ビットコインウォレットのおすすめランキング!作成手順や安全性も徹底解説。

bitcoin-wallet

あなたは、暗号通貨(仮想通貨)を取引所に置きっぱなしにしてはいませんか?

取引所を銀行のように考えている人も多いと思いますが、取引所は過去に何度もハッカーの標的となり、「暗号通貨が盗まれる」という事件が頻繁に起きています。

銀行は銀行強盗に現金を盗まれても、あなたの預金はなくなることはありませんが、取引所がハッキングされて暗号通貨が盗まれれば、あなたの暗号通貨は返ってきません。(ただし、日本のいくつかの取引所は、条件によって100万円までの保証がある)

また、取引所はあなたのIDやパスワードを全て知っているため、マウントゴックス事件で疑惑を持たれているような「顧客の暗号通貨を不正に盗み出す」ことも可能性として十分考えられます。
※マウントゴックス事件の疑惑の真相はまだわかっていません

このように、「取引所に大量の暗号通貨を置いておく」ことは「自宅の庭に現金が入った財布を置いておく」のと同じようなものです。

取引所には、頻繁に売買する資金だけを置いておき、貯蓄として長期保有する資金については、取引所とは別のウォレットに保管するほうが安心でしょう。

そうはいっても、ウォレットには沢山の種類があるため、どのウォレットを選べばよいのか分からないと思います。

そこで、今回は長期保管にオススメのウォレットと、その設定方法について解説します。


Sponsored Links

安全性と利便性を様々なウォレットで比較

「ウォレット」には、さまざまな種類がありますが、大きく以下の4種類に分かれます。

  • ウェブウォレット
  • モバイルウォレット・デスクトップウォレット
  • ハードウェアウォレット
  • ペーパーウォレット

これらのウォレットを選ぶ場合のポイントは「安全性(セキュリティ)」と「利便性(使い勝手)」です。

この組み合わせで、自分の用途に合った最適なものを選択するとよいでしょう。

なお、取引所のセキュリティに関しては、下記の記事で解説していますので参考にしてください。

参考:【コインチェック(coincheck)】利用の注意点。暗号通貨(仮想通貨)取引所のセキュリティ対策やリスク分散は万全に!

ウォレットとは

bitcoin-wallet20

暗号通貨のウォレットは、お金を保管する「財布」や「銀行口座」に例えられます。

一方、ビットコイン(暗号通貨)の場合は、「硬貨」や「紙幣」のような実体があるものではなく、「ビットコインアドレス」と「秘密鍵」の2つを保管します。

「ビットコインアドレス」は、1つ1つのウォレットを区別するための「識別番号」、「秘密鍵」はウォレットに暗号通貨を入出金(送金、受け取り)するのに必要な「暗証番号」と理解すればわかりやすいでしょう。

このビットコインアドレスと秘密鍵を、「どこに保管するか」によって、ウォレットの種類が異なります。

なお、暗号通貨の保有数量はブロックチェーン上に取引データの履歴という形で保存されています。(ウォレットの中に記録されているわけではない)

ブロックチェーンの仕組みについては、下記の記事を参考にしてください。

参考:【図解】ブロックチェーンとは何かをわかりやすく解説。株式市場でも関連銘柄(本命)は大注目!

ウェブウォレット

安全性 → 低
利便性 → 高
例:暗号通貨取引所、Blockchain.infoなど

ウェブウォレットは、その名前の通り「秘密鍵」をインターネットのサーバー上で保管します。

利用者が、ウェブウォレット提供会社にアカウントを作成すると、そこに「ビットコインアドレス」と「秘密鍵」が保管(新規作成)されます。

インターネット上に「秘密鍵」がありますので、どのパソコンやスマホからも共通でアクセスすることができ、簡単な操作で暗号通貨を入出金できますので、非常に便利です。

その反面、他のウォレットに比べてハッキングで盗まれたり、不正行為が発生したりしやすくなります。

暗号通貨の売買を行う取引所は、このウェブウォレットの一種だと言えます。

取引所以外にも、ウェブウォレットサービスのみを提供している会社もあります。

モバイルウォレット・デスクトップウォレット

安全性 → 中
利便性 → 中(デバイスをネットワークから切り離せば、高)
例:Mycelium、Airbitz、breadwallet、Copay、Jaxxなど

ウェブウォレットが「ビットコインアドレス」と「秘密鍵」をインターネット上で管理するのに対し、モバイルウォレット(スマホ)やデスクトップウォレット(パソコン)は、そのデバイスの中に専用のアプリをインストールし「ビットコインアドレス」と「秘密鍵」を保管します。

「秘密鍵」は自分が所有するデバイスで保管しますので、ウェブウォレットよりも安全性は高くなりますが、そのデバイスをインターネットに繋いでいる場合は、ハッキングのリスクは0ではありません。

また取引所やウェブウォレット提供会社は、パスワードを忘れても再発行してくれますが、モバイルウォレット・デスクトップウォレットで「パスワードを忘れた」あるいは「デバイスそのものが壊れてバックアップも取っていない」などの場合は、暗号通貨を紛失する(取り出せなくなる)ことになります。

ハードウェアウォレット

安全性 → 高
利便性 → 低
例:Trezor、Ledger NanoSなど

ハードウェアウォレットは、パソコンやスマホではなく、専用のデバイス(パソコンとUSB接続)で「ビットコインアドレス」と「秘密鍵」を保管します。

入出金やメンテナンスをする場合以外は、完全にネットワークから切り離されますので安全性は最強です。

また、リカバリーフレーズ(リカバリーシード)に対応しているウォレットもあり、デバイスの故障・紛失などの場合でも復旧することが可能です。
※ただし、リカバリーフレーズを紛失すると暗号通貨を紛失する(取り出せなくなる)ことになる。

ハードウェアウォレットはアマゾンや販売元のサイトで数千円から数万円で購入することができます。

ペーパーウォレット

安全性 → 高
利便性 → 低
例:bitaddress.orgなど

ペーパーウォレットは「秘密鍵」を電子データではなく、QRコードとして紙に印刷して保管します。

ハッキングや不正行為の心配は全くありませんが、今度はその印刷した紙自体の保管に注意する必要があります。

印刷した紙を紛失したり、QRコードが読み込めなくなるほど傷んだ場合は、暗号通貨を紛失することになります。

ペーパーウォレットの印刷サービスを提供しているサイトで印刷し、ウェブウォレット、モバイルウォレット、デスクトップウォレットなどでQRコードを読みとることで復元できます。(ペーパーウォレットに対応していないウォレットもある)

資産管理におすすめなウォレットランキング

ビットコインのウォレットは、「利便性が高ければ安全性が低い」「安全性が高ければ利便性が低い」と全てにおいて優れているものはありません。

ここでは「長期保管」にすぐれたウォレットに着目し、オススメランキングの上位3つを紹介します。

第1位 Copay(コペイ)

モバイル・デスクトップウォレットで、使いやすさはNo.1です。

ウォレットを入れたデバイスを、ネットワークから切り離した状態で保管することにより、安全性をハードウェアウォレット同等に引き上げることができます。

パソコンとスマホの両方にアプリがあり、この2つを同期することもできます。

また1つのアプリ内に複数のウォレットを作成することも可能です。

そして、なんといっても無料で導入できるため、すごく人気があります。

bitcoin-wallet3

bitcoin-wallet17

第2位 Ledger Nano S(レジャーナノ エス)

有料ですが、ハードウェアウォレットの中では比較的安価で、対応しているコインも多いのが特徴です。

国内取引所のZaifを運営するテックビューロ社が輸入代理店となっており、Zaifのサイトに日本語マニュアルが公開されています。

リカバリーフレーズを保管しておくことにより、デバイスの破損など不慮の事故の場合も、ウォレットを復元することができますので安心です。

bitcoin-wallet4

bitcoin-wallet19

第3位 breadwallet(ブレッドウォレット)

スマホはiPhone版・Android版の両方がありますが、PC版はありませんので、スマホのみで保管したい人におすすめです。

またCopayと同じく、スマホをネットワークから切り離した状態で保管すれば、安全性をハードウェアウォレット同等に引き上げることができます。(その場合、日常生活で使用しているスマホとは別のものを用意する必要あり)

日本語対応がされていないのは少し残念ですが、初心者でも使いやすくなっています。

また国内取引所のbitflyerが出資しているため安心感もあります。

このウォレットも無料で利用することができます。

bitcoin-wallet5

bitcoin-wallet18


Sponsored Links

モバイル・デスクトップウォレット「Copay」の作成手順(使い方)

実際にビットコインウォレットを作成してみましょう。

ここでは、モバイル・デスクトップウォレットのCopayの作成手順について説明します。

Windows版で説明しますが、他のプラットフォームについても操作は同様です。

Copayのインストール

まずはCopayを公式サイトからダウンロードして、PCにインストールします。

Copay公式サイトからダウンロード

bitcoin-wallet1

  1. 「COPAYをダウンロード」をクリック
  2. 「こちらでダウンロード Windows」をクリック
ダウンロードファイルを選択

bitcoin-wallet2

ダウンロードファイルの一覧が表示されますので、それぞれ該当するプラットフォームのファイルをクリックしてダウンロードしてください。

ダウンロードしたファイル(Windows版であればCopay.exe)をダブルクリックして起動してください。

Copayアプリの起動

bitcoin-wallet6

bitcoin-wallet7

アプリが起動したら、順次クリックして画面を進めます。

途中でメールアドレスを入力する画面がありますが、これはウォレットから送金するときに通知を受け取るメールアドレスを入力してください。

復元フレーズの表示

bitcoin-wallet8

復元フレーズが表示されますので、紙などにメモして大切に保管してください。

この復元フレーズがあれば、仮にCopayをインストールしたデバイスが故障などで使えなくなっても、ウォレットは復元することができます。

利用規約などにチェック

bitcoin-wallet9

利用規約を確認し、「承諾して終了する」をクリックすると、ビットコインウォレットが完成します。

送金時パスワードの設定

bitcoin-wallet10

送金時にパスワード入力を求めるように設定します。

特にスマホの場合は、送金時のパスワードを設定しておかなければ、第三者によってコインを奪われる危険性が高まります。

したがって、送金時のパスワードを設定しておくことをおすすめします。

あとは「設定」-「表示通貨」を「Japanese Yen」に変更しておきましょう。

Copayでの受け取り

画面下の「受取」をクリックすると、QRコードとビットコインアドレスが表示されます。

送金元のデバイスにカメラがあればQRコードを読み取り、なければビットコインアドレスをコピーします。

ビットコインアドレスは、クリックするとクリップボードにコピーされますので、そのまま送金元の宛先にペーストすることができます。

送金元の取引所にもよりますが、coincheckから送金した場合は、10分程度で受け取りが完了しました。

Copayからの送金(送信)

bitcoin-wallet11

画面下の「送金」をクリックし、画面上部に送金先のビットコインアドレスを入力します。

カメラがあるデバイスであれば、「スキャン」アイコンをクリックして送金先のQRコードを読み込むこともできます。

その後、送金するビットコインの数量を入力し、「→」アイコンをクリックします。

bitcoin-wallet12

Copayでは、送金する数量は小数点第6位(0.000001)以降が切り捨てとなりますので注意してください。

送金先にもよりますが、通常は数十分程度で送金が完了(送金先に着金)します。

ウォレットの同期、ウォレットの復元

「ウォレットの同期」と「ウォレットの復元」は同じ手順で行います。

どちらもウォレットを追加し、「ウォレットのインポート」を選択します。

その後、「復元フレーズ」に「同期したいウォレットの復元フレーズ」または「復元したいウォレットの復元フレーズ」を入力すれば、ウォレットの同期または、ウォレットの復元ができます。

ウォレットのインポート

bitcoin-wallet13

「ウォレット」の右側にある「+」アイコンをクリックし、「ウォレットをインポート」をクリックします。

ウォレットのインポート画面が表示されますので、復元フレーズを入力し「インポート」をクリックします。

パスワードを忘れて復元したい場合は、「設定」-「ウォレット」を選択し、「その他オプション」-「ウォレットを削除」で一旦ウォレットを削除してから復元を行って下さい。

ハードウェアウォレット「Ledger Nano S」の使い方

Ledger Nano Sは、PCにUSBケーブルで接続し、Chromeの拡張機能で仮想通貨の送金と受け取りを行います。

PCとのUSB接続を切れば、完全にネットワークから隔離されますので、安全性は抜群です。

またリカバリーフレーズを保管しておけば、もしもの時にウォレットを復元させることもできますので非常に便利です。

Ledger Nano Sの初回起動

Ledger Nano Sに付属しているUSBケーブルでPCと接続します。

接続するとLedger Nano Sに英文が表示されますが、これは簡単に言うとLedger Nano Sについているボタンの説明です。

選択する場合は左右どちらかのボタンを、決定するときは両方のボタンを同時に押します。

理解できれば、両方のボタンを同時に押して次に進めます。

PINコードの設定

次に4桁の暗証番号を入力します。

「Choose your PIN code」と表示されたら、両方のボタンを同時に押して次に進めます。

次に4桁の数字を入力しますが、左右のボタンで数字を選択し、両方のボタンを同時に押して数字を決定します。

入力後に「Confirm your PIN code」と表示されるので、先ほどと同じ4桁の数字を入力します。

今後、PCと接続するときに毎回 入力が必要ですので忘れないようにメモしておいてください。

リカバリーフレーズの転記

「Write down your recovery phrase」と表示されたら、その後の表示順に24単語を、購入時に付属の「Recovery sheeet(リカバリシート)」に記録してください。

全て記録し終えたら、両方のボタンを同時に押します。

「Confirm your recovery phrase」と表示されたら、該当する番号の単語を選択してください。

ウォレットアプリのインストール

PC用のウォレットアプリは、Chromeブラウザの拡張機能として提供されています。

インストールするには、下記サイトからアプリをダウンロードします。

外部リンクアイコン「Ledger Nano S」のウォレットアプリのダウンロードはこちら

Chromeにインストール

bitcoin-wallet14

「Ledger Wallet Bitcoin & Altcoins」をクリックし、「GET THE APPS」をクリックします。

その後、「Ledger Wallet Bitcoin」の「INSTALL」をクリックすると、Chromeの拡張機能のインストール画面が表示されますので、「Chromeにインストール」をクリックしてインストールしてください。

ウォレットアプリの起動

インストールが完了すれば、Chrome上部のブックマークバーの「アプリ」の中に、インストールしたアプリが追加されます。

もし「アプリ」がない場合は、Chromeのアドレスバーに「chrome://apps/」と入力し「Enter」を押してください。

Chromeから起動

bitcoin-wallet15

アプリが起動したら、USBケーブルでPCとLedger Nano Sを繋ぎ、PINコードを入力します。

その後、Ledger Nano Sで「Bitcoin」のアイコンを表示した状態で両方のボタンを同時に押すと、管理画面が表示されます。

管理画面からの送信・受信

bitcoin-wallet16

送信(ウォレットからの取り出し)は管理画面の上部にある「送信」をクリックします。

送信画面が表示されますので必要事項を入力して「送信」をクリックしてください。

受信(ウォレットへの入金)は、「受信」をクリックするとビットコインアドレスが表示されますので、ビットコインアドレスを送信元へコピーしてください。

ウォレットアプリの終了

アプリを終了する場合は、Ledger Nano Sを操作します。

右ボタンを押すとメニューが切り替わりますので、「Quit app」に合わせて両方のボタンを同時に押すと終了できます。

あとはPCからLedger Nano Sを取り外しましょう。


Sponsored Links

関連記事

  1. bitcoin-sales-volume

    【売買高】仮想通貨(ビットコイン)トレード。出来高推移の急増は上昇トレ…

  2. coincheck-registration

    コインチェックの口座開設方法や本人確認登録の流れを紹介!豊富なアルトコ…

  3. bitcoin-arbitrage

    ビットコイン(仮想通貨)のアービトラージ方法を極めて稼ぐ!裏技的やり方…

  4. blockchain-encrypt

    ブロックチェーンの暗号化による安全性を徹底解説!ビットコインなどの仮想…

  5. bitcoin-support-line

    【支持線・抵抗線】仮想通貨(ビットコイン)トレード。境界線上の攻防から…

  6. encryption-currency-presale

    暗号通貨の稼ぎ方は超シンプル。詐欺ではない本物通貨をプレセールで買って…

 

Sponsored Links


最新記事一覧

  1. ada-wallet-daedalus
  2. bitzeny-exchange
  3. bitcoin-hardfork
  4. ada-coin-loadmap
  5. lisk-event-schedule
  6. cms-zaif-receive
  7. ethereum-classic-halflife
  8. binance-registration
  9. nem-mosaic-howto
  10. hitbtc-registration
Sponsored Links