ビットコイン(BTC)分裂でもらえる仮想通貨【2017年12月~2018年1月】ハードフォークの最新予定時期をチェック!

bitcoin-hardfork

過去「The DAO事件」が起こり、イーサリアムがハードフォークし、イーサリアムクラシックが分裂して誕生しました。

この時、仮想通貨業界において、ハードフォークによる分裂は「禁じ手」とされていました。

しかし、コア開発者やマイナーなどの将来性の違いから、2017年の8月に、ビットコインがはじめて分裂し、「ビットコインキャッシュ」が誕生!

そして、11月には「ビットコインゴールド」も誕生しました。

一方、投資家の面から見ると、ビットコインを持っているだけで、新しい通貨が貰え、資産が増えるということで、分裂に対して否定的な見方をしない人も少なくはありません。

このように、本来、ブロックチェーンの分裂は「禁じ手」とされていたはずなのですが、今では「打ち出の小槌」となり、投資の1つとして考えられるようになっています。


Sponsored Links

【2017年12月~2018年1月】BTCハードフォークの最新予定時期を紹介!

bitcoin-hardfork1_2

2017年11月までに、ビットコインは、3つの分裂が発生しました。

1つ目は、8月に誕生したビットコインキャッシュで、現在では17万円の価値が付き、「ビットコインの座を奪うのではないか?」とまで、言われるほどになっています。

また、ビットコインキャッシュは、国内でも取り扱っている取引所も多く、イーサリアムクラシックのように、通常の仮想通貨の1つとして市場に認識されはじめています。

そして、2つ目は、11月に誕生したビットコインゴールドです。

ビットコインゴールドは、まだ国内取引所でも配布されていませんが、海外の取引所では、3万5千円ほどの価値が付いています。

そして、2017年12月1日現在で、一番、最近誕生したのが、ビットコインダイヤモンドになります。

国内では、条件付きではありますが、コインチェックが付与の意思を発表しています。

価格については、海外取引所のバイナンスで既に上場しており、5万円ほどが付与された形となっています。
※1ビットコインダイヤモンドが約5千円の価値があり、1ビットコインで10ビットコインダイヤモンドが付与された。

なお、紹介したバイナンスという取引所は、このビットコイン分裂に対して、他の取引所よりもいち早く付与や上場を実施しており、今後のビットコイン分裂による資産運用を考えるのであれば、一番効率的な取引所であると考えられます。

参考:Binance(バイナンス)取引所の登録方法(口座開設)や使い方を解説。日本語対応されてトレードが簡単!

では、今後、どのようなビットコインの分裂が予定されているかと言うと、なんと2017年12月と2018年1月で、5つも予定されています。

その日程を紹介していきたいと思います。

まず、一番 直近が、12月12日の「ビットコインプラチナム」です。

このビットコインプラチナムは、もともと、11月28日にハードフォーク予定だったのですが、急遽延期となり、この日程となっています。

そして、ビットコインプラチナムから一週間も空かずに12月17日に「スーパービットコイン」が!

さらに、年末12月31日に「ビットコインウラン」が予定されています。

また、2017年に予定されている4通貨の中で、一番早く話題となった「ビットコインシルバー」については、12月中となっていますが、詳細な日程は発表されていません。

年明けの2018年には、1月2日予定で「ビットコインキャッシュプラス」の誕生がするとのことです。

2017年は、仮想通貨元年ということで、仮想通貨業界は、一年中、慌ただしい感じでしたが、2018年も、新年早々、ビットコインキャッシュプラスで、大荒れの可能性もありそうですね。

さて、このように紹介してきたハードフォークして誕生する「フォークコイン」と呼ばれるものについては、勿論、全てが実際に実施されるのかどうかわかりませんし、実施されたとしても取引所で取り扱われる保証はどこにもありません。

そのため、もらえることを約束された情報ではないことは、理解しておいてください。

「いつまでこのような分裂が続いて大丈夫なのだろうか?」という疑問は残るものの、今までに分裂した「ビットコインキャッシュ」「ビットコインゴールド」「ビットコインダイヤモンド」と全て、実際に価値がついてしまっている状況を見てしまうと、どうしても、今後誕生する通貨にも期待してしまいますよね!


Sponsored Links

ビットコイン分裂でもらえる仮想通貨の特徴を解説。

ビットコインの分裂には、必ず理由があります。

その理由がなければ、コア開発者及びマイナー、その他取引所を含む関係者に支持され、通貨としての価値を持つことはできません。

そこで、2017年12月から2018年1月までに、ビットコインから分裂して誕生する可能性がある通貨について、特徴を紹介していきたいと思います。

ビットコインプラチナム

bitcoin-hardfork2

読み方は「プラチナ」でも「プラチナム」でも構いません。

「プレミア」と「プレミアム」の違いと同じで、日本語読みか英語読みかの違いです。

さて、このビットコインプラチナムの特徴としては、以下があげられます。

  • GPUによるマイニング
  • プレマイニングなし
  • ブロック時間の短縮
  • Segwit2x

この中で、プレマイニングというのは、通貨が市場に出回る前にマイナーがマイニングを開始し、通貨を保持してしまうことです。

これを「OK」としてしまうと、一部のマイナーが実質的な実権を持ってしまう可能性があるため、ビットコインプラチナムでは、その問題を排除しています。

また、ビットコインゴールドのようなGPUによるマイニングとすることで、マイニングの一極集中化を避けるとともに、Segwit2xの実装とブロック生成時間短縮(10分→2.5分)により、ビットコインのスケーラビリティー問題にも対応していることが特徴となっています。

ただし、11月28日のハードフォーク直前の延期があったこともあり、「本当に実施されるのか」不安な気持ちを拭いきれないところがあります。

スーパービットコイン

bitcoin-hardfork3

「スーパービットコイン」という名前だけあって、機能的には、色々な通貨の「良いとこどり」をしているような通貨です。

もう少し詳しく説明すると、

  • 8メガバイト対応
  • スマートコントラクト
  • ゼロ知識証明
  • ライトニングネットワーク対応

というような「ビットコインキャッシュ」「イーサリアム」「ジーキャッシュ」、そして、「ライトニングネットワーク対応」という、まさに「スーパー」な通貨と言っても過言ではない機能を搭載するとのことです。

しかし、このスーパービットコインは、はじめから上記の機能を全て持っているわけではなく、1年くらいをかけて、開発していくとの噂があります。

分裂元のビットコインも、先日、ライトコインとのライトニングネットワークのテストに成功しましたし、12月4日には、ビットコインにスマートコントラクトの機能を持たせることができるRSKのβ版がオープンにされました。

さらに、匿名性を高める技術についても、ビットコインでは、データボリュームが16倍になってしまうと言われていたものが、約3倍まで抑えることに成功したとの発表もされています。

もし、本当に、1年後にしか完成しないのであれば、スーパービットコインの特徴は、分裂元のビットコインでほとんどカバーされてしまっていることになってしまう可能性がありますね。

ビットコインウラン

bitcoin-hardfork4

ビットコインウランについては、まだ詳細が明らかにされていませんが、ビットコインのフォーラムの中では、以下の特徴があると記載されています。

  • 新しいPOWのアルゴリズムを採用
  • 450日間の半減期
  • GPU/CPUマイニングを可能
  • プレマイニングなし
  • リプレイ保護を実施

また、ビットコインウランは、ボランティアの開発者によって構築されており、ビットコイン愛好者のコミュニティによって支えられた無料のオープンソースのソフトウェアプロジェクトとなっています。

なので、segwit2xの時には、ソースが公開されていないことにより「本当にリプレイアタック対応されているのか」「テストされているのか」「そもそも開発が間に合っているのか」などの心配が常に騒がれていましたが、ビットコインウランでは、そのような心配は不要であると考えられます。

ビットコインシルバー

bitcoin-hardfork5

ビットコインシルバーについては、他の通貨よりも、少し前から話題になっていました。

主な特徴は以下となります。

  • GPUによるマイニング
  • リプレイ保護を実施

また、ビットコインシルバーもビットコインウラン同様、ボランティアの開発者によって構築されており、ビットコイン愛好者のコミュニティによって支えられた無料のオープンソースのソフトウェアプロジェクトです。

このビットコインシルバーの特徴を見ると、GPUによるマイニングも既に、ビットコインゴールドがやってしまっていますし「これぞ」というような機能がないように思えます。

まだ、全てがオープンにされているわけではないと思いますので、今後展開には注目しておく必要があります。

ビットコインキャッシュプラス

bitcoin-hardfork6

最後のビットコインキャッシュプラスですが、実際に実現すれば、2018年、1発目の分裂となりそうです。

さて、このビットコインキャッシュプラスですが、「ビットコインキャッシュプラス」と言う名前にも関わらず、ビットコインからのハードフォークになります。

少しややこしいですね。

特徴としては、ビットコインキャッシュに新機能を搭載したものという定義で公表されています。

その新機能とは、以下のようなものです。

  • GPUでのマイニング(ビットコインゴールドで採用)
  • 新しいトランザクション署名(SigHash)
  • 緊急の難易度調整(ビットコインキャッシュのハードフォークで実装)

この特徴を見る限り、ビットコインキャッシュの基本機能をもったまま、ビットコインゴールドのようなマイニングの一極集中を無くしていこうというコンセプトのコインだと思われます。


Sponsored Links

関連記事

  1. liquid-qash

    LIQUIDのICO【QASH】を徹底解説!世界の金融に流動性を与える…

  2. lisk-meetup

    LISK(リスク)の東京ミートアップが9/22に決定!高騰の理由は、こ…

  3. blockfolio-howtouse

    Blockfolio(ブロックフォリオ)の使い方や設定方法を解説!全仮…

  4. quoinex-apps

    QUOINEXのスマホアプリの使い方。iPhoneやAndroidでチ…

  5. coinbrawl-play

    CoinBrawlの遊び方や攻略法を伝授!キャラクターの使い方やビット…

  6. metamask-how-to-use

    MetaMask(メタマスク)の使い方。chromeで使える定番wal…

 

Sponsored Links


最新記事一覧

  1. ada-wallet-daedalus
  2. bitzeny-exchange
  3. bitcoin-hardfork
  4. ada-coin-loadmap
  5. lisk-event-schedule
  6. cms-zaif-receive
  7. ethereum-classic-halflife
  8. binance-registration
  9. nem-mosaic-howto
  10. hitbtc-registration
Sponsored Links