Segwit2x(B2X)のハードフォーク【中止決定】で価格が暴騰&暴落!ビットコインが今年最大の分裂危機を免れる!

bitcoin-segwit2x-stop

ついに、今、仮想通貨業界で、一番注目を集めている問題について終止符が打たれました!

それは「Segiwt2xのハードフォーク中止」です。

日本時間の2017年11月9日の夜中2時過ぎに突如、この情報が拡散されました!

Segwit2xのハードフォークは、今年最大の分裂危機として、ここ数か月、仮想通貨業界の話題を独り占めしていただけに、ツイッターなどでは大騒ぎになっています。


Sponsored Links

Segwit2x(B2X)のハードフォーク中止決定!

bitcoin-segwit2x-stop1

Segwit2X分裂問題とは、一体どういうことだったのか詳細を知りたい方は、以下の記事をご参照ください。

参考:ビットコインの11月分裂問題とは?Segwit2xによってどうなるのか最新状況をわかりやすく解説。

さて、ハードフォーク中止の決定についての情報源と思われるのは、ビットコインのSegwit2xネットワークプロトコルアップグレード作業グループでの「マイク・ベルシェ」氏の書き込みです。

マイク・ベルシェ氏は、ビットコインのセキュリティ会社「BitGo, Inc.」のCEOです。

書込みの内容は、以下のようなものでした。

Segwit2xの取り組みは、Bitcoinのスケーラビリティを向上させる目的で5月に始まりました。

当時、Bitcoinコミュニティは3年近くのコンセンサスの危機に瀕していた。

Segwitのための鉱山者の間でわずか30%のサポートと遠くの蜃気楼のように見えた。

しかし、Segwit2xは8月に最初の成功を収め、すぐにSegwitの成功した活性化につながった。

そして、プロジェクトは、2MBのブロックサイズの増加にシフトしました。

私たちの目標は常にBitcoinの円滑なアップグレードでした。

我々は、大きなブロックサイズの必要性を強く信じています。

信じることはさらに重要です。

共同体を一緒に保つことです。

残念なことに、私たちが十分なコンセンサスを構築していないことは明らかです。

今の時点でクリーンなブロックサイズのアップグレードが必要です。

現在のパス上で続行するコミュニティーを分裂させ、Bitcoinの成長に後退する可能性があります。

これは、Segwit2xの目標では、決してありません。

ブロックチェーン上で料金が上昇すると、最終的にチェーン内容量の増加が必要であることは明らかです。

それが起こると、我々は共同体が集まり、可能な限り解決策を見つけられることを願っています。

ブロックサイズの増加。

それまでは、私たちは今後2MBのアップグレード。

Segwit2xに建設的に貢献した皆様へ、あなたが賛成か反対かに関わらず、あなたの努力はBitcoinを作るもので、すばらしいです。

Bitcoinは人類が今まで見た中で最も素晴らしい形のままであり、世界の成長を守り育てることに専念します。

上記の文章では、まず、Segwit2xの「取り組み始めた経緯」と「取り組みの内容」、そして、8月のSegwitの成功について語られています。

そして、その後、ブロックサイズを大きくすることは、必要だと感じているが、私たちは、十分な同意を構築することができなかったとのことです。

また、「今、分裂を起こす事は、ビットコインの後退を意味してしまい、それは望んでいることでは無い」と協力的に今後アップグレードしていくことを願っているような言葉がつづられています。

このことは、ハードフォーク中止を決定づけたと言っているのと同意であると、ツイッターなどの情報で拡散され、海外情報サイトにも取り上げられました。

どちらにせよ、今年最大のビットコイン分裂危機が回避されたことは、ビットコイン及び仮想通貨業界にとっては、一安心といった感じでしょう。

ただ、ビットコインのスケーラビリティの問題は、解決しないままです。

そのように考えると、今回の件で、ビットコインの問題点を世間へあらわに出来たことについては、仮想通貨業界が、未来ヘ進む大きな役割を果たしたことになったと考えられます。

今後は、マイク・ベルシェ氏の文章にあったように、有志が一同に集まり、解決していくことを私たちも望みたいと思います。


Sponsored Links

分裂危機回避によりビットコインの価格が暴騰&暴落

bitcoin-segwit2x-stop2

【2018/1/8 追記】
ビットフィネックスのB2X先物が停止されています。

さて、分裂危機が回避されたことにより、気になるのは、ビットコインなどの価格の状況だと思われます。

この決定によって、勿論、ビットフィネックスのB2X先物(BT2)相場は大暴落しました。

もうB2X(BT2)は、もう存在しないものになってしまうのですから、当たり前ですね!

では、その他の相場状況はと言うと、アルトコインが軒並み高騰しました。

これは、Segwit2Xによって、今まで、仮想通貨業界から一歩引いて、見守ってきた人たちが、ここぞとばかりに、戻ってきたのではないかと推測されます。

この話題の主人公であるビットコインはというと、ビットコインのみ情報の拡散と同時に高騰したものの、その後、大暴落!

その後、持ち直し、83万円前後で落ち着きました。

また、ビットコインキャッシュもビットコインのような情報の拡散後の高騰はないものの、その後は、ビットコインと同じような動きをしており、大暴落後に持ち直すという状態になっています。

ビットコインもビットコインキャッシュも調整に入ったのでしょうか…

ビットコインは、分裂問題の不安要素もなくなり、今後がとても楽しみです。

あとは、本当に…スケーラビリティの問題だけですね…


Sponsored Links

関連記事

  1. paicoin-cryptocurrency_3

    パイコイン(PAICOIN)という仮想通貨業界で話題のICOプロジェク…

  2. gaslimit-ethereum

    ガスリミット(Gas Limit)とはイーサリアムの手数料の設定。ガス…

  3. ripplecoin-information

    リップルコインの最新情報金額(チャート)。相場高騰の理由は謎のカウント…

  4. bitcoin-fork

    ビットコインの11月分裂問題とは?Segwit2xによってどうなるのか…

  5. liquid-ico_2

    LIQUID(リキッド)QASHのICOトークンセールが11/6開始!…

  6. airdrop-datx

    Airdrop(エアドロップ)でDATx(仮想通貨)を無料で手に入れよ…