バイナンスが米国ユーザーのサービスを停止!その原因と注意点に関して解説

binance-us-stop00

Binanceが米国ユーザーへのサービスを停止することを決定しました。

この制限は9月12日より実施されるもので、利用規約を遵守しないユーザーに対して、Binance.comにて取引および入金が利用できなくなるということです。

ここではBinanceの米国ユーザーのサービス停止における詳細とその背景について説明します。

なお、こちらはYouTubeでも詳しく解説していますので、是非、ご覧下さい。


Sponsored Links

Binanceが米国ユーザーへのサービスを停止

binance-us-stop01

Binanceが米国ユーザーへのサービスを停止することを決定しました。

この制限は9月12日より実施されるもので、利用規約を遵守しないユーザーに対して、Binance.comにて取引および入金が利用できなくなります。

一方で、9月12日以降もウォレットに保管されている資金へのアクセス出金は利用可能ということです。

この発表は、Binanceが米国への進出を発表した続報に該当します。


Sponsored Links

サービス停止の背景

binance-us-stop02

Binanceは、米規制に遵守したBinance USを設立するために、BAMというサンフランシスコ本拠地の登録送金業者と提携しました。

よって、今回の制限は米国版Binanceの開設に向けた準備と考えられます。

米国の仮想通貨トレーダー比率が最も高いとされる中で、Binanceの取引高の2〜3割を占めている米ユーザーが9月12日以降に離脱せざるを得ない状況になることが予想されます。

ただし、Binance USの運営開始のタイミングが引き継げば、米ユーザーの機会損失は最小限に抑えられるものと考えられています。

一方で、BittrexやPoloniexがSECの仮想通貨に対する不明確な見方で有価証券と定められることを懸念し、複数の仮想通貨銘柄を米ユーザー対象外にすることに動いている現状もあります。

Binance USがBinanceの独自通貨BNBの取引を提供するかどうかは、現時点では定かではありません。

また、BinanceのCEOであるCZ氏は自身のツイッターで

長期利益を得るためには、短期的なロスも必要だろう。我々はすべての短期ロスを長期利益に変えることに努めている。

と述べており、ユーザーの流失と取引高の減少に関しては、それほど心配していない様子です。


Sponsored Links

関連記事

  1. metamask-how-to-use

    【2019最新版】MetaMask(メタマスク)の使い方。chrome…

  2. nem-mosaic-howto

    NEMのモザイク(mosaic)を使った独自トークンの作り方を紹介!作…

  3. BlockFi(ブロックファイ)仮想通貨を担保に年利6%を運用できるB…

  4. swell-swift

    SWELL(スウェル)のアジェンダ【徹底解説】リップルがSwift(ス…

  5. trig-masternode

    TRIG(トリガー)のマスターノードとは?ウォレットに仮想通貨を保管し…

  6. blockchainlab-conference_2

    ブロックチェーンラボ カンファレンス【東京】の日程や会場を紹介。豪華ゲ…