【支持線・抵抗線】仮想通貨(ビットコイン)トレード。境界線上の攻防からのブレイクアウトは暴騰の可能性大!

bitcoin-support-line

【仮想通貨トレードのための取引所】

この記事で紹介しているトレードを効率よく行うためには、取引所選びが大切です。
ビジネスインフィニティでは、bitFlyer Lightning FXを利用した仮想通貨トレードをオススメしています。
bitFlyer Lightning FXを利用できるビットフライヤーの口座開設については、こちらの記事を参考にしてください。

ビットフライヤー取引口座の作り方(口座開設)を紹介。入出金方法や反映時間、信用取引まで徹底解説!

暗号通貨トレードをする上で、最も基礎的で重要なテクニカルが「支持線・抵抗線」です。
※支持線のことを「下値支持線(サポートライン)」、抵抗線のことを「上値抵抗線(レジスタンスライン)」ともいう

支持線や抵抗線は、基礎中の基礎であることから疎かにされがちで、「知っているつもり」でよくわかっていなかったり、「ラインを引けるつもり」で実際には引けなかったりする人が多々います。

どのようなテクニカル指標を使っても、基礎を疎かにしていては結果に結びつきませんので、まずはことの2つをしっかりと学習して、トレードのスキルアップに努めましょう!
※この支持線と抵抗線をマスターするだけでも、十分にトレードで結果をだすことも可能


Sponsored Links

支持線と抵抗線は突破されることで役割が入れ替わる

勢いよく上昇したり、下降したりするチャートをみていると、どこまでも飛んできそうに見えたりしませんか?

思わず飛びつき買いをしてしまい、買ったあとに急落したなんてこともあると思います。

これはポジションを持つタイミングで、「大体この辺で一旦下落(調整)するのではないか?」というような目安を持っておらず、買ってはいけないポイントで買ってしまうことが原因です。

また、目安を持っておかないと一旦 利益を確定(損失を確定)をした方がよいタイミングでも、ポジションに固執してしまうことにも繋がります。

これを防ぐためには、支持線と抵抗線をチャート上に書き「見える化」することである程度防ぐことができます。

bitcoin-support-line1

上記チャートを見てください。

視覚的にわかりやすくするために、支持線を赤線、抵抗線を青線で表記しています。

パッと見でわかると思いますが、同じ水平線でも全てが支持線、抵抗線というわけではなく、支持線と抵抗線の役割が入れ替わっていることがわかります。

①、④、⑤:抵抗線として機能していた線が、以後は価格の下降を防ぐ支持線としての役割に切り替わる
②、③:支持線として機能していた線が、以後は価格上昇を抑える抵抗線としての役割に切り替わる

このように、価格上昇(または下降)を阻止する「敵」だった水平線が、突破されることで価格下降(または上昇)を阻止する「仲間」に変わるという性質があります。

この水平線(支持線・抵抗線)は、多くのトレーダーが意識する「節目」としての役割があるため、利益確定ポイントやエントリーポイント、損切りポイントとして有効活用しましょう。
※節目とは、多くのトレーダーが意識するポイント、キリのよい数字、支持線、抵抗線、トレンドラインなどがある


Sponsored Links

境界線の攻防から均衡が崩れると暴騰(暴落)の可能性大

支持線と抵抗線は、買い方軍と売り方軍の最終防衛ラインとして機能します。
※買い方(売り方):買い(売り)ポジションを持ってしている人

買い方にとっては、支持線が最終防衛ラインであり、売り方にとっては抵抗線が最終防衛ラインです。
※この線の上で買い方と売り方が戦っているというようなイメージ

この最終防衛ラインで何度も跳ね返されるようなことがあれば、そのラインはより強固なラインと言えます。

もし、この強固なラインを突破されるようなことがあれば、均衡が一気に崩れて価格が一方的に変動することが多々あります。

この大きな価格変動を狙うのが「ブレイクアウト」というトレード手法です。

bitcoin-support-line2

上記チャートを見てください。

これは、ビットコインの日足チャートですが、同じ価格帯で何度も上昇が抑えられたり、下降から支えられたりしていることがわかります。

そして、赤丸の箇所でその均衡が崩れ、売り方軍が防衛していた抵抗線が突破されたことで一気に上昇しています。

このようなケースが起きやすいのは、ブレイクした後の上の価格に抵抗帯がない場合です。(売りの場合には下の価格に支持帯がない場合)

このような空天井の場合には、例に挙げているビットコインのように価格がとんでもなく大きく上昇することもあるので覚えておいてください。
※画像では15万円から35万円まで一気に上昇

水平線(支持線・抵抗線)の引き方

水平線を引く場合には、高値や安値が集中しているところを探します。

より多くの高値や安値が集まっているところほど意識されやすい「節目」になるので、必ず引く習慣をつけましょう。

引くときに大切なポイントは、「丁寧に正確に引こうと思わないこと」です。
※間違いを恐れずとりあえず引いてみることが重要

支持線や抵抗線は、細い線ではなく、太い帯のような線をイメージです。

ですから、引いた線が多少ずれていても、また少しくらい突破されても許容範囲内だと言えます。

「だいたいこの辺が意識されているなー」という感覚で引くようにしてください。

bitcoin-support-line3

それでは、実際にチャートにトレンドラインを引いていきます。
※チャートはbitFlyerの「bitFlyer Lightning」ツールを利用

  1. bitFlyer Lightningの画面右の「ツールバー」から「①ライン」を選択
  2. 「②始点」を決めてクリック
  3. 右方向へスライドし、「③終点」を決めたら再度クリック

【仮想通貨トレードのための取引所】

この記事で紹介しているトレードを効率よく行うためには、取引所選びが大切です。
ビジネスインフィニティでは、bitFlyer Lightning FXを利用した仮想通貨トレードをオススメしています。
bitFlyer Lightning FXを利用できるビットフライヤーの口座開設については、こちらの記事を参考にしてください。

ビットフライヤー取引口座の作り方(口座開設)を紹介。入出金方法や反映時間、信用取引まで徹底解説!


Sponsored Links

関連記事

  1. encryption-currencies

    暗号通貨ランキング【2017年最新版】時価総額と過去1年間の値上がり率…

  2. bitcoin-history

    暗号通貨の基軸通貨【ビットコイン】の歴史をチャートを使用して簡単に分り…

  3. encryption-currency-scam

    暗号通貨【詐欺通貨や価値のつかない通貨】の超簡単な見分け方!プレセール…

  4. myetherwallet-registration

    MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の登録方法。日本語表…

  5. bitcoin-trendline

    【トレンドライン】仮想通貨(ビットコイン)トレード。「三角持ち合い」上…

  6. bitcoin-macd-line

    【MACD】仮想通貨(ビットコイン)トレード。シグナルラインへのゴール…

 

Sponsored Links


最新記事一覧

  1. reftoken-ico_3
  2. b2bx-ico-registration
  3. blockchainlab-conference_2
  4. sbi-ico-rating
  5. swell-swift
  6. valu-howto-buy_2
  7. bitcoin-fork
  8. metamask-how-to-use
  9. cryptocurrency-biometrics
  10. cryptocurrency-tax-return_1
Sponsored Links