Bibox(ビボックス)の登録方法。独自トークンもある仮想通貨取引所の使い方(送金、出金方法)を解説!

bibox-registration

草コインといえば、Binance(バイナンス)やKucoin(クーコイン)などが有名ですが、それに次ぐ第3の地位をうかがう取引所「Bibox(ビボックス)」。

2017年11月25日に新しくできた中国系の取引所で、操作画面は世界最大級の取引高を誇るバイナンスとほぼ同じです!

2018年2月1日現在、オープンから2ヶ月少々ですが、取引高は世界30位で、Korbit、Yobit、Cryptopiaなど、先行している草コイン取引所よりも上位に位置しています。

また、運営チームに中国系最大級の取引所OKcoinの共同設立者やHoubiの創業メンバーが入っているのも心強いですね。

バイナンスのBNBトークンと同じように、取引所独自のBIXトークンを発行しており、手数料も0.1%(BIXトークンを使うと0.05%)とこちらもバイナンスと同じです。

日本語対応されていないのが、やや残念ではありますが、慣れれば英語でも十分操作できます。

外部リンクアイコンBiboxの登録はこちらから

Biboxにしかない通貨もありますし、今後も増える可能性がありますので、草コインに興味があれば、必ず口座を作っておきましょう。


Sponsored Links

Bibox(ビボックス)取引所の登録方法

ビボックスは、メールアドレスの登録を行えば、1日2BTCまでの出金制限はありますが、とりあえず利用することができます。

ただし、セキュリティ上、

  • 2段階認証の設定
  • 出金時パスワードの設定

は必ずやっておきましょう。

本人確認については、必須ではありませんが、ビットレックスのように本人確認をしていないアカウントは、突然入出金が制限されることもありますので、本人確認までやっておくことをオススメします。

メールアドレスの登録

まずはメールアドレスの設定を行いますので、以下のリンクから公式サイトを表示します。

外部リンクアイコンBiboxの登録はこちらから

bibox-registration2

  1. メールアドレスを入力
  2. 設定するパスワードを2カ所に入力
  3. →パスワードは、英数記号を織り交ぜた半角文字を8文字から20文字の間で設定できますが、セキュリティ上、最大の20文字を設定するようにしましょう。

  4. 「Click to Pass」をクリックして、パズルを合わせる
  5. 「Terms of Use」(利用規約)を確認し「Sign up」をクリック

もし中国語になっている場合は、画面下の「English」をクリックして英語にします。(残念ながら日本語は対応していません)

「Sign up」をクリックすると、メールが送信されますので、そのメールの本文にあるURLをブラウザで表示します。

bibox-registration3

メールのURLを表示すると「Log in」と表示されますので、クリックしてメールアドレス、パスワードを入力後、「Log in」をクリックします。

これで、メールアドレスの登録が完了して、ログインすることができます。

2段階認証の設定

続いて2段階認証の設定を行います。

メールアドレスの登録が終わってログインすると、設定画面が表示されていますので、そこで2段階認証の設定をやっておきましょう。

bibox-registration4

「SMS Authentication」(SMS認証)と、「Google Authentication」(Googleの2段階認証)がありますが、ここではGoogleの2段階認証を設定しますので、「Google Authentication」の「Enable」をクリックします。

bibox-registration5

QRコードが表示されますので、まずはこの画面に表示されている「Key」(英数字の羅列)を保存します。

この「Key」は、2段階認証アプリをインストールしているスマホが故障した場合など、2段階認証ができなくなった場合のリカバリーに必要です。

パスワード同様、紛失しないように大切に保存してください。

「Key」が保存できたら、スマホの2段階認証アプリでQRコードを読み込みます。

「Login Password」にログインパスワードを入力し、「Authenticator Code」にスマホの2段階認証アプリに表示された認証コード(6桁の数字)を入力、最後に「Confirm」をクリックします。

これで2段階認証の設定が完了しました。

出金時パスワードの設定

ビボックスでは、2段階認証とは別に、出金時のパスワード(「Funds Password」)を設定することができます。

これもセキュリティ上、必ず設定しておくようにしましょう。

万一、ログインパスワードが第三者に漏れても、この出金時パスワードが漏れていなければ、不正送金を防ぐことができます。

bibox-registration6

「Funcs Password」の「Enable」をクリックして出金時パスワードを設定します。

bibox-registration7

  1. 設定する出金時パスワードを2カ所に入力
  2. ログインパスワードを入力
  3. スマホの2段階認証アプリの認証コードを入力
  4. 「Confirm the Change」をクリック

これで、出金時パスワードの設定が完了しました。

本人確認の手順(出金制限の引き上げ)

本人確認をしていない場合、1日の出金が2BTC以内に制限されます。

それでも問題がなければ、本人確認なしでも利用することはできますが、韓国でも本人確認していない口座の売買を規制していますし、世界的にも本人確認必須になりつつあります。

本格的に使うのであれば、必ず本人確認しておきましょう。

本人確認が承認されると、1日の出金が30BTCまで拡大されます。(30BTC以上にする場合はビボックスのサポートにメールで連絡が必要)

bibox-registration16

本人確認には、

  • パスポートの表紙の画像
  • パスポートの顔写真のページの画像
  • パスポートと「Bibox 日付」と書いたメモを持った自分の画像

の3つの画像が必要です。

また画像フォーマットは、JPGに指定されています。

画像が鮮明でないものや、指で記載内容が隠れているようなものは承認されない可能性が高いので鮮明なものを用意しましょう。

bibox-registration17

  1. 画面上部のメールアドレスが表示されているところをクリック
  2. 「Account Infomation」をクリック
  3. 「Profile Verification」をクリック

bibox-registration18

  1. 「Worldwide」を選択
  2. 名前をローマ字で入力
  3. 「Japan」を選択
  4. パスポート番号を入力
  5. クリックしてパスポートの表紙の画像ファイルを選択

bibox-registration19

  1. クリックしてパスポートの顔写真のページの画像ファイルを選択
  2. クリックしてパスポートと「Bibox 日付」と書いたメモを持った自分の画像ファイルを選択
  3. 「submit」をクリック

これで本人確認資料の提出が終わりましたので、あとは審査完了を待ちましょう。


Sponsored Links

Bibox(ビボックス)への送金(入金)と出金方法

ビボックスは海外の取引所ですので、日本円を入金することはできません。

仮想通貨の売買を行うためには、ビットコインなどの通貨を送金します。

ビボックスでは、ビットコインとイーサリアムで、その他のアルトコインが購入できますので、このどちらかを送金するといいでしょう。

ここでは、Zaifからビボックスへイーサリアムを送金する方法と、ビボックスからZaifにイーサリアムを出金する方法について説明します。

イーサリアムの送金(入金)方法

まずZaifからビボックスへイーサリアムを送金する方法ですが、ビボックスのイーサリアムアドレスをZaifの宛先に入力します。

bibox-registration8

  1. 画面上部の「Funds」をクリック
  2. →全通貨の保有数が確認できます

  3. 送金(入金)する通貨(ここではETH)の「Deposit」をクリック
  4. 表示されたアドレスの横の「Click copy address」をクリック

これで、ビボックスのイーサリアム受け取りアドレスが、クリップボードにコピーされました。

これを、送金元の宛先(ここではZaif)にペーストします。

bibox-registration9

  1. Zaifにログインし、画面上部の「アカウント」をクリック
  2. 「入出金と履歴」をクリック
  3. 「ETHの入出金と履歴」の「出金」をクリック
  4. 先ほどコピーしたビボックスのイーサリアムアドレスを入力(ペースト)
  5. 送金する数量を入力
  6. スマホの2段階認証アプリに表示されている認証コード(6桁の数字)を入力
  7. 「出金」をクリック

しばらくすると、ビボックスにイーサリアムが送金(入金)されます。

イーサリアムの出金方法

今度は逆に、ビボックスのイーサリアムをZaifに送る(出金する)手順です。

先ほどとは逆に、Zaifの受け取りアドレスをビボックスの宛先に入力します。

bibox-registration10

  1. Zaifにログインし、画面上部の「アカウント」をクリック
  2. 「入出金と履歴」をクリック
  3. 「ETHの入出金と履歴」の「入金」をクリック
  4. 表示されたイーサリアム入金アドレスをコピー

bibox-registration11

  1. 画面上部の「Funds」をクリック
  2. 出金する通貨(ここではETH)の「Withdrawal」をクリック
  3. 先ほどコピーしたZaifのイーサリアムアドレスをクリック
  4. 「Remark(Required)」は適当な文字列を入力(受け取り側で特に指定がなければ適当で構いません)
  5. 出金する数量を入力
  6. 「Submit」をクリック

「Submit」をクリックすると、出金時パスワード(Funds Password)と、2段階認証の認証コードを求められますので、それぞれ入力して「Confirm」をクリックします。

しばらくすると、Zaifにイーサリアムが出金されます。

登録しているメールアドレスに確認のメールが届きますが、特に何もする必要はありません。

仮想通貨の売買(トレード)方法

bibox-registration13

ビボックスのトレード手順は非常に簡単です。

また、バイナンスと画面レイアウトが似ているため、バイナンスを使ったことがある場合は、違和感なく使いこなせるでしょう。

またバイナンスと同じく取引所独自のBIXトークンを購入しておけば、実質売買手数料が0.05%と半額になりますよ!

通貨ペアの選択

それでは、ETHでBIXトークンを買う方法を例にして説明します。

bibox-registration14

  1. 画面上部の「Token Trading」をクリック
  2. 現在の通貨ペア(図では「BIX/ETH」)が表示されている部分をクリック
  3. 購入通貨(ここではETH)を選択
  4. 通貨ペア(ここではBIX/ETH)を選択

これでBIX/ETHのチャート図や、板情報が表示されます。

売買注文の出し方

bibox-registration15

  1. 左側の「Buy BIX」の「Price」に購入価格(レート)を入力
  2. →予め、最後の約定価格が入力されていますので必要に応じて変更

  3. 「Amount」に購入数量を入力
  4. →すぐ下の%で指定することも可能。その場合は全保有ETHに対する割合で自動計算された値が入力される

  5. 「LIM Buy」をクリック

これで買い注文を出すことができましたので、約定すれば購入完了です。

ビボックスは、指値注文のみで、成行注文や逆指値注文はないようですね。

今後、バージョンアップされることに期待しましょう。

あと、売却時は右側の「Sell BIX」に売却価格と売却数量を入力して「LIM Sell」をクリックすれば、売り注文をだすことができます。

注文状況の確認と注文のキャンセル

未約定の注文は、画面下の「Open Orders」で確認することができ、キャンセルすることも可能です。

過去の注文については「Order History」をクリックすれば表示されます。


Sponsored Links

関連記事

  1. bat-cryptocurrency

    BAT(バット)とは?仮想通貨取引所での買い方と今後の将来性についても…

  2. paccoin-Howto-buy

    Paccoin(PAC)の買い方と購入できる取引所を紹介!「第二のXP…

  3. XCPを購入できる仮想通貨取引所を紹介。チャートの動きや発行枚数から将…

  4. tron-virtual-currency2

    トロン【仮想通貨】のバーンはいつに延期か?TRON(TRX)が3月のテ…

  5. ledger-update

    Ledger Nano S(レジャーナノS)のアップデート方法。更新で…

  6. beyond-blocks-tokyo

    Beyond Blocks Summit Tokyo 2018が開催。…