。

関連記事

  1. mining-invest

    ビットコイン(仮想通貨)のマイニングプール会社に投資をして稼ぐ方法を徹…

  2. bitcoin-rsi

    【RSI】仮想通貨(ビットコイン)トレード。レンジでの使い方やダイバー…

  3. bittrex(ビットレックス)【登録方法(口座開設)】徹底ガイド。仮…

  4. bitcoin-macd-line

    【MACD】仮想通貨(ビットコイン)トレード。シグナルラインへのゴール…

  5. bitcoin-trendline

    【トレンドライン】仮想通貨(ビットコイン)トレード。「三角持ち合い」上…

  6. bitcoin-bollinger-bands

    【ボリンジャーバンド】仮想通貨(ビットコイン)トレード。スクイーズ・エ…