Binance DEXの上場企画!注目の仮想通貨とキャンペーンの詳細について解説

binance-community00

Binanceが新たなコミュニティ上場企画を発表しました。

独自の分散型取引所DEXに上場している仮想通貨銘柄の中から、出来高などの基準をもとに、既存のBinance取引所(BInance.com)への新たな上場銘柄を決定するという企画です。

今後3ヵ月に渡り、毎月少なくとも1つの銘柄をリスティングする予定ということです。

従来の投票制でなく、取引高などの基準で上場するチャンスを競い合う形になるので、需要と流動性の向上に貢献する企画になりそうです。

ここではBinanceの上場企画に関する詳細をお伝えしていきます。

なお、こちらはYouTubeでも詳しく解説していますので、是非、ご覧下さい。


Sponsored Links

上場キャンペーンの詳細

binance-community01

トークンの上場キャンペーン期間は、毎月の日本時間20日9:00〜次月の20日9:00までで上場の結果発表は毎月20日〜25日の間を予定されています。

現在Binance DEXに上場し、取引されている「BEP2基準」の仮想通貨トークンは、15銘柄です。

Binance.comにも上場しているDEX銘柄を除くと、実際上場する可能性のあるDEXの通貨は、下記、9銘柄に限られます。

  1. Raven Protocol (RAVEN)
  2. Bolt (BOLT)
  3. Ankr Network (ANKR)
  4. Spendcoin (SPND)
  5. Now Token (NOW)
  6. MyWish (WISH)
  7. LTO Network (LTO)
  8. eBoost (EBST)
  9. Atomic Wallet Coin (AWC)

これらの中から既存のBinanceに上場する通貨が出てきますので、チェックしておいて損はないと思います。


Sponsored Links

Binance.comへの上場必須条件

binance-community02

Binance.comへの上場に適用する必須条件は複数ありますが、主な条件は以下のようになっています。

  • Binance.comに上場したい銘柄としてすでに申し込まれていること
  • Binance DEXで「毎月の20日9:00〜来月の20日9:00」において、毎日の出来高が最低5万ドル(約540万円)に達していること
  • プロジェクトは結果発表まで、ツイッター・テレグラムなどのコミュニティで最低1万人のフォロワー/メンバーを持っていること

厳しい上場基準を設けているBinanceは、上場を狙ったウォッシュトレードなどの不正行為に対する監視をするなど、公平性を重要視する姿勢を示しています。

Binance.comと比較すると、まだまだ出来高の乏しいBinance DEXからの上場はBEP2トークンの流動性・価格の向上に直結する重要な要素になります。

また、コミュニティ上場のキャンペーンは、DEXにおいてトークンの取引高を増やす効果も見込まれます。

そして、DEXのベースペアとなるBNBトークンは取引手数料として利用されているため、それに対する需要もかなり反映されてくることが予想されます。


Sponsored Links

関連記事

  1. binance-delisting00

    バイナンスで仮想通貨5種類の上場が廃止!SALTはSECの調査対象?そ…

  2. binance-x00

    Binance Xとは?バイナンスが仮想通貨の採用を促進する新しいプラ…

  3. kusa-coin1

    草コインとは億り人への夢の架け橋!?おすすめの取引所「CoinExch…

  4. multi-signature

    マルチシグコントラクトとはセキュリティを高める仕組み。仮想通貨取引所や…

  5. ft-token

    FTトークン(FCoin Token)の買い方。エフコイン取引所が発行…

  6. coincheck-reserve00

    コインチェックがCoincheckつみたてを開始。仮想通貨の自動積立サ…