暗号通貨の基軸通貨【ビットコイン】の歴史をチャートを使用して簡単に分りやすく徹底図解!

bitcoin-history

暗号通貨(仮想通貨)の中で最初にできたのは「ビットコイン」というものです。

今現在、ビットコインは「暗号通貨の中の基軸通貨」として扱われており、全ての暗号通貨取引の基盤として用いられています。

今回は、ビットコインがどの様な歴史を辿り、なぜここまで普及するに至ったのかを、チャートを用いながら徹底解説していきます。

初心者の方でもすごく分りやすい内容になっておりますので、暗号通貨についてしっかりと見識を深め時代に乗り遅れないようにしましょう!


Sponsored Links

そもそものスタートは2008年の「ナカモトサトシ」の論文

bitcoin-history2

ビットコインの歴史を説明する上で、「ナカモトサトシ」の存在を語らずにはいられません。

なお、「ナカモトサトシ」というのが、日本人なのか外国人なのか、そもそも一人の人物なのかも分かっていません。

2008年にナカモトサトシによるビットコインについての論文がインターネット上に突如 登場してからすぐに、世界中の天才プログラマーやハッカー達の間ではビットコインとブロックチェーンの存在が話題になりました。

参考:【図解】ブロックチェーンとは何かをわかりやすく解説。株式市場でも関連銘柄(本命)は大注目!

その後、その天才たちの英知の結集により、実際にプログラムの実装が行われ、翌年2009年にビットコインが正式に完成、まもなく運用が開始されたのです。
※正式リリースされたビットコインは、当初の「ナカモトサトシの論文」から「90%以上の進化(セキュリティの強化など)を遂げている」と言われている

そして、記念すべきビットコイン初となる商取引が行われたのが2010年のことです。
(フロリダで、1万ビットコイン(当時の価値で約25ドル)を使ってピザを購入した記録が残っています。)

オンライン闇市場「シルクロード」の誕生

2011年にはビットコインが世の中に広く流行するキッカケになった事象が起きます。

それは、オンライン闇市場「シルクロード」の誕生です。

シルクロードでは、麻薬や武器などの密売が行われていましたが、その様な闇市場(犯罪組織)にとってはビットコインは最高の通貨だったのです。

なぜならば、ビットコイン(暗号通貨)は政府や銀行などの公的機関が介在しない通貨であるからです。

参考:暗号通貨とは何か?仮想通貨の簡単な仕組みや日本での普及速度が遅い理由を徹底解説!

その様な裏社会の問題をTIME誌が特集したこともあり、ビットコインはますます認知を広げていくことになっていきます。

その後、2012年には表社会の大規模な組織としてはじめて「Wordpress」がビットコインでの決済を導入するなど、ビットコインは決して裏社会だけのものではなくなりました。

キプロスショックで暗号通貨の価値が不動のものとなる

bitcoin-history3

2013年3月に起きたキプロスの金融危機(国が破たん)により、富裕層を中心に法定通貨の安全性に疑問を持つ声が多く挙がりだします。

国が破たんをすれば今までお金として使えていたものに一切の価値が無くなります。

そのことから、世界各国の富裕層は、法定通貨以外の資産に対するポートフォリオの割合を増加させたのです。

そして、そのときに最も人気のある資産が「ビットコイン(暗号通貨)」の存在でした。

元々、1ビットコイン8セントだったビットコインは、この時点で1ビットコイン = 200ドルまで上昇しています。

中国人富裕層によるビットコインの爆買いがはじまる

2013年10月にビットコインは今までとはレベルの違う価値高騰を記録します。

それは、中国人富裕層の参入です。

中国は日本でもお馴染みの規制が強い国であり、特に海外送金やインターネットなどに対する国家の規制が非常に強いです。

その為、日本人のように当たり前に「自国の法定通貨(円)」を「海外の法定通貨(例えばドル)」に変換することが出来ないのです。

当然、ビットコインの存在はそのニーズを完璧にとらえました。

多くの中国人富裕層が「中国元 → ビットコイン → 米ドル」という両替の流れを取り入れはじめたのです。

その後、マネーロンダリングや中国元の流出を防ぐために、中国政府はすぐに法整備を整えます。

中国の騒動で、ビットコインの相場は一気に上昇し、一気に下降することになります。

その様な状況の中、日本人のビットコインへの認識世界各国の人々のビットコインへの認識は全く違うものでした。

日本人 → ビットコインの時代は終わった。手を出さなくてよかった。危ない、危ない…

外国人 → 中国ショックなど関係ない。本質として「便利」なビットコインは、これからもどんどん価値が上昇する。


Sponsored Links

ビットコインの存在はもはや当り前。「知識」の差が将来の貧富の差につながる時代

bitcoin-history4

歴史を見ていくと既にビットコインの存在が不動たるものになっていることが目に見えて分かります。

大手企業であるDellやMicrosoft、DMM.comなどが、ビットコイン決済を導入していることも、そのことの明確な裏付けと考えられるでしょう。

実際に2015年から2017年の2年間だけでもビットコインの価値は約9倍に上昇しています。

2016年10月には日本国内でも公共料金の支払いがビットコインで出来る様になるなど、もはや世界だけの出来事でもなくなってきています。

こうなってくると「ビットコインがもう広がっていくしかない」ということが分かると思います。

なぜ、「広がるしかない」かと言うと、人間は一度手にした便利なものを絶対に手放せない生き物だからです。

例えば、今あなたが使っているスマホを今後 手放すことができますか?

これは、IT関連の産物以外(アナログ的)なものでも同じです。

あなたが毎日履いている「靴」という便利なものを今後 手放すことができますか?

当然、答えは「No」でしょう。

この様な性質を持つ人間にとって、このビットコインの存在は「もう手放すことができないもの」になってしまっているのです。

ビットコインの価値は、たった8年間で約2250万倍

bitcoin-history1

上図から見てとれるように、ビットコインの価値は2009年の誕生から2017年現在に至るまでに約2250万倍にも上昇しています。

約2250万倍と言ってもイメージがつき辛いですが、もしあなたが2009年にビットコインを「1万円分」所有していたとしたら、2017年時点のであなたの資産は「2250億円」になっていたのです。

驚くべき数字ですが、これは決して詐欺でもマジックでもギャンブルでもありません。

現実の世界で本当に起こっている「お金の話」なのです。

「お金」というものが形を変えようとする歪の中では、億万長者が誕生する

bitcoin-history5

時代とともにお金というものは、その形を変えて成長をしています。

人類初の商取引はご存じの通り物々交換にはじまり、その後 様々な進化を遂げてきました。

そして、ついにそのお金が、また新しく形を変えようとしているのが「今」という時代なのです。

暗号通貨というものは、完全に電子化されており、目に見えるものではありません。

「目に見えないものがお金になる = お金にとって最後の進化」と言っても決して過言ではないでしょう。

お金が進化する時期だからこそ、絶対に逃せない投資のチャンスが今 私たちの目の前にあるのです。


Sponsored Links

関連記事

  1. encryption-currency-presale

    暗号通貨の稼ぎ方は超シンプル。詐欺ではない本物通貨をプレセールで買って…

  2. encryption-currency-coincheck-caution

    【コインチェック(coincheck)】利用の注意点。暗号通貨(仮想通…

  3. bitflyer-registration

    ビットフライヤー取引口座の作り方(口座開設)を紹介。入出金方法や反映時…

  4. encryption-currency

    暗号通貨とは何か?仮想通貨の簡単な仕組みや日本での普及速度が遅い理由を…

  5. bitcoin-granville-theory

    【グランビルの法則】仮想通貨(ビットコイン)トレード。移動平均線チャー…

  6. bitcoin-macd-line

    【MACD】仮想通貨(ビットコイン)トレード。シグナルラインへのゴール…

 

Sponsored Links


最新記事一覧

  1. reftoken-ico_3
  2. b2bx-ico-registration
  3. blockchainlab-conference_2
  4. sbi-ico-rating
  5. swell-swift
  6. valu-howto-buy_2
  7. bitcoin-fork
  8. metamask-how-to-use
  9. cryptocurrency-biometrics
  10. cryptocurrency-tax-return_1
Sponsored Links