ビットコインドミナンスとは?仮想通貨全体でのアルトコインに対する時価総額比率について解説。

bitcoin-dominance

仮想通貨、と聞いて真っ先に浮かぶのは「ビットコイン」だと思います。

仮想通貨を全く知らない人でも「ビットコインなら聞いたことがある」という人も少なくないのではないでしょうか。

ビットコインドミナンスとは、簡潔に言うならば、市場にどれほどのビットコインが出回っているかを表す指標です。

ドミナンス(dominance)は支配力や支配率、といった意味を持つので、ビットコインドミナンスは、単語の意味としては、そのままですね。

それでは、ビットコインドミナンスについて、解説していきましょう。


Sponsored Links

ビットコインドミナンスとは?

bitcoin-dominance2

ビットコインドミナンスとは、市場の仮想通貨のうち、どれほどビットコインが出回っているかを表す指標です。

2017年頃には、ビットコインドミナンスはなんと80%、と高い水準を誇っていました。

ところが、2018年には、40%前後を推移しその差は歴然です。

このように数値が変動した理由として、アルトコインの増加が挙げられます。

アルトコインの増加

アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨のことを指します。

現段階では、ビットコインだけではなくイーサリアムやリップル、ビットコインキャッシュなど、有名なアルトコインが増えてきています。

さらに、仮想通貨の各取引所が独自に発行する「取引所トークン」も、アルトコインに含まれるので、ビットコインの一強、とは言えなくなってきました。

2017年後半のICOラッシュで発行されたトークンが次々と上場したことや、エアドロップなどによる無料配布も、アルトコインの注目を集めることにつながっていますよね。

ビットコインにとってマイナスにつながる事件

ここで、一つの例をあげてみましょう。

2014年2月末に起きた、Mt.gox(マウントゴックス)事件です。

Mt.gox(マウントゴックス)とは、ビットコイン取引所の一つで、ハッキング被害にあい、115億円相当のビットコインを失ってしまいました。

実際に、この事件が起きた直後からビットコインドミナンスは下降しています。

このように、ビットコインの不備がきっかけにユーザーがビットコインから離れてしまうのは、当然といえるでしょう。

今後、そのようなイベントが起きてしまうと、ビットコインドミナンスは下降してしまうでしょうね。


Sponsored Links

ビットコインドミナンスの変動と市場全体の傾向

bitcoin-dominance3

ビットコインドミナンスはユーザーがどの仮想通貨に投資するのか、参考になる指標です。

ユーザーがビットコインに投資すべきなのか、アルトコインに投資すべきなのか、を判断する際、ビットコインドミナンスの値による判断が最もオーソドックスと言われています。

それでは、ビットコインドミナンスの上昇や下降が何を表しているのかを解説していきます。

ビットコインドミナンスの値の変動について

ビットコインドミナンスが上昇するケース(高い水準を保っている状態)を考えてみましょう。

市場に出回っている仮想通貨の中で、ビットコインが占める割合が高い、ということなので、ユーザーのビットコインへの投資が順調に行われている、といえます。

つまり、ビットコインの価値は高い水準を保っているといえますね。

逆に、ビットコインドミナンスが下降するケース(低い水準になってしまっている状態)を考えてみます。

ビットコインが出回っていない、ということは、代わりにアルトコインへの投資が増えている、といえますね。

つまり、アルトコインの価値が上がり、ビットコインの価値は高い水準を保てていない、という状態を表していることになります。

最近のビットコインドミナンスについて

現時点での仮想通貨界ですが、全体的に停滞期を迎えています。

その理由として挙げられるのが、CBOE取引所への上場を求めていた、ビットコイン上場投資信託(ETF)への決定が2018年9月30日まで延期されたことです。

当初では、2018年8月10日に、ETFが承認されると予想されており、ビットコインもかなりの大打撃を受けました。

この影響を受けて、ビットコインドミナンスはさらに下降していくと思いますよね?

しかし、実際に下降していったのがアルトコインでした。

そのアルトコインの中でも、将来性がないとみなされた草コインの売却が加速しているのです。

つまり、草コインの売却は、代わりにビットコインの購入を増やすことになり、ビットコインドミナンスは上昇傾向にあります。

しかし、近日ではCoinExの新たな施策により、CETトークンの価値が急騰したりと、各取引所の動きはありますので、今後各々の仮想通貨がどうなるのか、ビットコインドミナンスを参考にしながら、追っていきましょう。

時価総額比率の確認方法と最近の変動

ビットコインのドミナンスは、日々変動していますが、「CoinMarketCap」というサイトでリアルタイムの値を確認することができます。

ここでは、CoinMarketCapでのドミナンスの確認方法と最近の変動について解説していきます。

外部リンクアイコンCoinMarketCapはこちら

ドミナンスの表示方法

ビットコインドミナンスを表示するためには、まず上記のCoinMarketCapのサイトを表示します。

bitcoin-dominance4

  1. 「ツール」をクリック
  2. 「グローバルチャート」をクリック
  3. 画面を下にスクロール

bitcoin-dominance5

ドミナンスが表示されたら、まず表示期間を選択しましょう。

上図では、「1年」を選択し、過去一年間のドミナンスの推移を表示しています。

一番高いオレンジ色がビットコイン、その下のグレーがその他のアルトコイン全て、濃いブルーがイーサリアム、明るいブルーがリップル、と以下11種類のパーセンテージが確認できます。

また、グラフ上にマウスカーソルを当てると、上図右上のように、その日のパーセンテージが別ウィンドウで表示されます。

2018年8月11日の時点では、ビットコインのドミナンスが、ちょうど50%になっていますね。

最近のドミナンスの変動

2017年3月以前は、ビットコインのドミナンスが80%を越えているのが普通でしたが、ここ1年で見ると、ビットコインドミナンスの最高は、2017年12月8日の65.27%です。

ちょうど、ビットコインのハードフォークが盛んであり、CBOEのビットコイン先物取引が開始される直前で、ビットコインの価格が急上昇していた時期です。

この時期には、市場全体がビットコインを欲しがっていたことがよくわかりますね。

その後、ビットコインのドミナンスの下落と共に、「その他」の割合が急増しています。

これは、ビットコインで利益を得た人たちが、マイナーなアルトコインや草コインを購入した(資金を移動させた)、ということです。

それが、今年の5月以降は、また「その他」が減って、ビットコインのドミナンスが上昇しています。

仮想通貨全体の低迷と共に、マイナーなアルトコインや草コインから、どんどん資金が流出(処分)しているのがわかりますね。


Sponsored Links

関連記事

  1. valu-howto-buy_2

    valuの買い方や使い方を分かりやすく解説!芸能人も参加する仮想通貨(…

  2. zipper-cryptocurrency

    Zipper(仮想通貨)とは?海外取引所でのZIPの買い方や今後の将来…

  3. トランザクションとは仮想通貨の取引データ。取引所で送金した場合の確認方…

  4. ledger-myetherwallet

    Ledger Nano S(レジャーナノS)とMyEtherWalle…

  5. crypto-click-affiliate

    CryptoClick(クリプトクリック)アフィリエイトで仮想通貨を稼…

  6. china-regulation

    中国のICO禁止規制が2017年仮想通貨市場に与える影響は?今後は日本…