ビットフライヤーライトニングFXのチャート分析のやり方を解説!使用できるテクニカル指標の種類をZAIFと徹底比較。

bitflyer-lightning

2017年9月に中国の取引所に規制が入りました。

その影響があり、2017年11月13日現在では、日本円が世界のビットコインの取引の56%を占め、世界一のビットコイン取引量を誇るようになりました。

また、その56%のうち、ビットフライヤーFXが75%を占めており、今かなり注目されています。

今回は、そんなビットフライヤーFXで、トレードを行うために必要な基本的なチャート分析(テクニカル指標による分析)を解説していこうと思います。


Sponsored Links

ビットフライヤーライトニングFXのチャート分析のやり方を解説!

bitflyer-lightning2_4

ビットフライヤーFXの画面は上記のようになっており、①から別画面でチャートを表示できます。

また、左の「ハンバーガーアイコン」からは、チャットルームやニュースなど各項目を選択することができ「設定」からは、画面のテーマ(色・スタイル)などをカスタマイズすることができますので、自分好みに改造してみるとよいでしょう。

ここでは、チャート画面の説明とテクニカル分析に使用する主な「描画ツール」と「テクニカル指標」について説明していきます。

まだ、ビットフライヤーの口座を持っていない方は、以下の記事を参考にしてください。

ビットフライヤーFXでの売買方法についても記載しています。

参考:ビットフライヤー取引口座の作り方(口座開設)を紹介。入出金方法や反映時間、信用取引まで徹底解説!

チャート画面基本説明

bitflyer-lightning3

  1. 通貨ペアの設定
  2. 時間軸の設定
  3. チャートの種類の設定
  4. テクニカル指標の設定
  5. スナップショットの取得及びダウンロード
  6. 描画ツールバー

トレンドラインを引く方法

bitflyer-lightning4

トレンドラインや水平ラインなど、ハンドでライン(線)を引きたい場合は、描画ツールを使用します。

例えば、トレンドラインを引きたい場合、まず、画面右側に表示されている描画ツールから一番上の「-」をクリックします。

その後、線を引きたい始点でクリックし、終点で再度クリックすることにより、トレンドラインを引くことができます。

また、始点と終点は、箱上でもヒゲ上でも何もない箇所でも設定することが可能です。

そして、引き間違いや引き直しをしたい場合は、線の上で右クリックすることにより、削除できます。

フィボナッチラインを表示させる方法

bitflyer-lightning5

フィボナッチラインを引く場合もトレンドラインと同様、描画ツールを使用します。

フィボナッチラインを引く場合は、描画ツールの中の複数横線が入っているアイコンを選択し、始点でクリックし、終点で再度クリックします。

削除についてもトレンドラインと同様に、線の上で右クリックすることで、消すことができます。

移動平均線を表示する方法

bitflyer-lightning6

  1. 画面上部のテクニカル指標のマークをクリック
  2. 「SMA」にチェック
    ※平滑移動平均を使用する方は、そちらでも可
  3. 移動平均に使用する日数を入力
    ※5つまで設定が可能

移動平均の日数を初期状態に戻したい場合は、画面※の箇所にある「規定」をクリックします。

また、チェックボックスのチェックを外すと、移動平均線がチャート上から削除されます。

移動平均線の使い方については、以下を参考にしてください。

参考:【移動平均線】仮想通貨(ビットコイン)トレード。「方向性」や「乖離率」など重要な見方について徹底解説!

参考:【グランビルの法則】仮想通貨(ビットコイン)トレード。移動平均線チャートを使って売買タイミングを図ろう!

ボリンジャーバンドを表示する方法

bitflyer-lightning7

  1. 画面上部のテクニカル指標のマークをクリック
  2. 「ボリンジャーバンド」にチェック
  3. ボリンジャーバンドの設定を入力

ボリンジャーバンドの設定については、左の数字が「移動平均線の集計日数」、右の数字が「標準偏差(1なら1σ、2なら2σ)」、FULLは、補助線に囲まれた領域を塗りつぶすかどうかの設定を表します。

また、ボリンジャーバンドの設定を初期状態に戻したい場合は、移動平均線と同様、画面※の箇所にある「規定」をクリックします。

ボリンジャーバンドのの使い方については、以下を参考にしてください。

参考:【ボリンジャーバンド】仮想通貨(ビットコイン)トレード。スクイーズ・エクスパンションで大相場に乗ろう!

MACDを表示する方法

bitflyer-lightning8

  1. 画面上部のテクニカル指標のマーク(移動平均線やボリンジャーバンドとは異なる方)をクリック
  2. 「MACD」にチェック
  3. MACDの設定を入力

MACDの設定については、左の数字が「短期EMA」、真ん中の数字が「長期EMA」そして、右の数字が「シグナル」を表します。

また、MACDの設定を初期状態に戻したい場合は、移動平均線と同様、画面※の箇所にある「規定」をクリックします。

MACDの使い方については、以下を参考にしてください。

参考:【MACD】仮想通貨(ビットコイン)トレード。シグナルラインへのゴールデンクロスは買いのサイン!


Sponsored Links

ZAIFと使用できるテクニカル指標の種類を徹底比較。

bitflyer-lightning9

上記は、ビットフライヤーFXで用意されているテクニカル指標をZAIFで用意されているテクニカル指標と比較した表になります。

この表を見る限り、ジャンデリアシステム(ボラティリティシステムとも呼ばれる)がZAIFには無いものの、ZAIFは、これ以外に、まだ多くのテクニカル指標が用意されており、少し特殊なテクニカル分析を行う人にとっては、ZAIFのほうがいいでしょう。
※ZAIFの日本語訳が、不自然なものがありますので、見つけきれない場合は、上記の表を参考にしてください。

ZAIFで一度、テクニカル分析を行ってみようと思われた方は、以下の記事を参考に口座登録を行ってください。

参考:zaifの口座開設方法と使い方を紹介。独自の積立システムや入金方法、取り扱い通貨まで徹底解説!

しかし、やはり、ビットフライヤーFXの取引高は非常に魅力的です。

そのため、結論としては「ZAIFでテクニカル分析を行い、ビットフライヤーFXで取引を行う。」というのが、一番最適な方法だと思われます。


Sponsored Links

関連記事

  1. kakaotalk-bittrex-upbit_3

    カカオトークが韓国最大級の取引所「UPBIT」を10月に開設!Bitt…

  2. liquid-crypto-currency

    LIQUID(リキッド)の仮想通貨(QASH)購入には、QUOINEX…

  3. china-regulation

    中国のICO禁止規制が2017年仮想通貨市場に与える影響は?今後は日本…

  4. ripple-swell

    リップルがSwell(スウェル)を発表!詳細はトロントで開催される会議…

  5. replay-attack-protection

    リプレイアタック対策(リプレイプロテクション)とは?ビットコイン大好き…

  6. monex-exchanges

    マネックスが仮想通貨取引所を開設する3つの理由!マイニング事業などで培…

 

Sponsored Links


最新記事一覧

  1. hitbtc-registration
  2. crypto-click-affiliate
  3. gmocoin-registration
  4. bitcoincash-hardfork
  5. bitflyer-lightning
  6. monex-exchanges
  7. zaif-chart
  8. bitcoin-segwit2x-stop
  9. ethereum-parity-bug
  10. comsa-listing
Sponsored Links