BCPT(ブロックメーソン)が買える仮想通貨取引所を紹介。BlockMasonがもらえるキャンペーンでチャートが上昇か?

bcpt-exchanges

2017年10月にICOを実施したばかりなのに、いまや複数の取引所に上場している「BCPT(BlockMason / ブロックメーソン)」。

上場後にジリジリと値を上げていますが、ここに来てプレゼントキャンペーンとバイナンスによる大量のエアドロップが実施されています。

認知度が上がるのはいいのですが、エアドロップなど無料で手に入れた人による売り圧力が気になりますね。

ここでは、BCPTが買える取引所と直近のチャートについてご紹介します。


Sponsored Links

BCPT(BlockMason / ブロックメーソン)とは?

bcpt-exchanges2

BCPTは、2017年にICOを実施、2017年10月に上場して取引が開始された、まだ歴史の浅い仮想通貨です。

BCPTの正式名称は、BlockMason Credit Protocol(ブラックメーソン クレジットプトロコル)で、この「クレジットプロトコル」というプロトコルが、BCPTの中心的な存在です。

では、この「クレジットプロトコル」とはどういうものなのでしょうか?

クレジットプロトコルとは?

(1分18秒 の紹介動画。音声が出ます。)

クレジットプロトコルは、イーサリアムのブロックチェーンを利用して、人々の債務と信用を半永久的に記録、保証するためのシステムです。

ブロックチェーンに記録していきますので、改ざんができず信頼性を担保することができますね。

そして、そのデータはスマートコントラクトで利用することができますので、第三者を介さずに、契約する相手などの社会的信用や身元の確認などを行うことが可能です。

このデータの記録方式(記録内容)を規定し、スマートコントラクトで利用しやすいように開発されたのが「クレジットプロトコル」です。

そして、この「クレジットプロトコル」を利用するのに必要な手数料の支払いをBCPT(トークン)で行うのです。

BCPTの基本情報

BCPTは、2017年にICOを実施しており、通貨の基本情報は以下のようになっています。

bcpt-exchanges3


Sponsored Links

BCPT(BlockMason / ブロックメーソン)が買える取引所を紹介

bcpt-exchanges4

BCPTは、既にいくつもの取引所に上場しています。

2018年3月2日時点で上場している取引所は、

  • Binance
  • Bittrex
  • Upbit
  • Kucoin
  • Cryptopia
  • HitBTC
  • Gatecoin

です(DEXは除く)。

ここでは、上記の取引所の中でもBCPTの取引量が最も多い、バイナンスでのBCPTの購入について説明します。

バイナンスでのBCPTの購入

バイナンスはBCPTの取引量が最も多い取引所です。(BCPTの全取引量の約50%)

バイナンスの口座開設を、まだしていない場合は、以下の記事を参考にして口座開設をしてください。

参考:Binance(バイナンス)取引所の登録方法(口座開設)や使い方を解説。日本語対応されて仮想通貨トレードがとても簡単!

バイナンスでは、BTC、ETH、BNBの3つの通貨でBCPTを購入することができます。

bcpt-exchanges5

バイナンスにログインし「Exchange」-「Basic」(または「Advanced」)を選択し、右側に表示されている購入通貨を選択。

その後、「BCPT/***」をクリックすれば、BCPTを売買することができます。

BCPTの直近のチャートを紹介

bcpt-exchanges7

上図は、バイナンスのBCPT/BTCの1時間足チャートです。

BCPTは、Blockmason Japan オープニング記念キャンペーンとして、2月27日から3月10日までの間、BCPTのエアドロップを実施しています。

これは、1000万円分のBCPTがプレゼントされるのですが、そのキャンペーンのアナウンスが回ったであろう、2/25くらいから徐々に上昇していますね。

これは認知度が上がったということでしょうか。

一方で、バイナンスが2/28に、150万BCPTのエアドロップを発表しています。

150万BCPTというと、2/28の最高値 1BCPT = 0.00015186BTCで計算すれば、227.79BTC分ということになりますので、1BTC = 115万円として換算すると、約2億6000万円分となります。

この発表の後、大量のエアドロップによる価格下落を懸念したホルダーによって、どんどん売られましたね。

そして、3/2に実際に150万BCPTが配布されたようです。

これにより、3/3以降は更に売り圧力が増す可能性が高いです。

もしBCPTを仕込むのであれば、エアドロップでBCPTを受け取った人が全部売り切る数日後くらいが狙い目かも知れませんね。


Sponsored Links

関連記事

  1. excoin-cryptocurrency

    EXコインとは次世代の仮想通貨。フェリカ開発者の日下部氏や房氏が特許取…

  2. bitflyer-lightning

    ビットフライヤーライトニングFXのチャート分析のやり方を解説!使用でき…

  3. tron-virtual-currency2

    トロン【仮想通貨】のバーンはいつに延期か?TRON(TRX)が3月のテ…

  4. bankera-ico-registration

    Bankera(バンクエラ)のICO登録とトークンの購入方法。仮想通貨…

  5. multi-signature

    マルチシグコントラクトとはセキュリティを高める仕組み。仮想通貨取引所や…

  6. pepecash-chart_1

    ペペキャッシュ(PEPECASH)の将来性を考察!今後の値段は、海外取…